ホシハラビロヘリカメムシ


いぁ、呪文のような名前なんだ。

ホシハラビロヘリカメムシ

遊水地で見かけたカメムシの仲間。


ホシハラビロヘリカメムシ

ホシは、背中の黒い点だな。


ホシハラビロヘリカメムシ

・・・で、ハラビロヘリカメムシの亜種なんだろう。

ちなみに、ヘリカメムシとかハリカメムシっていうのも居るから、それらの亜種だろうと・・

いぁ、カメムシも大杉。

だって、セミだっても分類上はカメムシの仲間なんだよね。


2016.08.04 | | コメント(0) | むし

アサマイチモンジ


遊水地で見かけたタテハチョウの仲間。


アサマイチモンジ

その文様から、イチモンジチョウと思っていた。


調べたら、アサマイチモンジというらしい。

見分けのポイントは、翅の前にある(一文字に繋がっているドットの前)、3点のドットだ。

多分、初見だ。
こういう出会いが時々あるから、面白んだよね。


2016.08.03 | | コメント(0) | むし

ショウジョうトンボ


遊水地にて撮影したショウジョウトンボ。


ショウジョウトンボ


所謂ところのアカトンボ系に比べて、非常に「真っ赤」なんだ。
(アカトンボ系は赤といいつつ、オレンジっぽいよね)

釣り人が忘れて行った(いぁ、捨てて行ったとは思いたくないからな)釣り具の赤さとのマッチングも・・・


ショウジョウトンボ


うむ、ショウジョウトンボの赤色加減ってば、人工的ともいえるくらいだな。
それも自然だけど。

2016.07.29 | | コメント(0) | むし

ハラビロトンボ


この時期、遊水地にてよく見られるトンボです。

ちょっと小さくて、腹の幅が広く平たいから、すぐ判ります。


ハラビロトンボ(オス)

こちらは雄です。


ハラビロトンボ(メス)

こちらは雌です。

腹の形状が判るかと・・・ アカトンボ系と比べても、明らかに平たいです。


ハラビロトンボ(オス)


ハラビロトンボ(メス)


雌雄の違いは、シオカラトンボと同じ感じだから、これも見分け易いですよ。

何より、近づいても逃げないから、オイラのような初心者向けな被写体かな。

2016.07.14 | | コメント(0) | むし

コシアキトンボの飛翔


遊水地にて、トンボの飛翔を撮影しようとアレコレとやってみた。

まぁ、飛翔しているトンボで見分けやすいところで、コシアキトンボがターゲットとなる。

見分けやすいこともあるが、観察していると同じようなコースを飛ぶことが判ったのだ。
また、ホバリングする場所も同じ様なところ。


ということは、狙って、ファインダーに入ったらシャッターを切ればよいのだ。

・・・ と簡単にはいかない。


広めの画角&ちょっと絞って撮影。

で、まぁピントがあっている(とする)ものをトリミング。

コシアキトンボ


しかし、飛びモノは難しんだな。


コシアキトンボ

でも、こちらの画像はコンデジにて撮影したんだよ。
撮り様によってはコンデジでも撮れるということが判って、ちょっと嬉しい。

2016.07.12 | | コメント(0) | むし

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR