1/24 カーモデルの修理


プロ級の腕を持っている知人からいただいたタミヤの1/24インプレッサ。
ケースに入れて飾ってあったのだが、オイラが不在中に起きた不慮の事故にて破損。

片づけをしていたら出てきたので、折角なので修理をすることにした。


ケースが開いて埃まみれだったので、ボディを外して水洗いする。
シャーシは細かいブラシで埃をとり、一部は綿棒を使う。

で、破損した部品を取付て(幸いにも失くしてはいなかった)、先ずは形を戻す。

タミヤ1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン


それから、ケースのベースにタイヤ位置を印しする。

タミヤ1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

タイヤを両面テープで固定した跡が残っている。


タミヤ1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

ケースに穴を開けて・・・


タミヤ1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

タイヤの内側のサスペンション部品にエナメル線を通して軽く捩り・・・


タミヤ1/24 スバル インプレッサ WRC2004 ラリージャパン

ベースの裏側で固定します。

この裏側は、手に持った時とかに指に引掛けちゃうこともあるので、布テープでカバーしておきます。


画像では左後輪をアップにしていますが、対象位置にある右前輪も同様に固定します。
4か所を固定すれば万全ですが、少しでも固定位置が狂うと、エナメル線の張力が部品を壊す方向(車体をベースに固定する方向とは異なる方向)になりがちですので、2か所のみとしています。
これでも、普通にケースごと持ち歩くには十分な強度があります。

ということで、修理完了。

スポンサーサイト

2016.12.20 | | コメント(0) | 模型

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR