キンパラ (南国の鳥)


南国で生活していた時に撮った鳥だ。


キンパラ

キンパラ。
クチバシの形からアトリの仲間と思ったら、スズメの仲間。
で、見慣れた鳥だとブンチョウに近いのかも。

ふむふむ・・・ wikiによると日本にも外来種として見つかっているらしいぞ。
”元”フィリピンの国鳥ってのも興味深い。


キンパラ

キンパラ

データを確認すると2012年の朝。
鳥の声で目覚めて、撮影・・・ いぁ、撮影の機会を狙っていたのは確かだ。

当時、仕事にも使用し、持ち歩いていたコンデジは、マクロも強いし望遠もソコソコの機種。
兎に角マクロが効いたので、とても重宝していた。
でも、やっぱりセンサの小ささはこういうケースでは、どうにもならないな。


うん、この当時はシティの北のはずれにあった山を切り開いた住宅地の社宅に住んでいたんだ。
そういう点では、家の周り自然が残っていて、見かけた生き物とかも撮っていた。

そして、日本では冬の星座のオリオンを年中見上げていたんだ。
寒くないのにオリオンが見えるって、赤道に近いところに居ると実感したんだな。



2017.07.02 | | コメント(0) |

ゴイサギ


やっと撮影できた!


ゴイサギ

ゴイサギさんがこちらを見ていたんだ。
(もちろん、見つけたのは鳥撮りの先輩)

特徴的なアホ毛(*1)がポイントなんだがなぁ・・・ 


ゴイサギ

おおっ!ちょっとだけ後頭部に白い冠羽(アホ毛)が・・・
くそう、もう少し跳ねてくれたら言うことないのにな。


ゴイサギ

何やらエサを狙っていそうで、捕食を期待していたのですが、時間切れ。
まぁ、夜行性らしいから仕方なないかな。


もう少し特徴的な写真が撮れたら嬉しいんだけど、と次に期待です。



(*1)アホ毛
纏まった髪の毛から、寝癖・癖毛によって頭部から1本(または複数本)触角のように飛び出して立っている毛のこと。
主にアニメのキャラクターの特徴となる。
詳しくはググってください。

2017.06.30 | | コメント(0) |

バンビーナ2017


久方ぶりに鳥撮りの先輩方とご一緒させていただく。
鳥が出てくる待ちの時間も全然苦にならないのは素敵なことだ。


バン

そんな中、バンのヒナが寄ってきたよ。
人に慣れているのは、近所の人にエサをもらっているらしい。


バン


バン

オイラの様な下手くそ鳥撮りにとっては、近寄ってくれる鳥は、それだけで一番。
かわいいなぁ・・・


バン

多分、これが親鳥。
光の方向と被写体の色水の反射とか、非常に難しいんだな。


バン

親子(多分)のツーショット。
ちょっと距離があったのが残念。


それにしても・・・
バンを観て、ドリフターズ「いい湯だな」のフレーズが脳内でリフレインするのは、絶対にオイラだけではないはずだよね。

・・・って、このオチ、昨年と同じだ。

2017.06.26 | | コメント(0) |

オナガ (実は初見)


オイラの住む街では見たことの無い鳥。

ほんのちょっと東の方へ、鳥撮りの先輩と待ち合わせて撮り探しをしたときに出てきた。


オナガ


イメージより大きいのに少し驚く。
まぁ、分類上はカラスの仲間だし。
生態もカラスに近いみたいな・・・。

どうも、オイラの生息域が、オナガの生息域の境界線らしいんだ。
まぁ、ペヤングと金ちゃんヌードルの販売域のアレと同じかと。


オナガ


しかし、木々に葉が茂ってくると、オイラの様な下手くそカメラマンにとっては鳥撮りが難しくなるんだ。


2017.05.31 | | コメント(0) |

唄うカワラヒワ


オイラの家の周りでも、とても素敵に唄っていた。


サクラの木に止まって唄っているカワラヒワを見つけた。
なるべく近くに寄って・・・ 尚且つ枝が邪魔にならない位置へと・・・


カワラヒワ

まぁ、結果、見上げちゃうんだけど。



カワラヒワ

ちょっと角度を変えて撮ったら、足でリズムを取っていた(ように見える)。


この時期は群れていないんだな・・・

2017.03.10 | | コメント(0) |

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR