ズベズダの1/72スツーカB2を作る(その10)



最後に、保管&輸送用のケースを作ります。


ズベズダ 1/72スツーカB2

100均でビデオケース用のプラスチックケースを買ってきて、スポンジを敷きます。
ランディングギヤとかプロペラを避ける位置に穴をあけて・・・固定はビニール紐です。


ズベズダ 1/72スツーカB2

これで横にしても裏返っても大丈夫(のハズ)。
で、来年5月の合同展に持っていく予定です。


・・・ 実は、このキットの組み立ては昨年の10月にスタートしました。
    途中、塗装前の段階で長期間ストップしていたのです。
    実際のところ、キャノピーのマスキングを考えたら手が止まりました。
    1年以上かけて作りましたが、実時間としては20時間程でしょうか  ・・・


(了)




2016.12.09 | | コメント(0) | 模型

ズベズダの1/72スツーカB2を作る(その9)



ズベズダ 1/72スツーカB2

プラモデルの面白さのひとつに、製作工程(組立工程)を自分で計画することがあると思う。
いぁ、組立説明書に沿って組立てるだけぢゃん?と思われるかも知れないが、組立説明書はあくまでも”誰でも組立てられる一般的な手順”を示しているだけで、塗装とかを考慮した手順については製作者が考える必要がある。
それが、今回はイマイチだったんだ。
まぁ、久しぶりの組立でもあった為なのかもしれないけど、いまひとつ塗装の手順がイメージし難かったんだな・・・。なんで先に取り付けちゃったかなぁ、という小物部品もあった。
それに塗料の希釈度合いとか、エアブラシの距離とかもちょっと忘れていた。


で、だ・・・ 実は一番の問題がキットの素性にあったりしてね。

制作時には気がつかなかったんだけど、(その7)でクリアーを吹いた際にアレ?って思って、仕上げに半艶クリアを吹いたら更にハッキリと浮き出てきてガッカリしちゃったんだ。
それは、部品(翼)の表面に、金型の加工跡が残っていたんだよね。
本当に微細なんだけど、艶を少し出すような塗装にしたせいもあるのか、光にかざすと見えてくるんだ。

こればっかりはなぁ・・・
いぁ、生地の時点で気がついてサンディングしていれば問題なかった問題だけど、気が付かなかったからなぁ。
設計(部品分割とかスナップフィットとか)の面白さがと精度があっただけに、ちょっと残念です。


ズベズダ 1/72スツーカB2

ズベズダ 1/72スツーカB2

ズベズダ 1/72スツーカB2


折角なので、少しそれっぽく撮っておきました。


張り線は・・・心の目で見てください。


2016.12.08 | | コメント(0) | 模型

ズベズダの1/72スツーカB2を作る(その8)



デカールを貼ってみると・・・ あれれ? なんか、デカールの番号とか説明書に記載が無い物もあるぞ。自分で調べろってか?


ズベズダ 1/72スツーカB2

それに、参考にしようとしても、箱絵とマークが違うじゃん。

やるなぁ・・・ 日本のメーカーだったらクレーム来ちゃうところだよね。
ちなみに、デカール自体は薄くて貼りやすいです。


デカールを貼り付けた後、数日ほど自然乾燥して、塗装したキャノピーと爆弾を取付し、最後に全体に半艶消しクリアーを吹き、塗装面を均すと共にデカールを馴染ませる。

う~ん、もう少し艶を消したかったなぁ・・・ 少し残念。


ズベズダ 1/72スツーカB2


それから、排気管を取り付け、タイヤとか機銃を塗装。
キャノピーと期待下部の窓のマスキングを剥がし、翼のライトを仕上げて完成だ。


ズベズダ 1/72スツーカB2


ズベズダ 1/72スツーカB2


・・・アンテナの張り線はどうしましょうかね。


2016.12.07 | | コメント(0) | 模型

ズベズダの1/72スツーカB2を作る(その7)



下手くそのオイラは、1回の塗装で仕上がる事が無く、各色の漏れとか塗り残しとかを修正して仕上げていく。
まぁ、下面の色、表面の2色の塗装を行ったり来たりするんだな。
エアブラシで補修することもあるし、筆塗りで対応することもある。


で、タイミングをみて、キャノピーも塗装しておく。

ズベズダ 1/72スツーカB2

いぁ、マスキングが大変でした。
機体の表面迷彩時に失敗した古いマスキングテープは使わずに、新しいモノを。
で、ある程度貼ってから、窓枠のモールドに沿ってカッターナイフで切り出す。



色味に関しては、正直なところ”適当”である。
キットの説明書とか箱絵やネットの情報を参考にしてはいるけど、正解は解らないんだ。
ただ、1/72というスケール的にはもう少し明るくしたほうが良かったかも。
(まぁ、完成させるのが目的だし・・・ オイラってメンドクサイの嫌いだし)


次に、全体に軽くクリアー塗装する。
デカール(水転写シール)を貼る際のシルバリングを防ぐ目的と、繰り返し塗装した面のトーンを均す為だ。
クリアーでコートすると、益々色が濃くなった感じ

ズベズダ 1/72スツーカB2

ズベズダ 1/72スツーカB2

2016.12.04 | | コメント(0) | 模型

ズベズダの1/72スツーカB2を作る(その6)



塗装は下面を先に塗るが、表面の塗料がのり易いように全体に吹いた。
タミヤ・アクリルXF23 をラッカー溶剤で希釈して(メーカー推奨外にて自己責任)使用する。

いぁ、写真を撮り忘れている。

機体表面をタミヤXF49とXF62を1:1の比率で混色して作成した色で塗装する。


ズベズダ 1/72スツーカB2

そして、迷彩パターンをマスキングして、タミヤXF27で塗装。


このマスキングが大失敗。
手持ちの古いマスキングテープを使ったんだけど・・・糊が劣化していて・・・ テープを剥がした跡に残っちゃったんだ。


ズベズダ 1/72スツーカB2

主翼の一部が濡れた様に黒っぽくなっているのは、エナメル溶剤で拭いた跡。
まぁ、エナメル溶剤で拭くより、セロファンテープを使って糊を取った方が早かったんだけど。



2016.12.03 | | コメント(0) | 模型

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR