セスジイトトンボ


ギンヤンマを見た同じ場所で、ホンの少し後。

ああ、アジサイが咲き始めたなぁ・・・ と眺めたら、ふわふわと飛ぶトンボが目に入った。

セスジイトトンボ


おおっ! 今シーズン初の イトトンボの仲間だ。
しかも、数年前(オイラが南国へ行くまだ数年前だ)には、田んぼの周りで見られていたんだけど、最近では珍しくなっているので、かなり嬉しい。
(まぁ、遊水地へ行けば多く見られるのだが、春からこちら、行くことが出来ていないんだ)



帰宅して調べていたが・・・ ちょっと時間がかかった。

当初、図鑑におけるイラスト図にある肩縫線からムスジイトトンボの雌かと思ったのだが、どうにも眼後紋の形が違う。


セスジイトトンボ



で、ネットで調べたところ、セスジイトトンボの雌かと・・・

セスジイトトンボ



やはり、腹の黒条の見え方よりも、眼後紋の形の方が個体差が少ないかと思ったのだ。
オイラが愛用しているトンボ図鑑は、バイブルとも言える一品だが、やはり少し古いかと・・・。


しかし、オイラの様な素人にとっては、先人の観察・研究結果には本当に頭が下がるんだな。
図鑑をまとめる苦労は、印刷物(本です)とネットの違いは無いと思うので、いつも敬意をもって拝見させていただいております。


スポンサーサイト

2016.05.27 | | コメント(0) | むし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR