ちょっくらセブでダイビング (その17: 素敵な表情たち)


休みがとれたので、ちょっくらダイビングに行ってきた。



コテージまでの道

宿泊していたコテージまでの道で・・・
朝からココナツを割っている人とか、立ち話をしている人とか。
いぁ、暇そうっていうか、ホーリーウィーク金曜日の朝だからな。
良いノンビリ感です。

この道は治安もよくて、住人も普通に挨拶してくる。



祖父と孫

挨拶してから、ちょっと話をしたオッサンと孫。
なんでも、日本人の末裔らしいけど・・・ 

他愛もない話をしたけど、孫はシャイだった。
まぁ、あれだ・・・

話のキッカケは、日本人か?と聞かれるか、何処から来たか?と聞かれるところから。
大陸系の人と間違われることもあるが、それもキッカケのひとつだったり。



若者

ダイビングショップの息子の友達たち
ホーリーウィークでビーチパーティってところだ。
バカ話は世界共通言語なんだけど、それが結構面白いのだ。
でも、改めて日本語の単語について質問されると、回答に困ったり。
語彙が少ないのもあるが、文化が違うと例え話も難しいことがあるんだ。



パン屋

美味しいと紹介してもらったパン屋さん
ローカル感満載。
でも、マジ美味しかったよ。
ちゃんと店で焼いているのには、ちょっと驚き。



子供たち

コテージへダイビングショップのボスの車で送ってもらっている道中。
ボスが子供たちに挨拶。
誰かと聞くと、時折使っているジプニードライバーの娘だそうだ。
で、すれ違いざまに窓からカメラを出して適当にシャッターを切った。
良い表情だよね。


まぁ、ダイビングに行ったとはいえ、ちょっとした人との接点はあるものです。
それすらも楽しく、それは旅のだいご味かも。

スポンサーサイト

2017.05.09 | | コメント(0) | ダイビング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR