ちょっくら総火演へ行ってきた(その3)


ちょっくら「平成29年度富士総合火力演習」に出掛けてきたので、見たものから・・・


UH-60J ブラックホーク

UH-60J ブラックホーク
ヘリのローターのブレ具合といったら、この位あると動きが感じられる・・・

でも、ホバリングしているから撮れたってところだ。
だって、この後の飛翔し始めるところでは、機体がブレブレ。
所謂ところの流し撮りは、本当に難しい。



中距離多目的誘導弾

中距離多目的誘導弾

3連装の全てを発射してくれた。


中距離多目的誘導弾

2発目


中距離多目的誘導弾

3発目





120mm迫撃砲

120mm迫撃砲は発砲炎が写っていて、あら嬉し。


スポンサーサイト

2016.08.30 | | コメント(0) | 雑談

ちょっくら総火演へ行ってきた(その2)


所用があって、ちょっくら「平成29年度富士総合火力演習」に出掛けてきた。


で、いつもの様な時系列はやめて、装備品毎にまとめようかと・・・ 


最初は、攻撃ヘリ AH-64D アパッチ・ロングボウ


AH-64D アパッチ・ロングボウ

ヘリの撮影は、ローターがブレて機体がブレないのが理想なんだけど・・・
もう少し、シャッター速度を遅くしたい感じ。


AH-64D アパッチ・ロングボウ

ローターの軌跡から空気の湿度が高いのが判る。
殆ど水滴な?って感じ。
直前練習の時の天候の悪さが判る。

で、機関砲を撃っているのだけど・・・ 排出された空薬きょうが写っている(リサイズしているから見難いかな)


AH-64D アパッチ・ロングボウ

本番でも、練習時と殆ど同じ位置に停止しているが、印も無い空中だから・・・ いぁ、電子装備があったとしても凄い。
そして、本番では天候も良くなっていることが判る。



次に、攻撃ヘリ AH-1S コブラ


AH-1S コブラ

AH-1S コブラ


連写して、ミサイル発射の瞬間を撮ることが出来て、嬉しい。






2016.08.29 | | コメント(2) | 雑談

ちょっくら総火演へ行ってきた(その1)


所用があって、ちょっくら「平成29年度富士総合火力演習」に出掛けてきた。

平成29年度富士総合火力演習

何年ぶりか(10年ぶりくらい?)の見学で、ちょっと様子が変わっていた。
・・・というのも、オイラの知る限りでは、報道関係者としての入場に並ぶなんてことは無かったんだもの。

それだけ国民の目が向いていることは良いことだとは思うが。


さて、本番前の練習風景から・・


平成29年度富士総合火力演習

大分知られてきた、安全祈願。


平成29年度富士総合火力演習

偵察部隊のジャンプ代下に祠があるらしい。


平成29年度富士総合火力演習

お神酒を捧げて、オートバイにも・・・


平成29年度富士総合火力演習

って、アヒル?
オイラのトコロからは、プラスチックの水筒かと思えたけど・・ 画像を見て、あら素敵。


平成29年度富士総合火力演習

ジャンプの高さは昔に比べて低くなったかな?


霧が立ち込めて視界が悪い状況であり、肌寒くて雨の心配もあったのでポンチョを着て待つことにした。

2016.08.28 | | コメント(0) | 雑談

「生きもの写真リトルリーグ2016」というコンテスト


いぁ、最優秀作品賞って、本当に凄い。

素敵な組み写真だ。
もちろん、住んでいるロケーションもあるのだろうけど、身近での題材というのがイイ。

http://ikimonosyasin-littleleague.jp/

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/contest/1016794.html


本当に素敵な作品ばかりで、オイラは自分の才能の無さにガッカリですよ。



・・・ でもね、オイラが思うトコロでは、「機材」についてなんだ。

だって、小中学生が揃えられるモンでは無いですよ?
オイラだって買えないんだから。

周りの協力が如何ほどかと・・・

そういう点も含めての評価が欲しい。


恵まれている子供がアドバンテージあるって、そりゃ違うと思うんだな。



でもね、子供たちの目線っていうか被写体に対する気持ちってのが、全ての写真か感じ取れるのが素敵だ。

既にオッサンなオイラだっても、こういう写真を撮りたいと思うのだが・・・ 


(コンテストそのものを否定してるのではありません。機材を含めた「子供の感性や学力」だけでは勝負できない不公平な因子があることを作品の評価に加えて明示することが、一生懸命に撮影して参加した子供たちへのイベントの企画側の姿勢かと思うのです。)

2016.08.26 | | コメント(0) | 雑談

ヨシゴイの幼鳥



折角の休みだから・・・ということで、鳥撮りの先輩から情報をいただいて合流した。


向こう岸に目的の鳥を見つけるも、とても遠い。
でも初見だから、双眼鏡&カメラで観察するのも楽しい。


ヨシゴイ 幼鳥


今回は、三脚を据えていたので、ピントを追い込む練習をしてみた。

まぁ、マイクロフォーサーズにアダプターをかませたフォーサーズレンズなこともあるのかもしれないけど、電気的な信号でのピント合わせは機械的なダイレクト感もなくて、行ったり来たり。
それに液晶ファインダーなので、ピント合わせ時は7倍の拡大を行う設定をしているのだけど、ここまで距離があると、たとえ三脚を据えていても微妙な振動で見ずらいんだ・・・


ヨシゴイ 幼鳥


そして撮影の合間には先輩方との雑談も、また楽しい。


ヨシゴイ 幼鳥


・・・で、先輩方がブログにアップした画像の素晴らしさにため息をつくのだな。


2016.08.23 | | コメント(2) |

前線の夕焼け



台風の影響か・・・

仕事から帰宅して、買い物に出た帰りに東の空に虹をみる。

・・・ ああ、東の空は晴れていても雨だ。

残念ながら運転中ゆえ、撮影はできなかった。



夕焼け

西の空を目上げると夕焼けが素晴らしかった。

東の空は、暗雲立ち込めている。

風は東北から・・・  ああ、 台風の影響だ。



湿った空気が流入して前線が出来ているのが判る。

その前線の雲が夕焼けに染まっていたんだ。

夕焼け

自然はかくも苛酷であるが、美しくもある。
・・・ 太古の昔から。


2016.08.21 | | コメント(0) | 風景

バンビーナ



布袋寅泰かいっ!って心の中でツッコミしていたんだよね・・・ 鳥撮りの先輩方の会話中。


でだ、オイラも撮りたくて、教えていただいて行ってみた。


バンのひな鳥だから・・・ なんだけど。


バン幼鳥

バン幼鳥

バン幼鳥

バン幼鳥



オイラ的には バンっていうと、ドリフの全員集合のエンディングかなって。

いぁ、それすらも寒いか。


2016.08.19 | | コメント(0) |

ちょっくらヨコスカへ(最終回)


ちょっくら横須賀へ行ってきた。


ゴムボート体験途上へ行ってみたものの・・・ 受付時間終了。
ああ・・・ orz


もうね、海自のテントで振る舞っている冷水ぢゃ、オイラを癒せないよ。


南極観測船”しらせ”

でも、南極観測船”しらせ”を見学に行く。


・・・ かなり疲れが出て来て、帰宅するエネルギーを残しておかなきゃモードに。


連れて来てくれた友人に、状況を話して帰宅の途につくことに。


駐車場へと戻りつつ、それでも名残惜しく撮影したり。


護衛艦”いずも”

護衛艦”いずも”の後姿。


護衛艦”いずも”

そして、対岸からフロントビューを撮影。


流石、ヨコスカは基地の街だ。

同じ港街だけど、ロジスティクスがメインになっているオイラのホームタウンとは異なるイベントの大きさだ。
確かにオイラのホームタウンもイージス艦や大型客船も寄港できる港だが。

アメリカ海軍のフレンドシップデーに海自のサマーフェスタと、十二分に楽しみました。
でも、取りこぼしも多数・・・

だから、来年もって思ったりする。


誘ってくれた友人に感謝。
次回は西の友人も一緒に参加したいところだな。


(了)

2016.08.16 | | コメント(0) |

ちょっくらヨコスカへ(その6)



ちょっくら横須賀へ行ってきた。


で、護衛艦”いずも”の甲板でみたもの。



イージス艦ジョン・S・マケイン

イージス艦ジョン・S・マケイン
Wikiで調べると、由緒正しい第七艦隊のミサイル駆逐艦だ。



海自 潜水艦

接岸作業をしていた潜水艦も、無事に接岸したみたい。
隊員さんもしばしの休息だな。
お疲れさま。



南極観測船”しらせ”

反対方向には南極観測船”しらせ”
ああっ!ゴムボート体験搭乗の・・・  あれかっ!
これは、是非とも挑戦せねば。



SH-60J 哨戒ヘリコプター

それから、甲板上に展示されていたSH-60J 哨戒ヘリコプター
え?乗せてもらえるの???
・・・ って、子供限定かいっ! 心がガキのおっさんは遠慮してくださいだって。


ということで、ゴムボート体験搭乗のチケットを取りに向かうことに。

2016.08.15 | | コメント(0) |

ちょっくらヨコスカへ(その5)



ちょっくら横須賀へ行ってきた。


護衛艦”いずも”を見学する。


護衛艦”いずも”

いぁ・・・ 本当にでかい!

ヘリコプターの運用を目的に建造されているのだが、災害時には避難先として活用されることが良くわかる。


護衛艦”いずも”

えっと、どこの全天候型スポーツ施設ですか?って位に広い船内。
この格納スペースは、有事には多方面にわたって活用できそうだ。


護衛艦”いずも”

昇降エレベーターにのって甲板へ上がるが、この大きさには感動する。
画像の床面にある白いラインがエレベータの枠だ。


護衛艦”いずも”

甲板だって、当たり前だけど広い。
乗ってみて、初めてイメージできたんだ。

・・・同行した友人曰く、ロナルドレーガンはもっと広いよ・・と。


2016.08.14 | | コメント(0) |

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR