ちょっくらヨコスカヘ(その2)


ちょっくら横須賀ヘ行ってきた。

イージス艦カーティス・ウィルバーの上からは、整備中の他の艦がよく見えました。


空母ロナルド・レーガン

空母ロナルドレーガンは、3.11東日本大震災後に”トモダチ作戦”に参加した艦で、その後2015年に横須賀基地へ配備された。
実際に運用されている艦だけに、整備中の様子も興味深いです。

しっかし、大き過ぎですよ・・・28mmのレンズでは全体が写りません。


イージス艦アンティータム

イージス艦のアンティータムは、大掛かりな改修工事なのかもしれない。
完全に櫓が組まれている。


また、ここの岸壁の周りには、整備用の工場が並んでいて、それぞれが専門の部門を持っているのも、建物に書かれている名称から解るんだ。



それから、海上自衛隊艦の掃海艇”えのしま”が、カーティス・ウィルバーに接岸していたので、そちらも見学。

掃海艇”えのしま”

20mm機関砲を隊員さんが一生懸命説明してくれていた。


掃海艇”えのしま”

ダイバーのオイラとしては、掃海に使用するメカが興味深く、何よりも艦上に設置されていた減圧装置に感心したんだ。

掃海艇”えのしま”

いぁ、長時間の潜水は、潜水病との闘い(潜水病にならない様に管理しないとならない)んだけど、それでも万が一の場合に備えているのが心強いと思う。
まぁ、実際はナイトロックス使っているとは思うけど・・・ それでも限界が少しあがるくらいだからね。
ちなみに、オイラの場合、普通のエアで30mの深度に滞在できる時間は、その時の状況にもよるけど20分程度ですし、2本目、3本目になるともっと短くなります。もうね、こういう時はダイビングコンピュータのアラートがね・・・
この減圧装置は、船体から外して、病院まで搬送できるそうだ。


さて、下船して来た道を戻る。


タグボート

手前の左側はタグボートだが、デザインが素敵。
その奥に修理中のイージス艦 マスティン。


イージス艦マスティン

手前がイージス艦 マスティンで、奥に見える右側の小さい艦が”えのしま”、左側が”カーティス・ウィルバー”だ。


空母ロナルド・レーガン

そして、空母ロナルド・レーガン。
これだけ離れると全景が写るけど・・・ それでも形が判りにくいな。


基地内コミュテーター

こんな小さな車が基地内の足として大活躍しているが・・・ 乗ってみたいなぁ・・と。



スポンサーサイト

2016.08.10 | | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR