ツバメの家族(その26)



オイラが仕事から帰宅した時には、いつも通りにヒナは三羽とも折り重なるように巣の上で丸くなっていました。
まぁ、玄関先なので、そりゃ朝晩に確認しちゃいます。

巣作りを始めてから42日目。
ヒナが生まれてから19日目の夜の事です。


オイラが帰宅した後に家人が帰宅しました。

ネコが・・・ ネコが・・・ と・・・
玄関先で大声を上げていますので、何かと出て行ったところ・・・


ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

え???? 何? 何が起きた?
巣が落とされて全壊した現実がそこに。


ツバメのヒナ

そう家人と共にノラ猫を疑いましたが、幸いにも一羽がうずくまっていたのを見つけました。

ノラ猫が犯人なら、このヒナも襲われたハズ?
他の二羽は?
食べられちゃった?
いぁ、それにしても争った跡の羽とが無い?
と、疑問に思いつつも、兎に角この子を保護しなければ・・・


夜も遅かったので、ネットで調べたりしたものの、決定的な案も無く。


ツバメのヒナ

で、素人考えですが、親鳥が戻ってくるかもと思い、巣があった近くに置くのが良いのかと。
小さな段ボール箱に、巣の残骸を入れてから残ったヒナも入れました。
もちろん、人間の匂いが移らないように注意をはらって。

ヒナは巣の残骸に隠れるように・・・

ツバメのヒナ


ああ、どうしたものか・・・


2017.09.23 | | コメント(0) |

ツバメの家族(その25)


・・・ まさか、 そういう結末になるとは。

巣作りを始めてから42日目。
ヒナが生まれてから19日目の朝です。

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

いっぱしに育ってきています。
よく観察するとヒナ鳥の特徴は残っていますが、素人的に一見では成鳥にみえます。

撮影したもののブレちゃったのですが、羽ばたいたり、毛づくろいしたり・・・
じっとはしていません。


そろそろ、と期待しておりましたが、あまりにもな結末でした。




2017.09.22 | | コメント(0) |

ツバメの家族(その24)



巣作りを始めてから41日目。
ヒナが生まれてから18日目です。


ツバメのヒナ

あまり親鳥が止まらない電灯のツルに一羽が止まっていますが・・・
ちょっと迷い鳥のようですが、親鳥との見分けがつかないです。
迷い鳥と思う理由は、ここの巣の親鳥が時折ですが他のツバメを追い払ったりしていますしね。
実はココに止まる前に、親鳥なら絶対にぶつからないであろう窓にぶつかっていたという事からも・・・。
でも、親鳥かも?

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

やっぱりこの巣は小さいよね。
ヒナのてんこ盛りって感じ。
巣の中で行ったり来たり・・・ ずっと動いています。


ツバメのヒナ

それに加えてバタバタと羽ばたくようなしぐさもし始めています。

既に大きさ的には親鳥と変わらないですね。


2017.09.20 | | コメント(0) |

ツバメの家族(その23)



巣作りを始めてから40日目。
ヒナが生まれてから17日目になりました。


ツバメのヒナ

明らかに大きくなってきて、羽もツヤツヤと黒くなってきています。
でも、やっぱりエサをもらっていますので・・・ 巣立ちのタイミングが気になるところ。


ツバメのヒナ

ツバメのヒナ

親鳥が咥えているエサが判ります。
・・・ ごっきー?の様に見えますけど・・・

ツバメのヒナ

ツバメのヒナ


休日だったので、殆ど一日貼り付いて観察していました。
いぁ、それも楽しかったんだな。



2017.09.17 | | コメント(0) |

吊られたカラスと素知らぬハトとイチヂクの実



近所では既に稲刈りが始まっています。

稲の穂が実ると共に、鳥よけの工作も見られます。
古今東西、代表的なのは案山子なのですが、最近では鳥を模した凧やビニール製のイミテーションも・・・


案山子と鳥の凧


人間から見ても、一瞬おや?と思わせるなかなかのクオリティの凧。
トビとかタカをイメージしているのでしょう。
良い具合に風をつかんで飛んでいますけど、繋げている竹ざおの長さとかしなり具合が大事なんじゃないかな。



カラスのイミテーション

で、見かけましたカラスっぽいビニール製の風船。
竹ざお(金属のヤツだけど)に吊られて揺れていました。

既に稲は刈られた後ですが、ハトが落穂を拾っていました。
って、このカラスって役に立ってるのか、今更に気になりましたよ。


と撮影していましたら、近くの木からすぃっと本物がバカにすんなよとばかりに飛び立ちました。

カラス

ああ、ちぃさな木だけど、イチヂクだったんだ。
ちょっと美味しそうにみえるぞ。



他の稲刈りが済んだ田んぼではカラスやハトが入り乱れての大騒ぎもみられ、なかなか賑やかです。


2017.09.16 | | コメント(0) |

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR