fc2ブログ

ハセガワ 1/72 ジェットビートル を9年越しで作る (その2)



前回のブログに書いた内容は9年ほど前のこと。
それから、南国に赴任したり、帰任しても心の戻りが悪かったりで、模型製作は放置していました。


で、再開したのですが・・・
なかなか工作の手順がイメージできないとか、塗装設備とか塗料とかのメンテが必要でした。


ハセガワ 1/72 ジェットビートル

まぁ、何はともあれコックピットを塗装して機体内に設置します。
塗装は説明書に沿っています。


ハセガワ 1/72 ジェットビートル

コックピット内にデカールも使いましたが、台紙からの剥がれが悪かったり、切れちゃったり・・・ 
どうにも、使い勝手が悪いです。


ハセガワ 1/72 ジェットビートル

塗装したコックピットを機体の上下で挟み込みます。



ハセガワ 1/72 ジェットビートル

ハセガワ 1/72 ジェットビートル

機体の上下を接着して、段差とかをパテで埋めます。

これがなかなかサンディングの感覚もイマイチだったり、パテの量とか質とかも9年越しのクオリティでした。、

パテは9年前に使っていた、タミヤの白パテを溶剤で溶いたもの・・・ いぁ、固いプリン程度に固まっていたものに溶剤を入れて溶かして使いました。



スポンサーサイト



2019.05.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 模型

ハセガワ 1/72 ジェットビートル を9年越しで作る (その1)


気持ちが戻ってきたので、少しづつプラモデル制作を再会。

で、かなり昔に手を付けて止まっていた ハセガワ 1/72 ジェットビートル を完成させようと作業を始めました。



ハセガワ 1/72 ジェットビートル

左側に京商のミニッツが写っていますけど、データの日付をみたら2010年6月でした。
あらあら、9年ほど前ですね。

部品点数も少なくて、サクサクと形になったのですが・・・



ハセガワ 1/72 ジェットビートル

流石ハセガワさん、翼端をとても薄く作ってあったようです。
輸送時の問題なのか、他の問題か判りませんが、その翼端がひしゃげていました。
折角のシャープさが台無しです。


で、その部分を削って、プラバンを貼って成型します。


ハセガワ 1/72 ジェットビートル

左右の主翼端。
白いトコロがプラバンです。

ハセガワ 1/72 ジェットビートル

ハセガワ 1/72 ジェットビートル


まぁ、上手く成形できたんぢゃないかな、と。
元のプラスチックとプラバンとのつなぎ目が塗装したら細い線として出ないかが、ちょっと不安ですが。




2019.05.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 模型

テントウムシの観察



先週の金曜日に、昼休みの散歩中に見かけた。



テントウムシ

テントウムシのサナギの様です。
幼虫からサナギはほとんど変体しないのですが、どうみてもテントウムシの成虫と似ても似つかないです。



それから、羽化するのを毎日楽しみにしておりました。



そして、今週の木曜日。


テントウムシ

おお! 羽化しています。


テントウムシ

ナミテントウの仲間のようですが、まだ翅も固まっていないみたいで、ちょっと皺がみえます。


テントウムシ

飛ぶかも!と思ったんだけど、飛びません。



そして金曜日。

テントウムシ

残っていた抜け殻です。
無事に飛び立ったんでしょうね。


一週間、楽しませてもらいました。



2019.05.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | むし

第58回静岡ホビーショー に行って来た (その7)




今年も模型の祭典が行われましたので行ってきました。

全国にある(いぁ、世界的にだな)模型クラブが一堂に介しての展示会。
ココまでの規模は他には無いです。

全部は見きれませんでしたが、覚書的にオイラの気になった作品とか・・・



第30回合同展

SFキットの秘密基地。
その昔、プラモデルメーカーはオリジナルのSFメカを製品化しており、当時の少年たちの憧れの品でした。
そして今日、大人になっちゃったけど当時のキットを組み立てたり、レストアして楽しむオヤヂたちも。
で、少年たちには真似できない技術を持って作った展示用の秘密基地です。
モーターでエレベーターが動いたり、整備場からマシンが移動したり・・・
当時、オイラなんかが妄想していた憧れの基地が作られていました。

何が素敵って、そういうバックグラウンドを知らない若い人が、基地のスイッチを押して動くさまをみて楽しそうにし笑顔になっているのですよ。
特撮番組が無くならないわけです。
だって、ワクワクしますもの。



第30回合同展

知り合いの原型師の作品。
えっと、キャラクターは判らないのですが、作者の技術は素晴らしいです。
ワンフェスとかで見かけたら、即買いですよ。
オイラはなかなかチャンスが無くて、残念ながら手に入れていないです。



第30回合同展

むろみさん。
いぁ、大好きなマンガ(アニメにもなった)キャラクターです。
後ろの方には、マンガの原作者の色紙も展示してありました。
多分、個人的に作って複製したのでしょうね。



第30回合同展

ロータスヨーロッパS1
地面がランニングマシン見たく動いて、走っているような演出をします。
なにより、車種選択が渋いです。



第30回合同展

今年も陸上自衛他の展示がありました。
奥の左は16式機動戦闘車、奥の右が89式装輪装甲車です。
広報活動とはいえ、こういう車両が身近に見られるのは嬉しいです。


なかなか一日では見きれないホビーショーでしたが、今年は例年以上の人出かと感じました。
学生招待日とかもあったようで、TV等での報道も例年以上だったからかもしれません。
多くの人が来場してくれるのは、いち模型ファンとしては本当に嬉しいです。
反面、じっくりと新製品や合同展の作品が見られないのが残念でもあります。


何だかんだ言っても、来年もたのしみです。


(了)



2019.05.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント

第58回静岡ホビーショー に行って来た (その6)



今年も模型の祭典が行われましたので行ってきました。

全国にある(いぁ、世界的にだな)模型クラブが一堂に介しての展示会。
ココまでの規模は他には無いです。

全部は見きれませんでしたが、覚書的にオイラの気になったジオラマ(情景作品)とか・・・



第30回合同展

ワイルドリバー・荒川さんの作品。
毎々素晴らしい作品でとても著名な方なんですが、とてもフレンドリーにご自身の作品を解説してくださいます。

いぁ、ガンダムの中でもちょっとキワモノ的(すみません、でもオイラは好きな機体)なゾックを、整備ドックの情景に仕上げています。
実はゾックの後方からはシャアが・・・ 写真上手く撮れませんでした。


第30回合同展

先の写真は特撮っぽく撮れましたが、外観はこんなボックス型です。
全周から覗いて、全てが見所ですよ。



第30回合同展

スターウォーズ ホスの惑星の情景。
こちらもボックス形状で、撮影するだけで、臨場感あふれる特撮写真が撮れます。



第30回合同展

1/35ミリタリーミニチュア M40ビッグショットの情景。
ううむ、朝鮮戦争の情景だけど・・・ このマークはタミヤのキットには入っていないよな。
ドラゴンからの移植か自作かペイントか?と。
次弾装填中の緊迫感ある情景です。



第30回合同展

自作(フルスクラッチ)の1/48スケール イ号400の環境付近の情景。
タミヤの1/48晴嵐だと思うけど、それに合わせたスケールでしょう。

晴嵐を収納している潜水艦の格納庫から今まさに引き出し始めているところでしょうか。
当時の日本の技術は本当に凄いと思います。
潜水艦に飛行機を収納するというSFっぽいことを実際に作って運用しちゃっているんだもの。
その飛行機がどう折りたためられて収納されていたかが分かる作品。
これは博物館収蔵品的ですよ。

2019.05.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント

第58回静岡ホビーショー に行って来た (その5)



今年も模型の祭典が行われましたので行ってきました。

全国にある(いぁ、世界的にだな)模型クラブが一堂に介しての展示会。
ココまでの規模は他には無いです。

全部は見切れませんでしたが、覚書的にオイラの気になったものとか・・・



先日、タミヤから発売になったアメリカの空挺戦車・シェリダン。

早々に作品に仕上げた猛者がいらっしゃいましたよ。


第30回合同展


第30回合同展


第30回合同展


第30回合同展


第30回合同展


飛行機で空輸できる戦車で、その為にアルミニウム合金の車体で軽く作られ、大砲はミサイルも打つことができるという・・・
スタイルも未来的な戦車でした。

同じタミヤのキットを作っても、それぞれが違うように見えます。
オイラが小学校の頃は、プラモデルは誰が作っても同じものになるからダメだ、とか言われたなぁ。
でも、プラモデル自体は単に素材なんだよね。

そして今、子供たちにモノづくりの楽しさを教えたいとかって、県知事が言っちゃうんだもの。
プラモデルとか模型がフォーカスされるのは嬉しいけど、今更なに言ってんだよって、ちょっと複雑なところ。


あ、最後の一枚は、ジオラマの大御所で世界的に有名なヤマタクさんの作品です。
ブレブレの写真で、すみません。


2019.05.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント

第58回静岡ホビーショー に行って来た (その4)



今年も模型の祭典が行われましたので行ってきました。

全国にある(いぁ、世界的にだな)模型クラブが一堂に介しての展示会。
ココまでの規模は他には無いです。

全部は見切れませんでしたが、覚書的にオイラの気になったものとか・・・



第30回合同展

目についたコンテナ船。
いぁ、普通にコンテナ船ってば地味なんだけど、カラフルに(実際は地味カラーかと思いますが)コンテナを塗り分けて(大変な作業だったと思います)すごくセンス良くまとめてあります。
小ネタも仕込んであるとのこと。
輸送が大変だったろうな・・・ 


第30回合同展

コンテナ船と同じ作者の作品。
標本のように素敵に纏まっています。
オイラはこういうの好きです。
くそぅ、センスあるなぁ・・・



第30回合同展

ガンダムからのフィギュア。
アニメの作中の雰囲気がすごく伝わる作品です。
実は展示台というかバックもしっかり関連つけてあります。
素晴らしい!



第30回合同展

雑誌にも掲載された16式機動戦闘車の情景。
中身も見せて頂いて、作者の方に丁寧に説明していただきました。 (多謝!!)
光りモノはオイラも好きなんですよねぇ。

あれ? なんかエイリアンが襲っている様な・・・ 


第30回合同展

16式と同じ作者のグレンラガン。
腕のドリルが回っていました。
うん、シャッター速度が遅くなったせいで、良い感じの光線になりました。

そうえいば、ワンフェスで買ったヨーコのフィギュアがあったなぁ・・・



2019.05.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント

第58回静岡ホビーショー に行って来た (その3)


今年も模型の祭典が行われましたので行ってきました。

覚書的にオイラの気になったものとか・・・



さんけい ロボット兵

”さんけい”さんのブースで見た、ラピュタのロボット兵。
これ以外にも宮崎アニメのキャラクターとかドラえもんとかがペーパークラフトキットで展示されていました。
このロボット兵は紙を積層して作るようです。

肩のコケとかの雰囲気がイイですが、着色済みだったら素敵。
ううむ、一度は作ってみないと。



童友社 ニューゴッドフェニックス

童友社さんのニューゴッドフェニックス。
Gメカとかガッチャマンの同スケールフィギュア付きです。
オイラ的にはガッチャマンはツボだけど、やっぱり一作目のゴッドフェニックスが欲しい。



マックスファクトリーさん

マックスファクトリーさんのフィギュア。
オイラの指と比較してくださいませ。
小さいのに凄い出来です。
塗装された方の技術も凄いですけど・・・ 
これって、簡易インジェクションの様なランナー&部品配置で、気になります。



ファインモールドさん

ファインモールドさんのブースで見かけたキャラクター。
すみません、判りませんです。
女の子キャラは販売に結び付くのでしょうかね。



プラッツ 1/72 T-1Aジェット練習機

プラッツさんのT-1Aジェット練習機。
1/72スケールってのも素敵。
ただ、ちょっとお高こうございますですよ、奥さん。


2019.05.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント

第58回静岡ホビーショー に行って来た (その2)



今年も模型の祭典が行われましたので行ってきました。

覚書的にオイラの気になったものとか・・・



フィギュア

モデルアート誌さんのブース内に並びで展示されていたフィギュアです。
水性塗料のPRの様ですが、その質感には驚きです。


フィギュア

同じフィギュアですが、塗装だけでこんなに違います。



プラッツさんのブースで見かけたもの。


レベル・スタートレック

スタートレック関連のキットは幾つか持っていますが、レベルのTV版は持っていないなぁ。
って、コレって音と光のギミック付きでやんの。
欲しい。



巨大生物の島

ドールホビー?の「巨大生物の島」だな。
うひひ、こういうのも好き。
ちょっと寄って撮ってみたけど、こういう見方なんだろうな。



ビーバーコーポレーションさんのブースで見かけたエンジン。


R90エンジン

1/2スケールのBMWボクサーエンジン(オートバイのだ)のキット。
モーターライズって書いてあるから、ピストンとかギアが動くんだよ、きっと。
ああ、ボタンを押してのラベル見逃した。
くそぅ、価格も凄いなぁ。



2019.05.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント

第58回静岡ホビーショー に行って来た (その1)


今年も模型の祭典が行われましたので行ってきました。

覚書的にオイラの気になったものとか・・・


タミヤ フンメル

先ずはタミヤ1/35ミリタリーミニチュアシリーズのフンメル。

この150mm榴弾砲がとってもナイスなギミックでした。
ムービーはタミヤさんの公式ツイッターアカウントで見つけました。


タミヤ フンメル

もちろん、フィギュアも良い感じですよ。
後方支援の車両ですから、こういうシチュエーションはいいですねぇ。



アオシマ US-2

アオシマの1/44海上自衛隊救難飛行艇US-2試作機。
カッコいい!! 大きさといい、雰囲気といい、コレは欲しいです。
まぁ、価格は仕方がないですかね。



バンダイ 新シリーズ?

バンダイがガンプラじゃないアイテムを全面押しでした。
えっと・・・ アニメのキャラじゃない様ですけど、オリジナルなのかな?
とすると、版権モノからの脱出?



AFVクラブ アキリーズ

AFVクラブの1/35アキリーズ。
タミヤからも6月1日に発売するとのアナウンスがありましたし、もちろん展示されていました。
何かスマートな感じ ・・・オイラ的にはタミヤのアキリーズの方が好みだな。
まぁ、ここら辺は個人の嗜好で、異性の好みみたいなもんだからな。



2019.05.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR