オリンパス E-300

オリンパス E-300を使いたくて出かけた。
使いたくて・・・というか、どういう青がでるのか知りたかった。

オリンパス E-300

レンズは14-54の2.8-3.5、所謂ところの竹レンズ。
まぁ、一世代前のだけど。

ありがちだけど、判りやすい。

爪木崎 灯台

そう、こういうコッテリとした色だよなぁ・・・

西側から岬を撮ると、逆光気味というより、太陽光がしっかりと影響している。

爪木崎(西)

今どきのカメラだったら、太陽光の白さって出ないと思うけど。
っていうか、空の青さを飛び気味にして全体に白っぽい青にしそうだよね。
実は、このカメラで撮影すると、ちょっとした角度(ピント位置)や測光方法で、この白い範囲ってのが変わるのだ。

東側の海は順光になるからか、全く問題なく綺麗だ。

爪木崎(東)

いぁ、ダイビングしたい・・・

アロエと海・空を一緒に撮るが、結構普通だな。
こんな感じってば10年前のカメラでも、十分ですよね。

アロエ

やっぱり、伝説の青って、あるんぢゃないかと思うし、好きだな。




スポンサーサイト

2015.01.12 | | コメント(0) | カメラ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR