fc2ブログ

旧車RCカー・イベントに参加した(その4)




去る12/12に開催されました、浜名湖ガーデンパーク・F.O.S. というイベントに初めて参加しました。

本格的なコースを設営して、持ち寄った旧車を走らせます。


オイラが持って行った参加車両を改めてご紹介。
撤収間際に慌てて撮影です。


浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

タミヤ 1/12 ポルシェ934RSRターボレーシング 1976年発売


浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

タミヤ 1/12 ランボルギーニ・チータ 1978年発売


浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

タミヤ 1/10 アウディ・クワトロ・ラリー 1983年発売


浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

京商 1/12 プジョー206ターボ16 1987年発売


元々、イベントの参加を決めてレストアしたランボルギーニ・チータでしたが、結局、お披露目しただけでした。
それでも、十分に満足ですし、何よりこのイベントがきっかけでレストアが出来たことが嬉しい。

そしてタミヤポルシェ934。
20年ほど前に知人からいただいたもので、ボディのみ途中まで組立済みでした。
所謂ところの”お宝”に分類されるのですが、組み立てて走らせたのは頂いた方への気持ちもあります。
(後日、お会いして喜んでくださったのが判って、それも嬉しい)

あとの2台も、持って行くにあたり、メンテをしたりしたので、気持ちよく動くようになりました。



さてさて、次回に向けて、あれこれネタを妄想しております。

やっぱり、ちょい旧車シャシーに最近のメカを載せて走らせ仕様で持って行きたいです。
折角のコースですし、車両の目途もつきますしね。

今回のポルシェ繋がりから・・・ ネタ的にポルシェ縛りとか、NSX縛りとか・・・
特にタミヤからはポルシェ934という車両がシャシー違いで出ていますので、それらを・・・


今回のイベントへの参加に際して、ご協力やご連絡、アドバイス等々いただいた皆様、本当にありがとうございました。
そして素敵なイベントを主催しくださって、ありがとうございました。


(了)


スポンサーサイト



テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

2022.11.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 模型

旧車RCカー・イベントに参加した(その3)


去る12/12に開催されました、浜名湖ガーデンパーク・F.O.S. というイベントに初めて参加しました。


思い思いに走らせられる旧車を楽しんでいましたが、あっという間に撤収の時間。
まぁ、日が落ちる時間も早いですし、暗くなる前には全てを片付けないとね・・・

コース内の走行車両も、一緒に写真を撮らしてもらったブラック・ポルシェのみに。

と、いうタイミングで、ブラック・ポルシェのオーナー、いでらさんから声が!!
一緒に走らせましょうとの嬉しいお誘い。

おお!! このタイミングなら走っても迷惑にならない。
片づけを止めて、電池をセットし、知人に撮影をお願いして操縦台へ。

オイラのポルシェ934の乾電池仕様についても、十分に当時をご存知のいでらさんなら、一緒に走って安心です。



浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

単二電池4本での走行の遅さに、当時を知らない人は、目を丸くします。



浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

オイラのポルシェのスピードに合わせてもらって、ランデブー走行は楽しい。



浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

最後に足元へ到着して、数周の走行は、無事に終了しました。


いや、楽しかった・・・



テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

2022.11.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 模型

旧車RCカー・イベントに参加した(その2)


去る12/12に開催されました、浜名湖ガーデンパーク・F.O.S. というイベントに初めて参加しました。


本格的なコースを設営して、持ち寄った旧車を走らせます。

コースを走るRCカーを観ているだけでも楽しい。
で、コースサイドでのおしゃべり。

オイラの展示品を観て、声を掛けていただいて、話が盛り上がるのも嬉しい


浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

オイラの持って行ったポルシェ934も、RC業界の大先輩のブラック・ポルシェと記念撮影。
いやぁ、当時を知っているオイラとしては、とても感慨深いですよ。



走行プログラム的には、走らせたい人が走らせるというのを基本に、1/12レーシングのタイムアタックとか。
まぁ、走行速度の違いがあるので、それなりのスピードがでる車両(そして操作する腕も)ぢゃないと邪魔になりそうです。

先にも書いたけど、観ていても時間を忘れて楽しいのです。


浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

多分、タミヤのカウンタック(1978年製)。
バッテリーとか最近のものに入れ替えていると思われ、とても速かった。


浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

タミヤのF2マーチ782BMW F-2(1979年製)のランデブー・バトル。
いやぁ、こんなの魅せられたら、オイラも持っているキットを組みたくなります。


浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

前を行くタミヤのTA-02(と思う)アルファロメオ・155 V6 TI(1993年製)を追う、ブラックポルシェ(1977年製)、そしてタミヤがスポンサードしていたロータス102Bジャッド(1991年製)のチキチキ。
RCカーの発売された年代も違うしシャシーも違う、そもそも実車のカテゴリーも違うのだけど、それらが楽しんで走っているのが凄い楽しい。

RCカーならではの素敵な遊びだ!




テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

2022.11.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 模型

旧車RCカー・イベントに参加した(その1)


去る12/12に開催されました、浜名湖ガーデンパーク・F.O.S. というイベントに初めて参加しました。
ざっくり言って、古いRCカーを持ち寄って遊ぼうという感じのイベントです。

知人のツイッターでこのイベントを知って、持っていた古いRCカーをレストアして持って行くことに。

これがなかなか苦労だったりですが・・・


まぁ、そんなコトをも乗り越えて、無事に参加できました。


浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

オイラの展示コーナー。

一番上のオレンジは、タミヤ 1/12 ポルシェ934RSRターボレーシング 1976年発売のRCカー。
中段左は、京商 1/12 プジョー206ターボ16 1987年発売。
中段右に、レストアした タミヤ 1/12 ランボルギーニ・チータ 1978年発売。
下段に、タミヤ 1/10 アウディ・クワトロ・ラリー 1983年発売。

の四台を持っていきました。

スケールモデルの展示会の様に、各RCカーの紹介プレートとか、自分のブログの看板とかも用意したら、ちょっと褒められちって嬉しかった。



浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

集合写真です。
中には”お宝”と言われるものも少なくありませんぞ。



浜名湖ガーデンパーク F.O.S. 2022

コチラ、タミヤの旧車RCカーとか、キットの箱とか・・・ 
持ち寄っての撮影会。
いやぁ、タミヤ一社で、これだけ集まるのは壮観です。
流石は電動RCカーを最初に発売したメーカだけのことはあります。



・・・ あ、会場の全景を撮り忘れ。




テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

2022.11.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント

タミヤRCカー ランボルギーニ・チータ をレストアしてみる(その7)



昨日、目的のイベントに参加してきました。
何とかチータも展示できて、レストアの目的は果たした感じです。
(イベントについては、後ほどまとめるつもりです)


さて、イベントに向けて仕上げを始めたのですが・・・


タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

単三電池の電池ボックスを2個使って、動力用バッテリーケースを作りました。


タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

いぁ、シャシーにシンデレラ・フィットでニンマリします。



タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

更に当時モノの6Vバッテリーの未開封品を発掘。
試しに充電したら、生きておりましたよ。


タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

6Vバッテリー繋いで、試運転したところ、スイッチの端子が赤くなってきて煙も出てきたので、慌ててバッテリーのコネクタを外しました。
バッテリーの変換コネクタのコードも熱で溶け始めて・・・ 危ないなあ。



タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

知人からいただいた他のRCカーに付いていた同仕様の無段変速スイッチは、接点の色が変っておりバージョンアップされているみたいなので、そちらに交換します。


タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

サーボとリンクを繋いで・・ あ、折れちゃった。


タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

折れたアームの前後を入れ替えて、接点の押さえの方を折れた側にしました。
そして組み立てたら、今度は大丈夫です。

単三のニッケル水素充電池が十分な動力源となります。
当時の6Vバッテリーの容量が1200mh、単三ニッケル水素充電池6本が7.2V1000mhといったところ。

スイッチの接点も問題なく、バッテリーおよびコードの発熱もありませんでした。


うん、これでレストア終了だ。

走行はイベント会場でのお楽しみです。


タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

(了)


テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

2022.11.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 模型

タミヤRCカー ランボルギーニ・チータ をレストアしてみる(その6)


シャシーがまとまってきましたので、ボディのレストアに入ります。


タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

当時の中学生が作って遊んだ後に、バットマン仕様に改造されちゃったと聞きました。
ドライバーフィギュアの頭部はバットマンに・・・ 多分、挫けたのでしょう。 無くなっていました。


ボディは、途中の写真を撮っていませんが、バキバキに壊れていたところを無理やり接着した後に、補強の為にプラリペアを流し込みました。
トーションバーの補修では、その材質から使い物にならなかったプラリペアですが、ボディはスチロール樹脂なので効果的に接着でき、ようやくその本領を発揮でした。

ボディを補修した後に、表面の塗装をペーパーで均し、サンド色(イギリス戦車のプラモデルの塗装で使った色)で塗装。
まぁ、つや消しですし、下地の凹凸とか気にしないで進めました。

車内は説明書通りに、車体との境目をマスキングしてからジャーマングレーで塗装。
塗料の漏れはリタッチしています。

ボディのエッヂ部をクリアブラックをエアブラシ強調し、車内の消火器とか車体後部の斧とかを塗装して完成です。


そしてドライバー。

タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

頭部は、以前組み立てたことのある同じスケールのタミヤ1/12ライダー人形を購入して使いました。
結構贅沢しましたが、うまい具合にフィットしてくれていますよ。



タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

塗装したのがコチラ。
まぁ、顔の塗装(特に目)が下手なので、そこはサングラスにします。
ニット帽とツナギの色味を合わせてみました。



タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

ってことで、とりあえず完成です。


実は、走行用バッテリーの問題が残っています。
オイラの持っている最近の7.2Vは、その形状から載らないのです。

当時モノの6Vとその派生の7.2Vは持っているのですが、しっかりとダメになっています。
いぁ、正直なところゴミなんだけど、小唄ときの苦労(小遣いを貯めるとか)を思うと捨てられないの。


さてさて、試走も未だだし、どうしましょうか。



テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

2022.11.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 模型

タミヤRCカー ランボルギーニ・チータ をレストアしてみる(その5)



サスペンションが纏まったので、ラジオコントロール・メカとかを搭載します。

タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

途中の画像がありませんが、モーターと速度調整スイッチを配線して半田付けしています。
もちろん、走行用バッテリーに接続するコネクタもスイッチに配線しました。


で、画像左側のタイヤ(前輪ですが)とモーターのある画像右側のタイヤでツヤが違うのが判りますか?


実は、タイヤですが、保管状態が悪かったらしく、ゴム素材そのものが劣化していました。
変形や細かいひび割れがありったのです。


そのゴムタイヤを少しでも復活させるべく・・・


タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

タイヤの変形は内部にスポンジを短冊状に切って入れました。
これって、2000年くらい以降のRCカーのタイヤでは一般的になっていたのですが、それを流用です。
そして、ゴム素材の接着剤を表面に塗布しました。



タミヤ RC ランボルギーニ・チータ

といった作業をしたタイヤ。
まぁ、ツヤはちょっと不自然ですけど、安心できるレベルに修復できたかと。
(走行については判りませんが)

あ、ホイールは塗装してあります。


テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

2022.11.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 模型

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR