ズベズダの1/72スツーカB2を作る(その9)



ズベズダ 1/72スツーカB2

プラモデルの面白さのひとつに、製作工程(組立工程)を自分で計画することがあると思う。
いぁ、組立説明書に沿って組立てるだけぢゃん?と思われるかも知れないが、組立説明書はあくまでも”誰でも組立てられる一般的な手順”を示しているだけで、塗装とかを考慮した手順については製作者が考える必要がある。
それが、今回はイマイチだったんだ。
まぁ、久しぶりの組立でもあった為なのかもしれないけど、いまひとつ塗装の手順がイメージし難かったんだな・・・。なんで先に取り付けちゃったかなぁ、という小物部品もあった。
それに塗料の希釈度合いとか、エアブラシの距離とかもちょっと忘れていた。


で、だ・・・ 実は一番の問題がキットの素性にあったりしてね。

制作時には気がつかなかったんだけど、(その7)でクリアーを吹いた際にアレ?って思って、仕上げに半艶クリアを吹いたら更にハッキリと浮き出てきてガッカリしちゃったんだ。
それは、部品(翼)の表面に、金型の加工跡が残っていたんだよね。
本当に微細なんだけど、艶を少し出すような塗装にしたせいもあるのか、光にかざすと見えてくるんだ。

こればっかりはなぁ・・・
いぁ、生地の時点で気がついてサンディングしていれば問題なかった問題だけど、気が付かなかったからなぁ。
設計(部品分割とかスナップフィットとか)の面白さがと精度があっただけに、ちょっと残念です。


ズベズダ 1/72スツーカB2

ズベズダ 1/72スツーカB2

ズベズダ 1/72スツーカB2


折角なので、少しそれっぽく撮っておきました。


張り線は・・・心の目で見てください。


スポンサーサイト

2016.12.08 | | コメント(0) | 模型

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR