fc2ブログ

ちょっくらダイビング 東伊豆・富戸(その5)


9月に入って、水温も最高潮なので、短いウエットスーツ・シーズンを楽しんできました。



テトラポッドの周りには、小魚の群れが舞っていました。

ネンブツダイ

ネンブツダイの群れです。


あっという間に群れに囲まれてしまったので、慌ててビデオに切り替えて撮影です。

ネンブツダイ




右端に一瞬見切れるのはショップのボス。
撮ったビデオの青被りの調整とかしてみましたが、新しい編集ソフトを使いこなせていないです。
タイトルとか入れたり、フェードイン・アウトが上手く出来たら良さげですね。


ネンブツダイ

水深も浅く、空の青さが目に染みる感じ。
岩の様に写っているのは、しつこい様ですがテトラポッドです。


小魚の群れは、タカベ、タカサゴ、クロホシイシモチ、それにマアジやイワシ、キビナゴもいた・・ らしいです。
いぁ、正直、見分けがつきません。
ネンブツダイって、本記事にアップしているのも・・・ 間違っていたら御免なさい。

あとね、ブリが来たのは判ったんだよ。



そんな小魚と戯れてから、ビーチに戻ります。



ナンヨウツバメウオ

ナンヨウツバメウオの幼魚の群れが海面近くを泳いで行きました。
しっかり逆光なので、影な写真になっちゃいましたが。



最後に・・・
今回のダイビングでは、カメラのフラッシュが焚けないというミスを犯しました。

フラッシュに入れた電池が未充電だったらしく、残量がわずかだったみたい。
カメラのフラッシュと同調して外付けのフラッシュも焚けるのですが、撮っているオイラとしては、防水ケース内で光っているフラッシュが外付けのそれと思っていたという、非常に、その、何だなぁ的なミスでした。
だって、自宅で準備して、試し撮りは光った・・・ ・・ ??? あ、試し撮りもしていなかった。

ということで、フラッシュは焚けなかったですが、撮った生データを補正しまくってのアップロードでした。
そして流石に補正しきれない画像も多々ありました。

ま、そういうコトもありますね。


(了)

スポンサーサイト



テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

2022.09.21 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ダイビング

ちょっくらダイビング 東伊豆・富戸(その4)





9月に入って、水温も最高潮なので、短いウエットスーツ・シーズンを楽しんできました。



目的の場所で、テトラポッドを海中から望みます。

テトラポッド

テトラポッドの上で救命胴衣着けないでの釣りは本当に危ないです。
海に落ちてテトラポッドの間に入り込んだら・・・と思うと、クラクラします。



さて、そんなテトラポッドですが、サンゴがひとつ育っていました。


サンゴ

ショップのボスに教えていただいたのですが、カニが居ます。


トリミングしました。↓

ヒメサンゴガニ

小さなヒメサンゴガニです。
もうちょっと寄れれば良かったのですが、波のうねりもあって体が安定しなかったのです。


と、気が付いたら、周りに沢山の小魚が群れていました。


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

2022.09.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

ちょっくらダイビング 東伊豆・富戸(その3)



9月に入って、水温も最高潮なので、短いウエットスーツ・シーズンを楽しんできました。


1本目が終わって、水面休息。
ランチの前に温泉へ浸かります。

ダイバー用に天然温泉がひかれていて、湯舟は文字どおり漁船を利用しています。
もちろん、露天で、ウエットスーツのまま入れます。

いやぁ、これが気持ちいいの。
天候は曇りでしたが、水から上がっても寒いほどでは無かったけど、それでも温泉は嬉しいです。
この点でもお勧めのダイビングポイントかも。

そしてランチをいただいて、ゆっくり休みました。


そして、2本目。

港の入り口、防波堤外側のテトラポッドの周囲に行きます。
1本目が大深度潜水でしたから、十二分の水面休息&2本目は浅めです。


エントリーして、砂地まで沈降。


ダテハゼ

ダテハゼ

深度7m程度の砂地ではダテハゼの仲間が観られました。
って、ボスにリクエストしたのだけどね。

砂地でハゼを探すのは大好きです。

さらに砂地を沈降し、港の入り口を横切っていきます。


ミノカサゴ

ミノカサゴがコチラに向かって泳いでくるなんて・・・ ちょっと嬉しい。
深度14mってところ。


港の入り口を横切って、防波堤側で少しづつ浮上です。


青い魚を見かけて・・・


ハナハゼ&ダテハゼ

ハナハゼとダテハゼの2ショットが撮れました。
いぁ、これに共生のエビが写っていたら、そりゃ三冠王なのですが・・・


ハナハゼ&ダテハゼ

ハナハゼは南国だと深いところに居いたので、うまく撮れなかった思い出もあります。
ですから、ココまで撮れたら嬉しいところ。


もうね、ココで満足しちゃっていたりして・・・

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

2022.09.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ダイビング

ちょっくらダイビング 東伊豆・富戸(その2)



9月に入って、水温も最高潮なので、短いウエットスーツ・シーズンを楽しんできました。


ヌシのようなウツボを観た一本目の深度30mから、浮上しつつビーチへと戻ります。


その途中の漁礁でミノカサゴ

ミノカサゴ

ココのミノカサゴはなかなか活動的ですし、撮らせてくれますね。


浮上途中の砂地でボスが見つけてくれました。

ベニシボリガイ

ベニシボリガイ。
初見です。

小さい・・・ 石に乗っていたので、その石を持って撮影しました。
オイラの指の大きさと比較してみて、その大きさが判ります。

貝を背負っているようですが、ウミウシの仲間なのですね。
いぁ、カワイイです。

初見の生き物を観られると、甲斐があったもの、と満足しますね。



テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

2022.09.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ダイビング

ちょっくらダイビング 東伊豆・富戸(その1)



9月に入って、水温も最高潮なので、短いウエットスーツ・シーズンを楽しんできました。

ポイントは東伊豆の富戸です。

ココは、ドライスーツの悲しいおもひでがあるところ。
まぁ、今回はウエットスーツだし、特段な問題はないか。


1本目は深度30mのアカオビハナダイを狙います。


地形に沿って潜行していきますが、途中でミノカサゴがお出迎えがあって一緒に泳いだり・・・

ミノカサゴ


そして目的の漁礁に。

って、でっかいウツボ。

ウツボ

ヌシですか?


ウツボ

迫力の大きさです。
・・・ が、写真だと比較対象が無いから判らないかな。


目的のアカオビハナダイさんは、なんかケンカしていたり。

アカオビハナダイ

観ることができて、ヨカッタですが、どうにも上手く撮れませんでした。


現地滞在時間は9分ほどで戻ります。


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

2022.09.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ダイビング

資格取得試験を受けてみた (免状入手)



昨年末に一念発起して、年明けより勉強を開始した資格試験の結果が出たので覚書。


免状が届きました。


免状


8月29日(月曜日)に合格通知の郵便が届き、翌8月30日(火曜日)の午後に県庁へ出向いて申請。

公には2週間かかるとのことですが、昨日9月7日(水曜日)に届きましたので、早かったです。



しかし、国家資格なんですが、ラミネートなのは・・・
いぁ、100歩譲ってラミネートでもいいけど、免状の上下のキリトリ線のミシン目の跡とかが手作業的で悲しい。
持参した写真が普通に挟みこまれているだけだし。
県庁に申請に行ったんだけど、そこで受け付けてくれた係の人が手作業で作っていると思うと・・・

だって、同じ国家資格である運転免許証とか小型船舶操縦士免許証とか、普通にプラスチックカードなんですよ?
何故にこの違い?

偽造し放題・・・って、偽造とかの心配が要らないのかなぁ?


ま、これで自宅の電灯スイッチの交換をはじめとして、電気回路のメンテナンスとかが自前でできます。


テーマ:資格 - ジャンル:就職・お仕事

2022.09.08 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑談

資格取得試験を受けてみた (その4:おまけ)




昨年末に一念発起して、年明けより勉強を開始した資格試験の結果が出たので覚書。


技能試験の結果に後悔が残るものの、結果はOKだったのですが・・・

気が小さいオイラはネットの結果発表が怖くて調べられずで、試験結果の通知が郵便で届くまで忘れたフリしていました。



さて、技能試験がタイムアップした後。

試験終了しても工具をさわっていたり、作成した試験回路をさわっていたら、不正として失格になります。
ですから、オイラは頭の中が自分の作った回路の(間違いではない些細な)ミスを悔やみつつ、失格になるつまらない疑いを持たれない様に両手を机の下、ひざ上に置いていました。

頭の中は後悔と、それを誤魔化す言い訳と、ダメならもう一回のチャンスがあると・・・ ぐるぐる。


と・・・

ぅおぃっ!! そこのっ!!!
今、さわっていたなっ!!!

大きな試験監督官の声。

ひぇ!!

コチラを見てる・・・
オイラの両手は机の下。


指摘されたのは、すぐ後ろの若い受験生でした。
彼は即刻退場で、受験しなかったことになります。

そういえば、左前の若い受験生も未完成だ。


あ、いぁ、オイラも配線が・・・  と、もやもやしつつ帰宅しました。
そして、受験結果が届くまで何かにつけて思い出して、不合格だったら、もう一回・・ モチベーションが下がっていながら、どうしようと、もやもや。



兎に角、合格しました。

素直に嬉しいです。
免状が届いたら、自宅の電気回路の修理が出来ます。

(了)






テーマ:資格 - ジャンル:就職・お仕事

2022.09.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

資格取得試験を受けてみた (その3:技能試験)




昨年末に一念発起して、年明けより勉強を開始した資格試験の結果が出たので覚書。


技能試験会場に入ると、その受験人数にビックリでした。
試験場案内に書かれた受験番号から、1560人ほど。
そして、用意されていた作業机は、まさかの筆記試験と同じで、会場である展示場の備品。
すごく狭っまい。
それに椅子に座っての作業が指定されているので(実はコレを認識したのが前日で、それまで立って練習していました)、動きが限定されるというか、動きづらい気が。

まぁ今更なんで、そこで何とかしないと・・・


試験開始前に、供給された材料の確認があります。
この確認で、出題される問題が判ってしまうのですが・・・  ああ、ネットのアドバイス記事ではハードルが高いヤツ。

餅つけ、オレ。



・・・・ 試験開始


先ずは複線図を描きます。

複線図

この設問に関しては、練習において、複線図を描くのを苦手というか、上手くバランスよく描けないのだった。
どうしても、四路スイッチに接続される配線がジョイントボックスから出ているのが、微妙な表現になってしまうのです。

緊張のせいか、描く線もなんだか・・・ 
とはいえ、焦りつつも5分で描き上げました。



そして、実作業です。

順調に進んで、終了5分前に終わりました。


確認作業を終了時間まで行います。


・・・ 

・・



あっ!!!


四路スイッチの配線がクロスしている。


複線図

うわっ!!!

直す? いぁ、残り時間ぢゃダメだ。
間に合わなかったら、未完成で失格なんだ。


・・・ おちつけ ・・・

回路的には間違っていない。

ただ、見た目が悪いだけなんだ。


他の部分もミスはない。
間違いぢゃ無いから、大丈夫なハズ?



で、タイムアップ。



くそぅ・・・  やっちまったぜ。



テーマ:資格 - ジャンル:就職・お仕事

2022.09.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

資格取得試験を受けてみた (その2:技能試験に向けて)



昨年末に一念発起して、年明けより勉強を開始した資格試験の結果が出たので覚書。


第二種電気工事士受験用テキスト&工具

筆記試験の自己採点と、ネット上の情報から”合格”というコトで、テキストを地元の本屋にて購入し、工具と資材を注文。
工具は持っているモノもあるのだけど、持っていないものを選らんで小唄も、セットで小唄ほうが安いのだな。
まぁ、工具は余分にあっても、問題ないですしね。

ここまでに使った費用は、練習用の材料2回分と工具で、\30.0kオーバー。
それに受験料が\9.3k
テキストとか・・・ もう、後にはひけない状況です。


そして、筆記試験の合格通知&技能試験の受験票が届いてから、仕入れていた技能試験用テキストと技能試験につかう工具と材料との格闘でした。

技能試験は13問から1問が出され、40分で回路を完璧に組立しなければ合格しません。
出題される問題は決まっているので、練習すれば何とかなるとのこと。
そう、あくまで”技能”をテストするのですな。

技能試験の40分をどう使うかってのも、受験テクなんだな。
問題の回路図を実際の配線に倣った図面(複線図と呼んでいます)を5分以下で作成、その後30分で回路を作成して、残り5分で確認&ミスったら処の修正って具合を目指します。


で、実際の道具と材料を使った練習は、仕事から帰ってから行い(残業した日は流石に練習はキャンセル)、他の時間があるときはひたすら出題問題の複線図を時間を計測して作成し、イメージトレーニング(シャドウ配線)をしていました。

実際の練習は13問×2回行いましたが、それ以外にも廃材を使っての結線の練習に必要な”輪作り”とか、電気器具との接続の練習も、都度行っていました。


くり返し練習すると、出題問題内で得て不得手の問題が判ります。
複線図の描きがイマイチだとか、配線の接続が間違っていたりとか・・・

まぁ、最終的には落ち着いて受験する事が最重要と、勝手に思いました。
それに、技能試験は、筆記試験に受かっていれば2回チャンスがありますから、最初はトライって感じで・・・

あ、いぁ、それでも一発合格は目指したいんだ。


テーマ:資格 - ジャンル:就職・お仕事

2022.09.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

資格取得試験を受けてみた (その1:発起~筆記試験)


昨年末に一念発起して、年明けより勉強を開始した資格試験の結果が出たので覚書。

第二種電気工事士 合格通知



事の発端は、自宅リビング電灯スイッチの接触が悪くなったコトです。
スイッチの交換をすれば済む話ですが、コレが資格が無いと出来ないのです。
そこで、電気工事店に依頼したとしたら・・・ たかだか数百円のスイッチの交換ですが、工賃とか出張費とかを考えたら安くはありません。
だったら、自分でできるようになればいいぢゃん、と。

自分の経験値とか、スキルを考えたら・・・ 
工具の扱いは得意だし、電気回路も判る。 勉強も理科・物理は得意だったし、中学校での技術は楽勝だった。
そんなんで、大学では余分に教職課程もとって、高校・工業と中学・理科の教員免許も取ったりしました。

こりゃ、なんとかなりそうな資格かと。
ネットで調べて試験日程を確認したら約半年先なのが判り、独学でトライすることにしたんだ。



資格試験は筆記と技能の二段階。
2回/年のチャンスがあります。

今年の前期日程の筆記試験は5月29日でしたので、年明け時に5ヵ月は勉強する期間がありました。
テキストは2冊購入。
本屋で選んだ1冊目はイマイチの内容でしたので、2冊目にはネットの記事を読んだ上で選びましたが、この2冊目が判りやすく良い本でした。


テキストを読み、例題を解いて・・・ を4月くらいまで。
それから、問題集を購入して、空いている時間に解いていました。

4月末からは、過去問題(試験の主催元のHPからダウンロードして印刷)を使って、時間を計測しながら模擬テスト。
これを過去10年分ほどを2回づつ程度を行いました。
模擬テストは、結構早い時点で75点はとれるようになったのですが、確実に80点は欲しいと繰り返したのです。
過去問題を使った模擬テストは30分~45分/1回を集中して行いますが、それ以外の少しの空いた時間は問題集。
模擬テストを自己採点すると苦手な点が明確になりますので、問題集で苦手な部分を補完することで得点を伸ばそうと。


すごく勉強したように見えますが、受験1ヵ月前の平均で1時間弱/1日程度なんです。
テキストは常に持ち歩いていましたが、受験1ヵ月前までは気が向かないと開かなかったし結構のんびりと勉強していました。


お陰様で、筆記試験は自己採点98点。
ただ、この点数は発表されずに合否のみ。

合否はネットで検索できましたので、通知が来る前に技能試験用の工具と練習用資材を手配。
筆記試験の合格通知は、そのまま技能試験の受験票でした。




テーマ:資格 - ジャンル:就職・お仕事

2022.09.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR