ちょっくらダイビングへ その3

2本目。

ボートが動けないので、同じ位置から南へ行き戻ってくる。
どうも、スタッフがスクリューを外してオランゴ島へ修理に持って行っているらしい。

さて、エントリーして早々に大きなツノダシと遭遇。

ツノダシ

意外と撮れそうで撮れない南国らしい魚なんだが、今回はまぁ写っていた。

この辺りには確かチンアナゴも居たはずなんだが、と思いつつ草の生える砂地のスロープを見てみる。

チンアナゴ

ああ!いるじゃん。しかも目の前。



かなり近くで撮れたぞ。
今までにない近さだ。
もう、今日はこれでいいやって気分になる。


一緒に潜っていた人が何やら撮っているので近づいてみる。

おお!! ミゾレウミウシだ。

ミゾレウミウシ

海の宝石とはよく言ったものである。
本当にフォトジェニックだよ。
動きが遅いし撮り易いし。


マンジュウヒトデを見つけたので、手に持ってひっくり返してよく見る。
体長1cmほどのヒトデヤドリエビを見つけた。
まぁ、マンジュウヒトデに共生しているのが高い確率で見つけられるのだ。

ヒトデヤドリエビ

明るい方向にかざしてマクロモードで撮る。


18m位まで潜るものの、それから特に何か見つけたという訳ではなく70分ほどのダイビングであった。残圧は90kgも残っていた。


船に上がると、スクリューの修理は終わっており、無事に帰路につくことができたのだ。
途中、レスキューに呼んでいたボートと並走しつつビーチへ戻る。


ショップに戻って昼食&ビールをいただく。
片づけをしているスタッフに、サーと行くと何時も船が壊れるね、と言われたので、今日で2回目だろ?大体、オレのせいぢゃねぇよ!そもそも、前回、携帯持って行かなかったのお前だろ!と言い返して大笑いだ。

ダイビング後は、ホテルに戻って一休みし、夕食前にアヤラ・センターへ両替&ぶらつきに行く。
アヤラ・センターもバーゲンセールの真っ最中で、触手が動くものの、トランクの重量を考えて自制した。
って、なにより円が安過ぎ!! 今まで経験したこと無いぞ、コレ。

夜は知り合いと合流して、山の中腹にある地元料理レストランへ行く。
メジャーな店だが、あまり観光客は来ないんだな。

セブの夜景

シーズリング・シシグ(豚の頭の肉をみじん切りにして甘辛く炒めた物:いろんな食感があってご飯にマッチします)とフライド・チキン、アドボ・カンコン(菜っ葉の炒め煮みたいな?)とご飯を注文。もちろん、ビールはサミゲル・ライトだ。
カンコンが売り切れていたのでチョップソイ(八宝菜だな)に変更。
いやぁ、ネイティブ料理はおいしいです。

食事中もかなりの睡魔に襲われたので、夕食後はホテルに戻って即行寝る。

スポンサーサイト

2015.07.27 | | コメント(2) |

コメント

お! 久しぶりのウミウシくんだ! 潜った後のビールうまそう!

2015/07/28 (火) 09:10:57 | URL | 謎だ!OHara #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 謎だ!さま

オイラ的にはウミウシは外せないです。でも、観た数が少なかったのが残念。
って、それすらも吹っ飛ぶくらいに、ビールが美味しかったです。

2015/07/28 (火) 22:36:24 | URL | するすみ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR