ちょっくらセブでダイビング (おまけ1:眼下の虹 空からの風景)


今回の旅では、雨天の中の出発でしたが、空に上がってしまえば雲の上になるので、そこは景色を楽しみました。
景色といっても、眼下に見る雲とか雲の間から見える海、そして船の軌跡なのですが。



南方に行くにしたがって天候もよくなり、彼方には積乱雲が見えたり、島の端では前線による層雲が見えたりで飽きることがありません。

雲

積乱雲が彼方に見えます。


雲

海面の湿った空気の上に、陸地で温まった空気が重なっています。



そんな雲の間に、光による虹が見えたのです。

??
ガラスに光が屈折したのかな?
でも、見る位置を変えても見える。


雲の虹

ああ、これは眼下の雲近くにできた虹をみているのだ・・・

虹が出来る原理からいったら無いとはいえない現象だが、虹は空を見上げてみるものという固定観念からか、不思議な感じである。


雲の虹

時間と共に消えていき・・・ 他の場所にも小さな虹がみえた。
こちらは、雲が霧のようにぼやけて見えるから、そこはきっと雨なんだろう・・・

とても素敵な現象を見ることができて嬉しい。
そう、所謂ところの彩雲を上空から見たようなものに違いない。

・・・だから、やっぱり窓際を選びたいんですよね。

スポンサーサイト

2016.04.26 | | コメント(0) |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR