キンクロハジロ


久しぶりにカモを撮りに、公園が整備されている堤へ行った。


キンクロハジロ

ううむ、キンクロハジロしかいない。

ただ、ここは近所の方がエサやりしているので(良いのか悪いのかは判りませんが)、人をみると寄って来てくれるのが嬉しい。
まぁ、寄っては来るけど、それなりの距離は保っているんだけどね。

後頭部のアホ毛が可愛いんだな。


キンクロハジロ

こちらは雌かな。


そうそう、気になる個体というかカラーリングなんだけど、思い出して探したらいました。


キンクロハジロ

首回りが白いヤツ。

見つけてちょっと嬉しい。

2017.03.07 | | コメント(0) |

べレットGTとJR


地元の観光地へと、ちょっくら鳥撮りに行ってみたところ・・・
いぁ、ちょっと前にコゲラを見かけたんだけど(すぐ頭の上の枝でドラミングしたんだよ)、カメラを持っていなかったってコトもあって、リベンジ?という感じ。


結果的には、コゲラには会えず・・・

そろそろ帰ろうかというトコロで、素敵なエンジン音と共にやってきた旧車に目が止まった。

べレットGT

なかなか素敵な感じのべレットGTです。
オーナードライバーさんに声を掛けて撮らせてもらう。

・・・ 望遠しかもっていなかったので、走って距離をとり。

お礼と共に大事に乗っていらっしゃいますね、と言ったところ、うん、女房より大事だから・・・ とお決まりのオチ。
地元の一桁5ナンバーだから、当時からのオーナーなんだろうな。

最初に声を掛けた時に、室内から香ってきたカストロの匂いが良い感じでした。



地元の河原へと、ちょっくらカワセミを訪ねて行ってみたところ・・・

途中、思い立ってホームセンターへ立ち寄り、そして目的の河原へ。
JRの線路をくぐる用水路(細い放水路)?脇の通路を通ろうとしたところ、向こうに列車のヘッドライトが見えた。

ちょっと待って撮影してみた。

JR

ベタすぎるかも&ドローカル線だけど、撮れてちょっと嬉しい。


2017.03.05 | | コメント(0) | 未分類

静岡AFVの会2017(その3)


ちょっくら、静岡AFVの会に参加してきた。


参加作品の中から、オイラの気に入ったもの(で、ちゃんと撮れていたもの)をご紹介の後編です。



静岡AFVの会2017

第二次大戦時、ドイツ軍自走砲ナースホルンの弾薬補給の様子を、当時の写真から情景にしたものです。
ナースホルン、補給車ともに、とても手を加えておりまして、本当に見どころが満載。
もちろん、人形もプラモデルを基本に改造しているとのこと。

雪解けの泥道にある轍から、少し時間を遡ってからこの時までの風景が目に浮かびます。


静岡AFVの会2017

ちょっと工夫して撮影すると特撮っぽく撮れます。
とても1/35スケール(人形の高さは5cm程度)とは見えない迫力ですよ。



静岡AFVの会2017

それから、タミヤ1/35スケールのソ連戦車T-55の作品。
素性の良いキットに手を加えていますが、何より、その塗装技術が素晴らしいです。

最新の塗装技術かと思いますが、オイラの様なおっさんには食わず嫌いの油彩を使っているとのこと。
おっさん世代は、子供の頃に学校で使う絵具を使って塗装して、プラスチックの表面が絵具をはじくという悲しい出来事がトラウマになって・・・ 水性ですからねぇ 当たり前だのクラッカーですけど、油性とはいえ絵具っていうイメージが。

いぁ、何よりヨーロッパの模型誌なんかで見られる作風で素敵です。


静岡AFVの会2017

ソ連のT-55戦車は名作と呼ばれていて、チェコでライセンス生産されたりもしています。
で、多くの同車両が中東方面で使用されて・・・
これは、エジプト軍やシリア軍の戦車を鹵獲したイスラエル軍が自国仕様に改修したものです。
T-55戦車のシリーズはファンにはたまらんものかと。

そうそう、この方のベース(展示台)の文字はレーザー加工だそうです。
カッコ良すぎ!


・・・ 今回も多くの写真を撮影させていただきました。

ただ、会場での撮影ゆえに、なかなか上手くは撮れませんでした。
気に入った作品の全てを紹介したいのですが、残念です。


次回は、新作を持って行きたいですね。

(了)

2017.03.03 | | コメント(0) | 模型

静岡AFVの会2017(その2)


ちょっくら、静岡AFVの会に参加してきた。


参加作品の中から、オイラの気に入ったもの(で、ちゃんと撮れていたもの)を、ご紹介。



今回の作品テーマのひとつ ”大スケール”
ミリタリー関連の模型だと、縮尺が1/24以上・・・ つまり 1/16とか、1/8とか です。


静岡AFVの会2017

1/8(だと思う)の オートバイと兵士の情景。
もうひとつの作品テーマである”ほこり”っぽい感じとかも、如何にも北アフリカの雰囲気がナイスな感じ。



静岡AFVの会2017

1/16スケールをメインとした戦車群。
多くがタミヤのラジオコントロール戦車とその改造したものだけど、これらが動くのは大迫力です。



静岡AFVの会2017

こちらは1/35スケール(ミリタリーモデルのスタンダード)の南アフリカ軍のG6ライノ155mm自走りゅう弾砲。
ライノってば動物のサイなんだけど、155mm砲がつのみたいだからか。
その特異な形状は、参加者が入れ替わり立ち代わりして話題にしていましたよ。



静岡AFVの会2017

1/48スケールの陸上自衛隊10式戦車の情景。
総合火力演習で観られる情景を切り取っているが、1/48という小さな模型にカモフラージュ用のゴムとかカモフラージュネットとかが作りこまれている。
いぁ、ススキも素敵です。


2017.03.02 | | コメント(0) | 模型

静岡AFVの会2017(その1)


ちょっくら、静岡AFVの会へ参加してきた。


静岡AFVの会2017

日本各地で開催されているミリタリーモデラーの集いの静岡版だ。
今年は、北は青森から南は熊本から、同好の志が集まってくれました。
各地のAFVの会は通常一日なのですが、静岡は二日にかけて開催されています。


静岡AFVの会2017

一日目は、メーカーさんの新製品制作体験会。
市場に出る前の試作品を有料(でも安い)だが、組立ができる。
いち早く新製品を手にできる機会で、ファンにはとても嬉しい企画です。


静岡AFVの会2017

そして、懇親会。
同じ趣味同士の飲み会はとても楽しいですよ。
まぁ、模型趣味(ある意味オタク趣味)の仲間はシャイな人が多いので、こういう機会はとてもナイスかと。


もちろん、オイラは古くからの友人たちと、その後2次会へとでかけましたけど。



で、AFVの会に参加するには、ミリタリーモデルを作って持って行かなければならない。
まぁ、趣味の集まりだから、当たり前なんだけど・・・


そのオイラといえば、正直なところ新作が無かったのだ。
だが、しかし。。 参加することに意義があるかと古い作品(バッグに入る大きさ)を持って行くことに。


タミヤ 1/48 ソビエトGAZ-67B

オイラの作品
タミヤ 1/48スケール ソビエトGAZ-67B
所謂、ソ連のジープだ。

旧い画像を調べたら、2007年の制作だった。


2017.02.28 | | コメント(0) | 模型

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR