ちょっくらダイビングへ(その7の①)


休みが取れたので、ちょっくらダイビングへ行って来た。


二日目1本目は昨日と同じオランゴ島だけど、更に南のポイントだ。



アーグスコメット

アーグスコメット(だと思う) 深度14m
タナバタウオの仲間、シモフリタナバタウオと同じような・・・
正直、違いが良く判らないけど、斑点の並びがライン状に見える(気がする)から。

アーグスコメット

背びれ、腹びれと尾びれの広がりが特徴的です。


タテヒダイボウミウシ

タテヒダイボウミウシ 深度17m
地味なイボウミウシの仲間でも、派手な・・・



SoftCoral Ghostgoby

SoftCoral Ghostgoby

SoftCoral Ghostgoby

SoftCoral Ghostgoby(和名が見つからなかった) 深度20m
まぁ、ガラスハゼの仲間かと。
ガイドのスタッフが見つけて教えてくれたが、かなり撮影が難しい。
フラッシュの当て方とか、調整したけど・・・ 逃げるし・・・ 小さいし・・・ 老眼にはきつい。


イソギンチャクカクレエビ

イソギンチャクカクレエビ 再び 深度20m
これって、ちょっかい出すのはいいけど、下手するとイソギンチャクがエビを絡めちゃったりして・・・


ハナミノカサゴ

ハナミノカサゴ 深度18m
コイツらってば、カメラ向けると絶対にそっぽ向くのだけど・・ コイツはいい奴だな。
ここまで図鑑的に撮らせてくれるのは珍しいぞ。


ヒトデヤドリエビ

ヒトデヤドリエビ 深度18m
アオヒトデと共生しているのは初めて見ましたよ。
ガイドのスタッフが教えてくれなければ見逃していました。


ヤマブキハゼ&コシジロテッポウエビ

ヤマブキハゼ&コシジロテッポウエビ 深度22m
おお~今回2度目。
ヤマブキハゼってば、結構のんびり屋さん?
実は結構好きなハゼだったりする。
このダイブの最大深度で撮影。


スポンサーサイト

2016.10.22 | | コメント(0) | ダイビング

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR