ちょっくらヨコスカへ(その4)


ちょっくら横須賀へ行ってきた。


小唄お土産を一度自動車へ運んで・・・ 次の会場へ。
この時点で、既に14000歩以上歩いている。
ああ、ポケモンGOを続けられていればなぁ・・・ という歩数だ。

次は ”横須賀地方隊 サマーフェスタ 2016”会場。


途中、海自の潜水艦が入港してきたところに遭遇。

横須賀地方隊 サマーフェスタ 2016

タグボートが接岸作業をしていた。


横須賀地方隊 サマーフェスタ 2016

接岸の微調整は乗組員の綱引き?的な・・・ 
オーエス、オーエス!!

とても良いシーンを見られました。


横須賀地方隊 サマーフェスタ 2016

さぁ!向こうに見える護衛艦”いずも”と南極観測船”しらせ” まで歩きますよ~

2016.08.12 | | コメント(0) |

ちょっくらヨコスカへ(その3)



ちょっくら横須賀へ行ってきた。

広大な基地内を、入って来たほうへ戻る。


朝は一目散にイージス艦を見に行ったので気がつかなかったが、多くのテントが張られて屋台村になっている。


ちょっと早いけどランチにしようとアメリカンなジャンク・フード物色・・・
そうそう、朝見たターキーは?と・・・ あら、意外とお高いのね。
(でも、$1.00=¥100だったから、とても良心的なレートでしたよ)


横須賀基地フレンドシップデー2016

で、ビーフステーキのプレートにホットドッグ&生ビール。
連れて来てくれた友人がドライバーだから・・・感謝!です。

いぁ、ビーフだけど2枚って言っていたけど、適当に3枚~4枚くらいだ。
日本の肉と違って脂肪が無いけど、思ったほど硬くもなく十分美味しい。
まぁ、ホットドッグはありきたりだけど。


それから、Tシャツとか土産になりそうなものを物色して歩く。
もちろん、基地のアメリカ人がセールスに余念がないので、適当にからかうのも忘れずにね。

横須賀基地フレンドシップデー2016

横須賀基地フレンドシップデー2016

こういうノリって大好き・・・ 南国の血が騒ぐようになっている自分が怖い。


まぁ、そんなんでネタを頂いたので↓


横須賀基地フレンドシップデー2016

いぁ、確かに・・・直訳すぎるだろ? って、この場合は”お店”って・・・ 誰も教えなかったのか・・・ orz 


横須賀基地フレンドシップデー2016

うわぁぁ・・・ 直球だぁ・・・ あんたってば。
こういう場合は、スローガン的に”おれらに任せろ!” とか ”何でも屋だぜ!”とか・・・ せめて”何でもやっちゃうよ!”くらいにしてほしいっす。


横須賀基地フレンドシップデー2016

アリゾナティーは物欲を刺激されたけど、お高いです。 
だって、この金額で、ゲータレード32オンス(約1リットル)ボトルが2本を買えるのだもの・・・ お土産に小唄。


横須賀基地フレンドシップデー2016

Anthony's Pizza はお土産に買って帰ることは決まっているのだ。
なにせ16インチもあるから、そりゃ食べ切れません。


・・・ ということで、お土産も小唄ので一時撤収。

2016.08.11 | | コメント(0) |

ちょっくらヨコスカヘ(その2)


ちょっくら横須賀ヘ行ってきた。

イージス艦カーティス・ウィルバーの上からは、整備中の他の艦がよく見えました。


空母ロナルド・レーガン

空母ロナルドレーガンは、3.11東日本大震災後に”トモダチ作戦”に参加した艦で、その後2015年に横須賀基地へ配備された。
実際に運用されている艦だけに、整備中の様子も興味深いです。

しっかし、大き過ぎですよ・・・28mmのレンズでは全体が写りません。


イージス艦アンティータム

イージス艦のアンティータムは、大掛かりな改修工事なのかもしれない。
完全に櫓が組まれている。


また、ここの岸壁の周りには、整備用の工場が並んでいて、それぞれが専門の部門を持っているのも、建物に書かれている名称から解るんだ。



それから、海上自衛隊艦の掃海艇”えのしま”が、カーティス・ウィルバーに接岸していたので、そちらも見学。

掃海艇”えのしま”

20mm機関砲を隊員さんが一生懸命説明してくれていた。


掃海艇”えのしま”

ダイバーのオイラとしては、掃海に使用するメカが興味深く、何よりも艦上に設置されていた減圧装置に感心したんだ。

掃海艇”えのしま”

いぁ、長時間の潜水は、潜水病との闘い(潜水病にならない様に管理しないとならない)んだけど、それでも万が一の場合に備えているのが心強いと思う。
まぁ、実際はナイトロックス使っているとは思うけど・・・ それでも限界が少しあがるくらいだからね。
ちなみに、オイラの場合、普通のエアで30mの深度に滞在できる時間は、その時の状況にもよるけど20分程度ですし、2本目、3本目になるともっと短くなります。もうね、こういう時はダイビングコンピュータのアラートがね・・・
この減圧装置は、船体から外して、病院まで搬送できるそうだ。


さて、下船して来た道を戻る。


タグボート

手前の左側はタグボートだが、デザインが素敵。
その奥に修理中のイージス艦 マスティン。


イージス艦マスティン

手前がイージス艦 マスティンで、奥に見える右側の小さい艦が”えのしま”、左側が”カーティス・ウィルバー”だ。


空母ロナルド・レーガン

そして、空母ロナルド・レーガン。
これだけ離れると全景が写るけど・・・ それでも形が判りにくいな。


基地内コミュテーター

こんな小さな車が基地内の足として大活躍しているが・・・ 乗ってみたいなぁ・・と。



2016.08.10 | | コメント(0) |

ちょっくらヨコスカへ(その1)



ちょっくら横須賀へ行ってきた。

古い友人に誘われて・・・ 江ノ島、茅ケ崎・・・ 鎌倉。
そう、脳内は勝手にシンドバッドがリフレインの道中でした。


で、早朝に三笠公園に到着。
開門を待ちます。

横須賀基地フレンドシップデー2016


で、横須賀ベースのフレンドシップデーに参戦!


目指すはイージス艦・カーティス・ウィルバーの一般公開だ。
美味しそうなターキーレッグやソーセージは後回し!

横須賀基地フレンドシップデー2016



・・・ 歩く

横須賀基地フレンドシップデー2016



・・・・・・歩く

横須賀基地フレンドシップデー2016



ひたすら基地内を歩いて、ドックへ。

横須賀基地フレンドシップデー2016


いぁ、実戦的な細部の印象が自衛隊の艦と違うことに、感心する。

自衛隊の艦、そう自衛隊員だって素晴らしい・・・ むしろアメリカの艦の方が粗雑に見えるんだけど、何か違う念を感じるんだ。
それだけでも来て良かったと、並んで良かったと思う。



2016.08.08 | | コメント(0) |

花火大会


地元の夏祭りの花火大会だった。

で、撮影を試みるも、やっぱり場所がね・・・ イマイチ。
とはいえ、会場に出掛ける元気もないので。

花火大会2016


花火大会2016


花火大会2016


花火大会2016


プログラムも判らない&遠方ゆえ、タイミングが全く判らない。
その上、シャッター20秒~25秒開放で撮影だし、カメラの内部処理が同様の時間が掛かる。

まぁ、それでも練習かな。

2016.08.07 | | コメント(0) | 風景

まぁ・・・ 鳥とか虫が居なくても


うん、所謂ところのスカってこともある。


でもね・・・ 折角、そこへ行ったんだし何か見つけるっていうことも楽しいのだな。


で、違う角度の富士とか・・・

富士


しらす漁の船とか・・・

しらす漁



まぁ、下手くそな写真だけどね。

2016.08.05 | | コメント(0) | 風景

ホシハラビロヘリカメムシ


いぁ、呪文のような名前なんだ。

ホシハラビロヘリカメムシ

遊水地で見かけたカメムシの仲間。


ホシハラビロヘリカメムシ

ホシは、背中の黒い点だな。


ホシハラビロヘリカメムシ

・・・で、ハラビロヘリカメムシの亜種なんだろう。

ちなみに、ヘリカメムシとかハリカメムシっていうのも居るから、それらの亜種だろうと・・

いぁ、カメムシも大杉。

だって、セミだっても分類上はカメムシの仲間なんだよね。


2016.08.04 | | コメント(0) | むし

アサマイチモンジ


遊水地で見かけたタテハチョウの仲間。


アサマイチモンジ

その文様から、イチモンジチョウと思っていた。


調べたら、アサマイチモンジというらしい。

見分けのポイントは、翅の前にある(一文字に繋がっているドットの前)、3点のドットだ。

多分、初見だ。
こういう出会いが時々あるから、面白んだよね。


2016.08.03 | | コメント(0) | むし

仲良しなアオバズクの子


3つ子らしいんだ、ここのアオバズクの幼鳥。


アオバズク

・・・ で、この二羽がなんか仲良し。

この日は、セミが沢山舞っていて、この子供たちのそばにも止まったり。


アオバズク

でもって、キョロキョロ・・・  啄めばいいのに・・・と思う傍観者なオイラ。



アオバズク

鳥撮りの先輩がいうトコロのエンゼルポーズを見せてくれた。
(脳内では”ぴぽぴぽ(森永のCM)”が響くのだが)


アオバズク

うう・・・ 微妙に同時にポーズをとってくれたのを撮り逃した・・・



とはいえ、観に行ってヨカッタ。
癒されましたよ、ホント。

教えてくださった先輩に感謝!

2016.08.01 | | コメント(0) |

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR