ダイビングカメラ キャノンS95+イノン・マウントベース+オリンパスフラッシュ


ダイビングに使っているカメラはオリンパスTG820だけど、やっぱり不満な点がある。

オリンパスはシステムで構築するのには本当にお勧めできるのだが・・・
やっぱり、上のクラスのカメラの方が良いかと思うのだ。


キャノンS95+イノン・マウントベース

で、ちょっと古いけど、キャノンのコンデジ S95を、ウォーターケースにイノンのマウントベース付きで入手した。

キャノン パワーショットS95は、7年落ちだけど、RAWデータで撮影できる1/1.7inchセンサで、評価は凄くいいのだ。 
画素数は低いが、やはりセンサの大きさが重要なんだな。


でだ・・・

やはり持っているオリンパスの水中用フラッシュを使わない手はないので、キャノンとオリンパスのメーカーの垣根を超えたシステムを作ろうと考えてみた。

前提として、オリンパスの水中用フラッシュUFL-1は、水中撮影機材メーカーsea&sea社のOEMらしいということ。
だとすると、オリンパスブランドとはいえ、汎用の水中撮影機材・・ つまりキャノンにも使えるといえる。
ここで問題は、キャノンのウォーターケースには、ストロボ用マウントが無いこと。


だが、今回はイノン社のマウントベースが付いているので、そこにストロボをマウントできるのだ。


マウントの問題はクリアしたが、ストロボのTTL発光の為の光ケーブルの接続が次の障害である。

いぁ、光ケーブルが無くても、カメラのフラッシュをストロボが検知すればよいのだが・・・
そこは例え元は汎用メーカーのストロボとはいえ、キャノンのウォーターケースと構造から相性は良くないと判るのだ。
だから、確実にカメラのフラッシュを信号としてストロボに伝える必要がある。

で、オリンパスの光ケーブルを如何にキャノンのウォーターケースに接続するか・・・


キャノンS95+イノン・マウントベース

結論から言えば、付属しているイノンのマウントベースに付いているフラッシュ光拡散坂に穴を開けて、オリンパスの光ケーブルのコネクタをはめ込むようにしたんだ。

このコネクタとカメラのフラッシュの距離は若干あるが、室内で蛍光灯の灯り下で試したところ、作動には問題は無かった。


キャノンS95+イノン・マウントベース+オリンパスフラッシュ

これで、キャノンS95を使った水中撮影用システムが組めたんだ。


あとは、実践にて確認するのみ。
果たして? 上手く使えるのか?  失敗してネタになるのか?


乞うご期待!

2017.04.10 | | コメント(0) | ダイビング

水中用ライト エポックワールド EL500USB 固定ハンドベルト


秘密兵器到着。

先日ゲットしたダイビング用水中ライトをどういう風に使おうかと考えていたのだ。

ダイビング用水中ライト


で・・・

①カメラにフォルダーを付けて、そこに固定する。
②手持ち(使わない時はジャケットのポケットへ入れる)
③手の甲に固定

①は、撮影を考えたら楽そうだけど、合うフォルダーがあるかどうか・・・ 撮影を考えたら、ベストなのかも。 ただ、フォルダーから外して使いたいとかって状況も考えたら・・・
②は、南国に生活していた時に海でライトを失くした経験があるから不安なんだ。 いぁ、カールコードでジャケットと結んでいたのだけど、ポケットから落ちたライトが何処かに引っ掛かってカールコードが切れちゃったんだよ。
③は、知り合いのダイバーが手の甲に固定した水中ライトを使っているのを見たことがあるのだけど、汎用性が一番高いかも。

その対応なんだけど・・・

①は、自転車用のライトフォルダーが使えそう。
②は、手が無い場合のみとして却下。
③は、ネットで調べたら、他メーカー品が使えそう。

そこで、③だ。
BIGBLUEという、水中ライトのブランドのハンドベルトが使えそうなので小唄したんだ。
親切にも適応サイズが記載されているショップもあり、プラス公差リミットだったんだけどトライしてみた。


EL500USB 固定ハンドベルト

結果、ライト本体とはチョットきついくらいでバッチリフィット。

うむ、左手は指示棒を持つのがオイラのスタイルではデフォルトなので、これなら問題ない。
そして、撮影時はカメラを支えつつライトを向けるとか・・・ できるかな?


惜しむらくは、オイラの手が小さく、手首も細いので・・・ 
ま、仕方がないか。

しかし、手からビーム!の秘密兵器ですよ。

2017.04.05 | | コメント(0) | ダイビング

ツクシとボケ


日本各地から桜の開花の話題がニュースになっていますけど・・・

不思議なのだが、日本のブラジルと呼ばれた雪が降らないオイラの生息域においては、まだ蕾固くという感じ。

とはいえ、確実に春の足音が。



ツクシ

田んぼの脇に蓮華に混ざってツクシがあった。
例年あまり気が付かなかったところなので、ちょっとれ嬉しい。



ボケ

毎年楽しみにしているボケの花。
とはいえ、例年は気が付くのが遅かったりして花の鮮度がイマイチだったんだけど、今年はナイスなタイミングだ。
いぁ、結構長く咲いているのだけど、時間が経つとヤレてくるんだよね。



さて、サクラ(ソメイヨシノ)は何時かな?


2017.04.04 | | コメント(0) | 草花

FUJI WONDERLAND FES!に行ってきた (おまけ)


ちょっくら富士スピードウェイで開催された開業50周年イベント「FUJI WONDERLAND FES!」に行ってきた。

2週間に渡っての駄文でしたが、最後にちょっとおまけ。

F1インジャパンでの走行展示でしたが、実は コジマ KE007 と MAKI F101 も予定されていました。
残念ながら、走行は出来なかったのですが、パドック内で撮影しましたのでご紹介。



コジマ KE007

コジマ KE007



Maki F101

Maki F101


折角なので、他のF1も・・・


ロータス77

ロータス77


マクラーレンM23

マクラーレンM23


フェラーリ312T2

フェラーリ312T2


ウルフWR1

ウルフWR1



繰り返しですが、タミヤのプラモデルで知ったF1達を40年経って実物を見るというのも感慨深いものがありました。

(了)

2017.04.02 | | コメント(0) | イベント

FUJI WONDERLAND FES!に行ってきた (Cカー)


ちょっくら富士スピードウェイで開催された開業50周年イベント「FUJI WONDERLAND FES!」に行ってきた。


Cカー

この日、最後のイベントはCカー。
耐久レース用のマシンで、模型やRCカーでも見覚えがあるし、カラーリングからひと目で車種が判ります。



トヨタトムス85CL

トヨタトムス85CL
オイラ、元々ミノルタカメラユーザーだから、このカラーリング大好き。
良く見るとリアウイング横にタミヤマークもある!



チャージマツダ787B

レナウンチャージマツダ787B
ルマン24時間で優勝した車両です。
ロータリーエンジン独特のエンジン音が素敵。
ドライバーはもちろん寺田陽次郎さん。



トヨタTS010 & チャージマツダ787B

トヨタTS010

トヨタTS010
ああ、車両単体での写真が・・・ orz
オイラとしてはTS020の方が印象深いです。



カルソニックニッサンR92CP

カルソニックニッサンR92CP
カルソニックブルーはカッコいいね。
この車も、ポルシェの向こうを張って活躍したんだよね。



タイサンスターガード962

タイサンスターガード962
ポルシェって、なんか凄く耐久性良い感じがする。
メカニックがメンテしているのは判るけど、このデザインのポルシェの寿命って永いよね。
タイサンカラー素敵です。



ニッサンシルビアターボCニチラ

ニッサンシルビアターボCニチラ
マーチ83Gというシャーシらしいです。
マーチはコンストラクターとして、やっぱり凄いんだと思います。



レノマ84C

レノマ84C
国産のグッピーって・・・ すみません、知りませんでした。
ムーンクラフトのデザインと聞くと、なんか納得です。
由良卓也氏って、憧れの人です。


・・・ くそう、シルクカットジャガーが見られたら完璧だったのに。

2017.04.01 | | コメント(0) | イベント

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR