ズベズダの1/72スツーカB2を作る(その5)


プロペラは組立説明書と異なる手順で組立た為、スナップフィットは諦めて、スピナーとブレードを接着した。
また、機体に付くアンテナの一部は、そもそもスナップフィットになっていないものもある。
いぁ、部品の成形上仕方のないことなんだけど・・・


で、一度組み立てたものをバラしてコクピット内部と人形たちを塗装。
まぁ、スナップフィットの恩恵かな。

ズベズダ 1/72スツーカB2

つや消し白でエアブラシにて下塗り。


エアブラシはタミヤ製を使用。

エアブラシ

(*エアブラシ:小型のスプレーガンで、塗料を吐く口径が0.3mmと非常に小さいので、繊細な塗装が出来る。元々は写真の修整用とかイラスト用に使われていた。)



ズベズダ 1/72スツーカB2

で、人形は、筆塗りで塗装する。

アクリル系・エナメル系・・・持っている色を使った。
胴体内側も塗装するが、こちらは見え難いから、ざっくりと。



それから、翼を胴体に接合する。
スナップフィットだが、接着剤を流し込んで、スキマが無いように取り付ける。

ズベズダ 1/72スツーカB2

人形塗装時の下塗りフラットホワイトが一部剥げているのは、翼と胴体を何度も付け外しして遊んでいたからなんだ。


下部の窓とコクピットをマスキングして、一応の生地完成というところ。


ズベズダ 1/72スツーカB2

キャノピーを載せると、一気に気持ちが昂りますね。
で、キャノピーは別途マスキングして塗装しますが、枠が多いので気後れしているのが本当のところ。


スポンサーサイト

2016.11.30 | | コメント(0) | 模型

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR