ちょっくらセブでダイビング (おまけ4:風景・街並み)


南国の街並みとか風景とか・・・ まぁ、良い面(安全な)ばかりですけど。


マクタン空港・到着エリア

マクタン空港・・ 到着してからスグに外へ出たところ。 むわっ!とした南国の空気を先ず感じる場所だ。
タクシー乗り場を違う場所にまとめて作ったので、意外と落ち着いている。



サリサりストア

サリサリ・ストア
所謂ところのコンビニ個人商店。
大通りに面している店だから、結構清潔感あり。



建築風景

南国の建築は、基本的にブロックを積み上げていく。 これは高層建築でも基本は同じなんだ。
まぁ、基本的に地震が無い・・・ オイラが赴任中に大きな自信があったけど ・・・ 国ということで。



アヤラ・テラス

アヤラ・ショッピングモールのテラス。 
芝の庭で、家族連れ、恋人たちの憩いの場だ。



アヤラ外

アヤラ・ショッピングモールから外へ出たところ。
オイラ達はスターバックス・サイドと呼んでいた。(スターバックスはFULLY BOOKEDの向こう側)
FULLY BOOKED は、マンガも充実している本屋です。



ホテルから南側(アヤラ方面)を望む。

ホテルから

これは今年の写真。


ホテルから

昨年の同じ場所の写真。
オイラが住んでいたアパートが見える。

今年と昨年の写真で色が違うのは撮影時間の違いです。
今年は朝・・・順光、昨年は夕方・・・逆光 だったのです。


・・・で、 今年の写真で変わった(増えたビル)ところ。

ホテルから

いぁ、マジ、バブル?


で、夜景も同じところ。

ホテルから



さてさて、次回の訪問時(何時になるやら?)は、どんな違いがあるのかも楽しみです。
新興国の面白さでもあるし、興味は尽きないんだ。


(了)

スポンサーサイト

2016.04.30 | | コメント(0) |

ちょっくらセブでダイビング (おまけ3:飛行機/その2)


続き・・・



RP-C7252

機体記号 RP-C7252
保有 セブパシフィック航空(フィリピン)
モデルATR ATR-72-500 (ATR-72-212A)



RP-C8615

機体記号 RP-C8615
保有 フィリピン航空(フィリピン)
モデルAirbus A320-214
75周年記念ロゴ付



YJ-660

機体記号 YJ-660
保有 アメリカ空軍
モデル Lockheed C-130 Hercules



YJ-067

機体記号 YJ-067
保有 アメリカ空軍
モデル Lockheed C-130 Hercules



JA02JJ

機体記号 JA02JJ
保有 ジェットスター・ジャパン(日本)
モデル Airbus A320-232



B-6331

機体記号 B-6331
保有 中国東方航空(中国)
モデルAirbus A321-211



JA741J

機体記号 JA741J
保有 日本航空(日本)
モデルBoeing 777-346/ER



B-HNH

機体記号 B-HNH
保有 キャセイパシフィック航空(香港)
モデルBoeing 777-367



HL8036

機体記号 HL8036
保有 イースター航空(韓国)
モデルBoeing 737-86N



今回の旅行では、いつになく飛行機を撮影できて嬉しい。
まぁ、これも窓際の席のお陰?


2016.04.28 | | コメント(0) |

ちょっくらセブでダイビング (おまけ2:飛行機その1)


見た航空機を記録しておく。


往路に搭乗した飛行機

Airbus A320-200 (機体記号 RP-C3278)

機体記号 RP-C3278
保有 セブパシフィック航空(フィリピン)
モデルAirbus A320-200
シャークレット装着機


帰路に搭乗した飛行機

セブパシフィック A320-200

機体記号 RP-C3249
保有 セブパシフィック航空(フィリピン)
モデルAirbus A320-214
ウイングチップ装着機

同じセブパシのエアバスA320だけど、ウイングレットの形状が異なるのが面白い。



JA842J

機体記号 JA842J
保有 日本航空(日本)
モデルBoeing 787-846



HS-XBC

HS-XBC

機体記号 HS-XBC
保有 ノックスコート(タイ)
モデルBoeing 777-212/ER

出国時と帰国時で、同じ機体を左右双方から撮影したことになる。



G-YMMD

機体記号 G-YMMD
保有 ブリティッシュ・エアウェイズ(イギリス)
モデルBoeing777-236/ER


A6-ENI & RP-C8614

機体記号 A6-ENI
保有 エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)
モデルBoeing777-31H/ER

機体記号 RP-C8614
保有 フィリピン航空(フィリピン)
モデルAirbus A320-214
75周年記念ロゴ付

エミレーツ航空はドバイ行きかなぁ・・・
75年ロゴはカッコいいよ。


2016.04.27 | | コメント(0) |

ちょっくらセブでダイビング (おまけ1:眼下の虹 空からの風景)


今回の旅では、雨天の中の出発でしたが、空に上がってしまえば雲の上になるので、そこは景色を楽しみました。
景色といっても、眼下に見る雲とか雲の間から見える海、そして船の軌跡なのですが。



南方に行くにしたがって天候もよくなり、彼方には積乱雲が見えたり、島の端では前線による層雲が見えたりで飽きることがありません。

雲

積乱雲が彼方に見えます。


雲

海面の湿った空気の上に、陸地で温まった空気が重なっています。



そんな雲の間に、光による虹が見えたのです。

??
ガラスに光が屈折したのかな?
でも、見る位置を変えても見える。


雲の虹

ああ、これは眼下の雲近くにできた虹をみているのだ・・・

虹が出来る原理からいったら無いとはいえない現象だが、虹は空を見上げてみるものという固定観念からか、不思議な感じである。


雲の虹

時間と共に消えていき・・・ 他の場所にも小さな虹がみえた。
こちらは、雲が霧のようにぼやけて見えるから、そこはきっと雨なんだろう・・・

とても素敵な現象を見ることができて嬉しい。
そう、所謂ところの彩雲を上空から見たようなものに違いない。

・・・だから、やっぱり窓際を選びたいんですよね。

2016.04.26 | | コメント(0) |

ちょっくらセブでダイビング (その13)


朝はAM3:30にチェックアウトだ。
AM3:00に起きるつもりでアラームをセットしていたが、電話で起こされた。
??モーニング・コールは頼んでいないが?

電話に出ると、朝食用のトーストがフロントに用意できているからね、という連絡。

そう、チェックアウトの時間が早いから朝食食べられないんだよね、ってフロントの女性に言ったら、トースト程度でしたらご用意しますよって言ってもらえたんだ。
で、ホテルに戻った際に念押ししておいたんだよね。

予定より若干遅くなってチェックアウトして、同様に前日にガードにお願いしていたタクシーに乗る。

セキュリティ・チェックも問題なく、チェックインカウンターへ。
今回はオンラインチェックインしているから、早いぞ・・・ って・・・ 何処よ?カウンターは?

セブ空港

いやはや、拡張されてカウンターがいっぱい!
東京行きは、もっと向こうよ!と親切な職員に教えてもらって、ようやく見つけるが・・・
オンラインチェックインの意味ねぇ。

セブ空港


しかしスタバとか出来ているのには驚きだ。
実は、コーヒーを中で買うのは高いので、途中のコンビニで買ったカップをずっと持って入ってきているのだ。
セキュリティでも、俺の朝食用だ!との一言でスルーだったし。
ビニール袋に入ったトーストとか缶ビールとか水とか・・・ 全く問題ないんだよね。


さて、出国してから更に驚いたのが、免税店が増えているんだ。

セブ空港

セブ空港

何やらブランドショップとかも・・・
前は、怪しい土産物屋程度のぼったくり店だけだったんだけどねぇ・・
価格も悪くは無い(高いけど)程度にしているようだ。


結局、思ったより時間が掛かったので、朝食も食べる暇なく搭乗。
機内で食べよう・・・ コーヒーの紙カップは持ったままだったんだけどね。


搭乗したら、オイラの列・・・ オイラはFだったんだけど、DとEにデッカイおっさんが既に座っている。
うゎ・・・ E席の黒人はマック開いているし、D席のインド系っぽいおっさんはスマホで音楽聴いているし・・・
どいてもらうの・・・ めんどくせぇ。
座ったら、おっさん達の圧で、それでなくても狭い席がよりいっそう・・・

セブパシフィック A320-200


ガッカリしていたが、シートベルトサインが消えたとたん、二人とも空いている席に移動していった。
うん、いい奴等だったね。

コーヒーと冷めたトースト(バターとジャム付)で朝食をとって、それからビールをいただく。
まぁ、ビールが泡吹いた&既に温いけど、それでも美味しい。


セブパシフィック A320-200

少しでも寝ようと・・・ という努力をしつつ、成田へと到着。
F席ゆえ太陽光が当たるので、シェードは殆ど下ろしたままだった。

成田空港


で、京成線で日暮里まで・・・ 東京からハイウエイバスで、夕方に帰宅。
今回も無事に帰って来られて何よりでした。


2016.04.24 | | コメント(2) |

ちょっくらセブでダイビング (その12)


ホテルに戻って、シャワーを浴びつつ機材も再度水洗い。
それから、PCにデータを転送しつつ、機材&ウェットを干す。

で、今回はちょっと行ってみたいところがあったので、少し遅くなったが出かけた。

市内から海岸通りを南下して、海底トンネルを抜けた先に出来た巨大なショッピングセンターだ。
ちょうど住んでいた頃に着工して、昨年完成したとのこと。

既に暗くなった時間だけど、そのライトアップされた様は要塞ですよ。

SMシーサイド

タクシー内から撮影。


建物に入ると、そこは白を基調としてとても近代的な感じ。

SMシーサイド

吹き抜けとか、エレベーターとか・・・ 確かに南国とは思えない。


少し小さいが屋上庭園もあり、カップルとか家族連れが楽しんでいました。

SMシーサイド

ちょうど日没直後で月も見えた。

SMシーサイド

噴水とか、ライトの色が変わるんですよ。


それに、スケートリンクまであったりして・・・

SMシーサイド

うむ、デートスポットとしてナイスだ。
ちなみに時間無制限で、Php380だから、市民には贅沢な遊びだな。


とはいえ、ショッピングセンターなのに、肝心のテナントがマダ埋まっていなく・・・ というより入っているところが少ない。

あ、○ニクロ発見!!

SMシーサイド

でも、Tシャツの値段から考えると、日本の価格よりちょっと高いな。


それから、さらに日本語とか発見。

SMシーサイド

折り鶴の意匠が良い感じだ。


まぁ、ぐるっと周って・・・ 特にセールしているわけでもないし、買い物の予定も無いし(一応、時計バンドは見たけど高いんだ)、ジョリビーでチキンのセットを買って帰った。
いぁ・・・ そんなに簡単には帰れなかったんだよ。

だって、タクシーが居ないし、待ちの列が長いんだ。
ああ、今日は二度目だな。

・・・ なんか長距離バスのターミナルみたいになっているエントランス?タクシー乗り場?バス乗り場?から、道路(歩道は無い)を勝手に歩いて外へ出た。
そしたらスグに、客を拾いに乗り場へ入ろうとするタクシーをつかまえられたんだ。
ラッキー!

ホテルに帰って、缶ビールとジョリビーで夕食。
それから荷造りをして・・・ ウエットは朝まで乾かしてから・・ 寝た。

2016.04.23 | | コメント(0) |

ちょっくらセブでダイビング (その11)


今回の旅行、ラストダイブだ。

カレントがかなり治まったので、ボートは元の停泊位置まで戻り、そこから南へとドロップオフを左手にみつつ潜行する。


エントリーポイント近くドロップオフの手前だが、1本目でも観た同じサンゴにアオスジテンジクダイが群れていた。

アオスジテンジクダイ

ちょっと大きな塊になっていて、人間が寄っても逃げないんだ。
(ちなみに1本目も撮影しているのだけどボツでした)

ムービーを撮ってみた。





キスジゲンロクダイ

キスジゲンロクダイ

水深21mほどで、ちょっと暗い上に距離があったのでフラッシュが届いていない。
で、補正したら塗り絵っぽくなっちゃった。



キンチャクフグの仲間
この個体と同じ様な模様が、ネットや図鑑からも見つからず・・・

キンチャクフグの仲間

うゎああ・・・ 難しい。 新種ってことは無いとは思うけど。



アカマダラハタ

アカマダラハタ

コイツもノンビリしていた感あり。



ちょうど、タカサゴの仲間が大きな群れを作ってドロップオフに沿って上へ下への大騒ぎでした。
ムービーも撮ってみた。





ゴマアイゴ

ゴマアイゴ

三匹が群れていた。
意外と近くに寄れたんだけど、そういう時に限ってどうにもカメラの反応が遅かったり。
で、あらら・・・ 行っちゃったよってなるんだな。



ツノダシ

ツノダシ

なかなか良い写真を撮らせてくれないけど、正面はやっぱりお間抜けかな。



ミスジリュウキュウズズメダイ

ミスジリュウキュウスズメダイ

浅瀬でデコンプ中・・・ というほどでも無いけど、ダイコンで警告が出なくても、この時間をとると安心できるんだ。



ニラミギンポ

ニラミギンポ

穴に入っちゃったので、顔を出したところを撮影。
ちょっと明るさが変に撮れていたので、補正しました。



エグジット前に見つけたマンジュウヒトデ。
定番だが、探してみると・・・ いたいた。

ヒトデヤドリエビ

ヒトデヤドリエビ
全長は1cmくらい。



ショップに戻って、昼食とビール!
外にテーブルを用意してもらって、気が付いたらシャロンさんと旦那さんがスタッフと飲んでいた。
仲間にいれてもらって馬鹿話を楽しむ。

ボスとボスの家族も一緒になって楽しいひと時だった。
飲み始めると話は尽きないが時間も押してきたので、再会を約束してお開きになった。


ボスに近くのショッピングセンターまで送ってもらって、同じ方向へ帰る常連さんと一緒にタクシーを拾った。
いぁ、正確にはタクシーが居なくて、タクシー待ちの列が凄い事になっていたんだ。
参ったなぁって顔をしていたら、タクシーの運ちゃんが声を掛けてきて、値段を吹っかけてきた。
なかなか、この運ちゃんは判っているというか、モールのガードも仲間だったんだけど・・・・
まぁ、結局のところ、交渉した代金が距離からいったら少し高いが、二人で割り勘すれば一人当たりは若干安くなるので、OKしたんだ。


素敵な人たちと出会って、今回も楽しいダイビングでした。
行ってヨカッタと思うのです。


2016.04.22 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらセブでダイビング (その10)


シャロンさんがサンドイッチを持ってきてくれた。

サンドウィッチ

彼女はスタッフにも気遣ってサンドウィッチを振る舞っている。
ううむ、なかなか出来ることではないぞ・・・
常連さんダイバーのちょっとお歳のお姉さんと雰囲気が似ている。

いぁ、それよりも・・・

エグジットして、マスクを外して一息・・・ つく暇も無く

何メーターまで潜った???
と、まくし立てられたのには参った。

ダイコンをチェックした記憶に残っているところで・・
25~27mくらいかな・・・
と答えた。

ああ! 私と同じ!!
と喜んでいる。

サンドウィッチ食べて食べて・・・ って言われても、食べ過ぎたら2本目が大変だ。
だって、まだオイラは完熟マンゴーとバナナを食べないといけないからね。


それから、シャロンさんと旦那さんとからジンベイザメの話やらマラパスクワの話を聞かれたので、話題には事欠かなかった。
いぁ、多少なりとも説明ができる程度に経験を積んでいて良かったよ。

うむ、経験は財産だな。



で、帰国してログ付けた際に判ったけど、しっかり29m超えていた。
いぁ逆に、その時にその事実を伝えなくて良かったのかも・・・


2016.04.20 | | コメント(0) | 未分類

ちょっくらセブでダイビング (その9)


パラセールを横に見ながら、ヒルトゥガン島へ向う。

パラセール

とても気持ちが良さそうだ。
だって、ボートに乗っていても気持ちが良いんだもの。


ヒルトゥガン島

ヒルトゥガン島には、K国の資本が入ってレストランが出来ていた。
まぁ、それでサンゴが守られればよいのだけど・・・



エントリーして、海底で待つ。
あらら・・・ 結構、カレント強いぞ。

北へドリフトしつつ、ドロップオフを降りる。

ふと見ると、ドロップオフの先にツバメウオの群れが流れに逆らって泳いでいるのが見えた。
少しずつ降下して、ツバメウオの群れの後ろに付く感じで寄っていく。

かなり強い流れで・・・ 前にはナカナカ進まないけど、それが良い感じでツバメウオに近づけた。
ただ、グループのダイバーが流れに乗って去っていくわけだから、逆向きのオイラははぐれない様に様子をみつつ・・・


ツバメウオ

ムービーも撮ったけど、ちょっと暗いのでイマイチ。
深度は12mくらいだ。


それから、ドリフトしつつさらに潜行していくが、予想通り魚とか生物も今一つだ。



アミメフエダイ

この日最大深度29mオーバーの場所で撮影したアミメフエダイ。



ニチリンダテハゼ

22m付近でニチリンダテハゼを見つける。
オイラが気がついた時には、既にヤツは警戒していた。
だから、待ってもヒレを開いてくれなかったんだよね。


それから、少しづつ深度6mほどまで浮上。
まぁ、いろいろと撮影はしてみたけど・・・ ダメダメ量産でした。



トカラベラ

トカラベラ
数打った中でも、まぁ撮れていた。
綺麗な魚なんだけど、キュウセンの仲間だからか動きは速い。



ハナビラクマノミ

それから、ハナビラクマノミ
被写体としては数多いんだけど、コレだっていう画が撮れない・・・ って毎回だな。



さて、ダイビング時間は52分。
最大深度29mなるも、エアは60ほど残っていた。


2016.04.19 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらセブでダイビング (その8)



朝食をとりにレストランへ行くと、昨日と同じボーイがメニューを聞いてきた。

試しに、昨日と同じものな、と言ってみる。

イエス、サー

・・・判ってんのかな?

オレを覚えているのか? 
イエス。

昨日のメニューを言ってみろ?
ハム・オムレツです。それにガーリックライスとオレンジ・ジュース。
(あ、残念。オレンジ・ジュースでは無くてコーヒーだったんだけどねえ・・・)

オーケィ! グッド!
サンキュー、サー。


それから、サー。 キューポン(クーポン:朝食券)をください。今日と昨日の分。
よく覚えていたな・・・(昨日は言わないから出さなかったんだけどね、って嫌な客だ)

きっと叱られたんだろうな・・・ だからメニューと顔を覚えていたに違いない。

朝食



それから支度をして、タクシーでビーチへと行く。
土曜日なので道もすいていたが、それでもビーチ近くでアクシデントを見る。

アクシデント

警察も来ているけど、単に踊っているだけなんだろうな・・・ 大きな事故で無くてヨカッタね。
まぁ、オイラ的には渋滞にはなっていなくて助かったよ。


ショップで他のお客さんと合流して、ボートへ乗る。
ビーチに桟橋が出来たから、ボートに乗るのが楽になった。

ハドサンビーチ



それにしても、朝からタイ人のシャロンさんは全開だ。

あたしは今日は深く潜るからねっ!
あなたは今までどの位深くまで潜ったことがある?

大深度潜水するって張り切っている。


で、今日のポイントはヒルトゥガン島だ。
数年前では、ダイナマイト漁でサンゴが殆ど死滅しちゃって、サンクチュアリにして回復を待っているとのことだった。
浅瀬のサンゴはマダマダらしいけど、かなり魚影が濃くなってきているというので楽しみである。


2016.04.18 | | コメント(0) |

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR