ちょっくらセブでダイビング (その7:ハゼ 1)


休みがとれたので、ちょっくらダイビングに行ってきた。

オイラのダイビングでの被写体で、ウミウシの双璧となっているハゼ。
被写体としての動きは少ないのだが、何せ警戒心が強い点が難しい。

先ずは定番・・・


ヤマブキハゼ

ヤマブキハゼ
いつもは多く見るのだけど、今回は少なかった。
フラッシュ光を当てた位置が、ちょっと手前だったかな。



クビアカハゼ

クビアカハゼ
これも多く見られるハゼ。
浅いところから深いところまで、大きいヤツから小さいヤツまで・・・
これは大きめの個体だ。



ヒレフリサンカクハゼ

ヒレフリサンカクハゼ
岩陰とかで良く見る。
背びれをヒョコヒョコと動かすのがカワイイやつだ。
意外と小さく今まで上手く撮れなかったけど、今回はバッチリ。
カメラの違いかと。



ガラスハゼの仲間

ガラスハゼの仲間
カレントが強くて距離がずれたり、フラッシュ光の当たり方とかで、ダメ写真を増産しました。
まぁ、何とか一枚。



Striped Goby

Striped Goby
図鑑で調らべた名前だが、和訳するとシマハゼ?
?というのは、シマハゼでググっても似たハゼが出てこないのです。
砂地でホバリングしている姿を見るのだが、警戒心が強いので少し近づくと巣穴に潜ってしまうのだ。
小さいハゼなので、遠くから撮るとなかなか解像しなくてね。
今までで一番ハッキリと撮れた1枚です。



シロオビハゼ

シロオビハゼ
いやぁ、本当に久しぶりに見た。
コイツは滅茶苦茶に警戒心が強い。
ハングオーバーの下にある砂地だったけど、オイラが気が付いた瞬間に巣穴に潜ったんだ。
で、ちょっと待って、ようやく一枚撮ったのだけど、撮った瞬間に潜っちゃって出てきませんでした。
だから、今まで撮った画像もこんな感じなモノだけなんだ。
写真の中心に何かちょっと白い部分がある黒いモノっていう・・・ 言われても魚とは思えません。

スポンサーサイト

2017.04.27 | | コメント(0) | ダイビング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR