ダイビングログ 18th.Jan.2014 (その2)


なかなか良い写真が撮れないクマノミ系・・・


カクレクマノミ

ディズニーの映画でも有名なカクレクマノミ。

周知のとおり、イソギンチャク(これはセンジュイソギンチャク)と共生している。

・・・ ここでポイントは、何となくでもイメージして欲しいセンジュイソギンチャクとカクレクマノミの大きさ。
まぁ、カクレクマノミは金魚程度? だから、センジュイソギンチャクの触手は鉛筆より細いって感じ。
(かなり大雑把だけど)



で、イメージして頂いた処で、こちらのナデシコカクレエビ。

ナデシコカクレエビ

まぁ、センジュイソギンチャクの中にクマノミとかと一緒に良く見るエビだ。
透明&小ささ(先のイメージが重要)ゆえに、マクロ撮影が基本なんだ。



それから、アネモネコロールシュリンプ。

アネモネコロールシュリンプ

こちらは、センジュイソギンチャクと同じ種のハタゴイソギンチャク内で撮影。
触手の大きさは同じくらいだから・・・ やっぱりマクロ系。
目が写っているけど判らないだろうなぁ。

こいつはこれでもエビの仲間なんだけど・・・ どうしても観察したり撮影したりするのが正面からばかりで、全体像が判りにくいんだ。


・・・ こんな小さな生き物をイソギンチャクの中で撮っていると、手に絡まるイソギンチャクがチクチクしたりして。

スポンサーサイト

2016.02.01 | | コメント(2) | ダイビング

コメント

おおー、クマノミってけっこう小さいんですねぇ・・・
横にタミヤの接着剤のビン置いてくれたら大きさがわかりやすいかも(笑

2016/02/06 (土) 10:00:38 | URL | きらら #6mhiDe5. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>きららさま

いぁ、クマノミも種類によってですが、大きさが異なりますよ。
カクレクマノミは小さい方かな。
南国固有種のスパインチークなんか、手のひら大の大きさです。
こいつらは、かわいい顔して凄く攻撃的なんですよ。
次回は、セメントのビンを工場から(以下、自粛)

2016/02/06 (土) 21:33:20 | URL | するすみ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR