RC カーレースに参加


今日はラジオコントロール・カーのレースに参加した。

会社の有志が企画したイベントだ。


まぁ、オイラの結果としては、参加者の真ん中くらい。
そんなモンだな。


ラジオコントロール・カー

だって、オイラのマシン・エクイップメントってば、既に型落ちもいいところ。
車体、電池、モーター・・・ もうね、時代は変わっちゃたんだよ。

とはいえ、やっぱり面白いな。



優勝記念撮影


そうそう、オイラとオイラのスタッフが参加したチームが耐久レースで優勝しちゃいました。
耐久レース用に用意された車体・電池・モーターが、とてもナイスでした。
まぁ、オイラ達はホンの少し協力した程度ですけどね。

でも、素直に嬉しい。


スポンサーサイト

2016.10.30 | | コメント(0) | 雑談

ちょっくらダイビングへ(おまけ)


休みが取れたので、ちょっくらダイビングへ行って来た。


ブログネタでちょっと面白いものを見かけたのでご紹介。


成田で観た若人

出国審査で見かけたグループ。

審査終了後に被り物をかぶっていたので、声を掛けて撮らせてもらう。
SNSにアップしていいか聞いたら、顔出しOKとのこと。
すまん、3週間経ってしまいました。

何のために被っていたかは聞きませんでしたけど・・・ 何となく察し。
頑張れ、若人。



見慣れた南国の風景から・・・



Tシャツ屋

Tシャツ屋。
安いんだよね・・・ほんと。


フルーツステーション

フルーツステーション。
まぁ、どちらかというと観光向け?
でも、マンゴーとバナナは泣きたくなるほど美味しい。


レチョン屋

レチョンの屋台。
豚の丸焼きを切り売りしている。
南国では高級料理なんだ。
まぁ、犬が居ても気にしない、気にしない・・・


トロトロ

トロトロ。
南国の大衆食堂。
今回は機会が無かったけどオイラは結構OKだし、食器とか気にならなければ美味しいよ。


朝食

朝食に買ってきた、セブンイレブンのサンドウィッチとミルクティ。
まぁ、機会があったらチャレンジしてね。
オイラは問題ないけど・・・ へへ。



最後に、空港で買ったSIMについて。

ちゃんと対応してくれて問題ないが・・・ G4対応っていう事だったんだけど、オイラが居た界隈にはそもそもG4の電波が飛んでいなかったりして。 
とはいえG3回線で問題ありませんでしたけど。
オイラの使い方だと、SIMをP40で買って、P100のプリペイドでも十二分なんだ。
ということで、この差額P160(500円ほど)をどう考えるか、だな。
まぁ、南国のインフラ・・・ まだまだ日本とは異なるので、実際のところを見極めた方が良いかもね。


さてさて、小遣いを貯めて、また行こうかな。








2016.10.29 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらダイビングへ(その10)


休みが取れたので、ちょっくらダイビングへ行って来た。


ボスに迎えに来てもらって、空港へ行く。
チェックアウトが4:10AM過ぎだから、少し遅い。(フライト時間5:50AM)
早く起きたんだけど、やっぱり荷造りが・・・

で、空港へは4:30AMに到着。
いぁ、昼間なら下手したら1時間かかるんだよね。

ボスに再会を約束してチェックインカウンターへ。
チェックイン開始時間を30分過ぎているので、他の乗客は既にいない。

ここの空港はチェックインカウンター前にセキュリティがあり・・・
めんどくさいので、財布、時計、携帯は外さずにゲートをくぐったら、アラームで止められる。
他の乗客はがいないせいか、暇を持て余したガードに突っかかられた。

財布と時計を見せて、ハンディチェッカーでチェックを受ける。

・・・これは? 携帯電話?
スマホを見て言う。

そうだよ。

・・・写真撮れるのか?

おお!こうやって・・・ 
一緒に撮ろうぜ!

Air Port


撮った画像を見せたら、喜んでいた。

で・・・聞いてきた

・・・お前の女房はフィリピン人か?

なんで?

・・・英語、上手いから。

なんでやねん。


Air Port


それから、チェックイン・カウンターにて・・・


Air Port

飛行機は混んでいる?

・・・少し

・・・あなた、英語しゃべれるの?

あ、ガマイな・・・

・・・あら、ガマイなの? 大丈夫よ。

ああ、ありがとう・・・

荷物にラベルを貼る男性スタッフがビサヤ語にウケていた。



空港使用料を払って、出国審査へ・・・

あら、なんか新たなゲートが。



おお!電子ゲート!って・・・ 人件費が安いこの国で必要?
しかも中途半端な場所。
なんで、エアチケットとか空港使用料とか、また確認すんのかなぁ・・・

でも、なんかウキウキして入力して通過。

周りにいた女性スタッフに・・・

何時から、このゲートできたの? この前来た時には無かったよ。

・・・先月よ。(かなりドヤ顔)

凄いな! 写真撮っていい?

・・・もちろん!(満面の笑顔でどやっ!って)


Air Port

なんだかなぁ・・・撮らせていいのか?ここ。



で、最終(出国審査前)のセキュリティチェックゲートが。

今度は時計、携帯、財布を出して・・・ ノーアラーム。

・・・ あ、水の持ち込みダメよ。 バッグあけて。

え?いぁ、前は良かったじゃん?

・・・ でも、決まりだから。

しょうがねぇなぁ・・・

カモと思われたのか、暇そうなスタッフが寄ってくる。


そして、バッグを覗き込む男性スタッフ。

・・・ 何が入っているんだ?

ああ、ダイビングのカメラだよ。

・・・ 見せてくれる?

いいよ、ホラ。

・・・ おお!凄いなぁ。 防水だろ?

まぁ、深度40mまだOKだから。

・・・ 撮れる? 撮っていい?

あ、まてまて・・・ それなら、コッチのカメラがいいから。
撮影して画像を見せる


Air Port

・・・ うぉ!凄いなぁ。

喜んでもらえるのはいいけど、なんだかなぁ・・・


Air Port

で、そこの偉そうな女性に・・・

ねぇ、水、持って行っていい? 1本だけだからさぁ・・
(実は2本持ち込もうとしていた)


・・・ まぁ、いいわ。 でも、絶対に内緒ね。

さんくす!

フレンドリーなのはいいし、オイラは得したけど、なんだかなぁ・・・


ホント、空港すらもエンターテイメントな国だ。


朝食

今回の朝食は、ドーナツと甘いお茶。


で、無事に帰国しました。

(了)

2016.10.27 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらダイビングへ(その9)


休みが取れたので、ちょっくらダイビングへ行って来た。


ホテルに戻って、機材を整理。
バスタブにお湯を張って、カメラ・フラッシュ・ダイコンの塩抜きをする。
それから、オイラも湯船につかって塩抜き。

ウエットスーツとか部屋干しして、塩抜きしたカメラとかをタオルの上において自然乾燥。

ちょっと昼寝したら、夕食の時間になり、ダイビングショップのボスのお誘いで、他のゲストとの夕食に合流する。


Party

ショップのスタッフも交えて楽しい夕食でした。
うむ、AAバーベキューは安定の美味しさだし、敷居が低いのがイイ。


ホテルに送ってもらって寝る。
(朝3:30起きだからな)

2016.10.26 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらダイビングへ(その8の①)


休みが取れたので、ちょっくらダイビングへ行って来た。


二日目2本目(ラストダイブ)の続き


Decorator crab

Decorator crab  デコレータークラブ・・・ って英語の図鑑。 深度11m
クモガニの仲間の様だ。
つまり、身を隠す為に色々と体につけているんだけど、コイツは?
何処にいるかわからないよね。



なんかアホなオブジェ

なんかアホなオブジェ。 深度4m
オイラが生活していた時には無かった。
K国人が勝手に置いたらしい。

で、体験ダイビングとかで彼らは記念撮影する。
なんだかなぁ・・・ 悲しくなる。



ヒトデヤドリエビwithマンジュウヒトデ

ヒトデヤドリエビwithマンジュウヒトデ

ヒトデヤドリエビwithマンジュウヒトデ 深度4m
マンジュウヒトデを見つけたら、先ずは拾ってエビを探します。
まぁ、結構な確率で見つかるので嬉しいトコロ。
こういう共生している生物は宿り主の色に寄り添うので・・・
このエビとアオヒトデに共生したエビの色の違いを観察するのも面白いです。


ウミヘビ

ウミヘビ・・・ アオマダラウミヘビかクロガシラウミヘビか? 深度4m
頭が出てこなかったので判らない。
ただ・・ かなりヤヴァイ奴なのは間違いない。
それを引っ張り出そうとしていたオイラはバカです。 

エアが残っていたけど、体が冷えちゃって(水温は低くは無い30℃だ)参ったのでエグジット。

最大深度21.6m 63分 残圧70でした。

さてさて、今回も2日間4ダイブで終了。



EGIリゾート

オイラが泊まっているホテルを海から臨む。
いつもと違って、ちょっとリッチな気分?
この海と空がとても素敵だ。


ハドサンビーチ

そしてビーチへと戻る。

ダイビングショップで昼食とビールを頂き、ログ付けして終了。
なんか寂しくなる瞬間だ。



2016.10.25 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらダイビングへ(その8の①)


休みが取れたので、ちょっくらダイビングへ行って来た。


二日目2本目はマクタン島にもどって、マリンステーション。

ここは、オイラの大好きなニチリンダテハゼが居るポイント。
もちろん、ガイドのスタッフにリクエストだ。
まぁ、潜れば地理感(?)あるから、見つけられるとは思うけど。


トサカリュウグウウミウシ

トサカリュウグウウミウシ

トサカリュウグウウミウシのペア 深度19m
エントリーしてドロップオフを一気に降りたところで、ガイドのスタッフが見つけた。
オーバーハング部なので、取り付く島もなく中間浮遊で撮影。
うむ、少しは上達しているかな。
フラッシュを外してライティングを工夫したり・・・ 


バブルコーラルシュリンプ

バブルコーラルシュリンプ 深度20m
この風船みたいなのも珊瑚の仲間。
で、エビが共生しているのだが、なかなか・・・
一応、写っているんだけどね。


ニチリンダテハゼ

ニチリンダテハゼ 深度19m
ここのポイントに潜ったら、コイツでしょう。
共生しているコシジロテッポウエビといっしょに撮ることができた。
・・・ でも、イマイチの解像なんだ。 ううむ、折角の機会なのに。


ハナミノカサゴ 

ハナミノカサゴ 深度18m
おお!今回は、良い角度で撮れてたのが2度目だ。
深度があった&岩のオーバーハングの下で暗いが、良い具合にフラッシュが当たってくれた。
取り付く場所も無かったので、これもちゃんと中間浮遊で・・・ まぁ、疑似無重力状態なんだよね。


ハナミノカサゴ

もう一匹いたので、下から・・・


ニチリンダテハゼ

再度、ニチリンダテハゼ 深度18m
先のヤツとは違う場所。
赤いのはオヨギベニハゼ・・・ でも、コイツ等もまともに撮影したことないなぁ。
岩陰とかに普通にいて動かないから簡単に撮れそうなんだだけど、暗いところ&小さいせいかダメカットばかりだった。


2016.10.24 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらダイビングへ(その7の②)


休みが取れたので、ちょっくらダイビングへ行って来た。


二日目1本目の続き。


ミゾレウミウシ

ミゾレウミウシ 深度15m
今回はミゾレウミウシ祭りです。
ここでは2匹いたんだけど、フラッシュの当て方とか工夫した割には、これが一番まともな写真でした。


ナデシコカクレエビとコロールアネモネシュリンプ

ナデシコカクレエビとコロールアネモネシュリンプ 深度15m
コロールアネモネシュリンプは大中小と3匹写っているけど、判るかなぁ・・・


アヤコショウダイ

アヤコショウダイ 深度8m
沈船ポイントに多くいたんだけど、今回はこちらで多く見られた。
まぁ、海はつながっているからな。


マトフエフキ

マトフエフキ 深度6m
ちょっと悩んだけど、縞模様の中に黒い大きな的模様がみられるから。


オオアカホシサンゴガニ

オオアカホシサンゴガニ 深度5m
名前の通り、珊瑚の中に生息している。
・・・ だから、見つけても写真を撮るのが、マズ出来ないんだな。
コイツはお亡くなりになっていたものをガイドのスタッフが見つけてくれたものです。(合掌)


クラカオスズメダイ

クラカオスズメダイ 深度5m
いぁ、スズメダイの仲間ってのは判るけど・・・ 調べるのに、英語の図鑑で英名を調べて和名をググるとか。


ミカヅキツバメウオの幼魚

ミカヅキツバメウオの幼魚 深度4m
結構人馴れしていて、逃げなかった。
バナナを持ってくればヨカッタと・・・


ニセクロスジギンポ

ニセクロスジギンポ 深度4m
岩の穴からちょっと出ているトコロが可愛い。
時折、空き缶や、鉄パイプとかに隠れて顔を出していることもある。
目の後ろのラインから、ニセ・・と判断。


モンハナシャコ

モンハナシャコ

モンハナシャコ 深度5m
ガイドのスタッフが見つけて、オイラも一緒に穴から誘い出したんだ。
久方ぶりにみる。
コイツってば、はさみで凄い強烈なパンチを出すのだよ。
シャコだけど、美味しいかどうかは不明。
一枚目が正面から、2枚目が後ろから。


潜水時間70分 エアー残圧50でした。


・・・ ボスはスタッフに90minダイビングだからなって、伝達していたんだけどね。
   ガイドのスタッフは判っていて、若干深く潜ってエアを消費させてくれたんだな。
   まぁ、寒くなったこともあるけどね。(負け惜しみ)

2016.10.23 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらダイビングへ(その7の①)


休みが取れたので、ちょっくらダイビングへ行って来た。


二日目1本目は昨日と同じオランゴ島だけど、更に南のポイントだ。



アーグスコメット

アーグスコメット(だと思う) 深度14m
タナバタウオの仲間、シモフリタナバタウオと同じような・・・
正直、違いが良く判らないけど、斑点の並びがライン状に見える(気がする)から。

アーグスコメット

背びれ、腹びれと尾びれの広がりが特徴的です。


タテヒダイボウミウシ

タテヒダイボウミウシ 深度17m
地味なイボウミウシの仲間でも、派手な・・・



SoftCoral Ghostgoby

SoftCoral Ghostgoby

SoftCoral Ghostgoby

SoftCoral Ghostgoby(和名が見つからなかった) 深度20m
まぁ、ガラスハゼの仲間かと。
ガイドのスタッフが見つけて教えてくれたが、かなり撮影が難しい。
フラッシュの当て方とか、調整したけど・・・ 逃げるし・・・ 小さいし・・・ 老眼にはきつい。


イソギンチャクカクレエビ

イソギンチャクカクレエビ 再び 深度20m
これって、ちょっかい出すのはいいけど、下手するとイソギンチャクがエビを絡めちゃったりして・・・


ハナミノカサゴ

ハナミノカサゴ 深度18m
コイツらってば、カメラ向けると絶対にそっぽ向くのだけど・・ コイツはいい奴だな。
ここまで図鑑的に撮らせてくれるのは珍しいぞ。


ヒトデヤドリエビ

ヒトデヤドリエビ 深度18m
アオヒトデと共生しているのは初めて見ましたよ。
ガイドのスタッフが教えてくれなければ見逃していました。


ヤマブキハゼ&コシジロテッポウエビ

ヤマブキハゼ&コシジロテッポウエビ 深度22m
おお~今回2度目。
ヤマブキハゼってば、結構のんびり屋さん?
実は結構好きなハゼだったりする。
このダイブの最大深度で撮影。


2016.10.22 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらダイビングへ(その6)


休みが取れたので、ちょっくらダイビングへ行って来た。


ホテルに戻って、ちょっと休んでから・・・ ほら、やっぱりリゾートなんだから、とプールへGO!

流石に日が陰ってからが本番のこの国だ。
(いぁ、昼間は暑いからって・・・)

EGI リゾート


で、少し泳いでプールサイドでのんびり。


EGI リゾート

気が付きゃ、日がとっぷり暮れていた。



それから旧いローカルの友人と数年ぶりに夕食に行く。

ホテルに来てもらって、ジプニーで・・・ 近くのGold Mangoへ。

ゴールドマンゴー

昔来た時と少し変わった雰囲気は、資本がK国系に代わったっぽいからか。


クリスピーシシグ

ハンバーグ

クリスピーシシグとハンバーグステーキ、そしてガーリックライスを注文してシェアしていただく。


・・・ なんか、味が落ちている。
折角の会食だったが、少し残念。
まぁ、ローカルにしたら、こういう店は来ることないから喜んでいたようだ。
それに、本当に久しぶりにだったので、思い出話からお互いの近況と話ができて楽しいひと時でした。


帰りはジプニーが捕まらず、声を掛けてきた観光客相手のトライシクルでホテルへ送ってもらう。
ちなみに行きは7Peso/ひとり、帰りは15Peso/ひとり だ。

で、明日もダイビングだし、早めに寝る。


2016.10.20 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらダイビングへ(その5の②)


休みが取れたので、ちょっくらダイビングへ行って来た。


カクレクマノミ

カクレクマノミ

カクレクマノミ

カクレクマノミ 深度10m
意外とちょこまか動くので、フラッシュ焚いてもシャッター速度が遅くて被写体ブレするんだ。



サラサハゼ

サラサハゼ 深度4m
うわぁ、手前にビニールゴミが・・ 
左上はセイテンベラの幼魚。


デバスズメダイ

デバスズメダイ 深度4m
ううむ、やっぱり好きな画です。


シノビハゼ属の一種1

シノビハゼ属の一種1 深度4m
かわいい・・・

ヤエヤマギンポ

イグジット前に撮影したヤエヤマギンポ。深度3m
ギンポの仲間は顔が面白いので好きです。
・・・ さて、何処にいるでしょうか。


潜水時間61分、エア残圧100 でした。



マクタン島

マクタン島のビーチへ戻る時の風景


マクタン島

とてもドラマチックな空模様だ。
こういう空を見られるのも、ココならでは。
で、オイラは好きなんだな。

セブ本島のマンダウェあたりが雨だとばかり思っていたが、戻って聞くところによるとマクタン島の北側も雨だったらしい。


2016.10.19 | | コメント(0) | ダイビング

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR