FC2ブログ

マラパスクワの思い出(ニタリを夢見る その4)



昼食後、13:15ブリーフィング。
3本目は島の北東側


マラパスクワ・ダイビングボート

エントリーポイントでブイのロープに添って、15mほど一気に潜行。
ソフトコーラルの群生を観つつ、ドロップオフを砂地の海底目指して沈降。
先行組が、既にウミウシを発見している。
おおっ!こいつは初めて見るヤツだ。


マラパスクワ・カグヤヒメウミウシ

サクサクっと数枚撮影。カグヤヒメウミウシ



マラパスクワ・カエルアンコウ

それからカエルアンコウ・・真っ黒な個体だが、エスカ(疑似餌)が白っぽく面白い。
アンナウミウシのペアの近く、海底の竪穴からトラフシャコが覗いていた。


マラパスクワ・トラフシャコ

マラパスクワ・トラフシャコ

トラフシャコは初見だ。
この穴の径が10cm位はあったので、シャコの大きさが想像できる。

その他、サビウツボにハナビラクマノミ・・・マクタンでも良く観るヤツ等だ。
最大深度23.5m、平均深度18.6m、47分のダイビングでエア残圧60kgだった。

マラパスクワ島



3本目の後、スタッフと一緒に居たシンガポール人に、明日はガトーアイランドへ行くのかと聞かれた。
スケジュールを聞くと、今日の2本目の時間(9:30)に出て、2本潜って戻るそうだが、戻りが14:00位とのこと。
ああ、それぢゃ帰りのバスが無くなるかもしれないから・・・と断った。
明後日は仕事だし必ず戻らないとダメだから、と。

ガトーアイランドについてだが、店にあったチラシとかみたら、あら素敵。
無人島で、サンゴ礁も良さげだが、島の真ん中に南北?抜けている海中洞窟があるそうだ。
マラパスクワから更に北西へボートで1時間ほど掛かるのだ。

うぉ!こりゃ、行きてぇっ!!
っていうか、ここまで来たら、次の機会を作って何とか行くしかねぇ、と決意する。



この日、昼食後にビーチでノンビリしていたら、個人のボートマンからシュノーケリングのセールスがあった。
価格交渉してPhp600→Php400(マスク・フィン・エントランス込)に値切った。
コレに、海洋使用税みたいなPhp50を別に払うことで了承する。
ちなみに、一般的(と思われる)価格はPhp600、マスク・フィン他レンタルPhp200、エントランスPhp150に税Php50という具合だから、まぁ良いかな、と。
最終日の午前中に連れて行ってもらうこととする。



ビール呑んで、ビーチで寝そべって、至福の時を過ごす。
そして日が暮れていく。


マラパスクワ・夕日

ああ、贅沢な時間だ。

スポンサーサイト

2017.10.27 | | コメント(0) | ダイビング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR