素敵な冊子をいただく


久方ぶりに遊水地へと出動する。

まぁ、のんびり・・・と、ロケハン的にでもって感じで出かけた。

入り口の土手が綺麗になっていたが、そこでカワセミを見かけた。
しばらく待つものの、結局、他へ行った模様だ。

ふと人の気配に振り返ると、TVカメラ?らしい大型のカメラと三脚を持った3人グループが会釈をして行った。
??どこかの大学かな?と呑気に思う。

鳥の声を頼りにすこし歩き始めて、クイナ?の声に足を止めていた。

そこへ後ろから来た鳥撮りらしい方に挨拶すると、トンボを観に来たという。
もう、シーズン的には遅くないですか?とお聞きすると、大陸からのトンボだという。

??え?
興味があったので、同行させていただくことに。

なんでも先月末に見かけたらしく、当地では初らしい。
で、TVニュースの取材があったとか・・・
オナガアカネというトンボとのこと。

件の場所へ到着して、しばらく二人で気配をみるものの・・・ 残念ながらダメだった。
しかし、鳥や虫の面白い話を聞くことができて、オイラ的にはともて充実した時間。

さらには遊水地の冊子があるからくださると仰る。
ずうずうしいオイラは頂くことに。

小冊子



名刺を頂くと、うわっ!凄い方だ。
鳥撮りの大先輩でもあって、虫撮りの大先輩でもあった。
鳥方面では副支部長!

で、なんでもローカルTV局の取材があったそうで・・・
ああ、そうか・・・見かけた3人がそうだったんだ。

お昼前のニュースとのことで、お帰りになられたが、オイラはカーナビで拝見することに。
おお!しっかりお名前も出ているし、使われた写真は、先ほどオイラが見せて頂いたものだ。
今月中旬位まで見られるかも?とのことだから、来週の休みが楽しみになったぞ。


オイラのようなド素人に丁寧に対応してくださって、本当に嬉しい。
いぁ、オイラが出会った鳥撮りの方は、おしなべて素敵な人ばかりだ。


スポンサーサイト

2015.11.03 | | コメント(0) | 雑談

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR