水中用ライト エポックワールド EL500USB 固定ハンドベルト


秘密兵器到着。

先日ゲットしたダイビング用水中ライトをどういう風に使おうかと考えていたのだ。

ダイビング用水中ライト


で・・・

①カメラにフォルダーを付けて、そこに固定する。
②手持ち(使わない時はジャケットのポケットへ入れる)
③手の甲に固定

①は、撮影を考えたら楽そうだけど、合うフォルダーがあるかどうか・・・ 撮影を考えたら、ベストなのかも。 ただ、フォルダーから外して使いたいとかって状況も考えたら・・・
②は、南国に生活していた時に海でライトを失くした経験があるから不安なんだ。 いぁ、カールコードでジャケットと結んでいたのだけど、ポケットから落ちたライトが何処かに引っ掛かってカールコードが切れちゃったんだよ。
③は、知り合いのダイバーが手の甲に固定した水中ライトを使っているのを見たことがあるのだけど、汎用性が一番高いかも。

その対応なんだけど・・・

①は、自転車用のライトフォルダーが使えそう。
②は、手が無い場合のみとして却下。
③は、ネットで調べたら、他メーカー品が使えそう。

そこで、③だ。
BIGBLUEという、水中ライトのブランドのハンドベルトが使えそうなので小唄したんだ。
親切にも適応サイズが記載されているショップもあり、プラス公差リミットだったんだけどトライしてみた。


EL500USB 固定ハンドベルト

結果、ライト本体とはチョットきついくらいでバッチリフィット。

うむ、左手は指示棒を持つのがオイラのスタイルではデフォルトなので、これなら問題ない。
そして、撮影時はカメラを支えつつライトを向けるとか・・・ できるかな?


惜しむらくは、オイラの手が小さく、手首も細いので・・・ 
ま、仕方がないか。

しかし、手からビーム!の秘密兵器ですよ。

スポンサーサイト

2017.04.05 | | コメント(0) | ダイビング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR