ちょっくらセブでダイビング (その7)


ショップに戻って、昼食&ビールをいただく。
もうね、本当にこのビールが美味しいったら、ありゃしない。


ハドサンビーチ

天気も良くなったので、これぞ南国リゾートという様な写真を撮っておく。



ホテルに戻って、シャワーを浴びて、データをPCに取り込む。
一息ついてから、ちょっと昼寝。

それから、アヤラセンターへ出かけた。

アヤラ

歩いて15分程度&土地勘もあるので、全く問題ない。

アヤラセンターでは、時計のバンドを買おうと思ったのだ。
アメリカの時計ブランドTIMEXは、マクタン島で生産されている。
南国で生活している時に買った普段使いの腕時計のバンド(日本で交換したもの)がやれてきているのだ。

結局、思った以上に高かった(日本で買うのとあまり変わらない)&種類もなかったので、買うのは止めた。


夕食はココのテラスにある、Mooon Cafe。
元々がメキシカンなんだけど、フィリピン風にアレンジしていてオイラのお気に入りのお店だ。

ムーンカフェ

ムーンカフェ

昨晩は牛だったから、豚のステーキにグレービー・ソースをかけたもの。
これが、ビールにもガーリックライスにも合うんだ。


で、良い具合にお腹も満たされたので、ぼちぼちホテルへと歩いて帰る。

・・・ なんか、街中の喧騒とか雑多な感じ、そして日本とは異なる危険な香りも懐かしいというより、日常的な感があるのが不思議だ。


2016.04.17 | | コメント(0) |

ちょっくらセブでダイビング (その6)


1本目と同じ地域だ。

カレントも治まった感あり、エントリーして南へ。



ハナビラクマノミ

ハナビラクマノミ

ハナビラクマノミ
なかなか・・・ 良い具合に撮らせてくれない。



クビアカハゼ&コシジロテッポウエビ

クビアカハゼとコジシロテッポウエビ
1本目とは違う個体だが、共生のエビが撮れた。



ホシゴンベ&ミスジリュウキュウスズメダイ

ホシゴンベとミスジリュウキュウスズメダイ
サンゴが生き生きとしているところに、ちゃっかりとホシゴンベ。
ホシゴンベは動かないから撮りやすいかも。
ミスジリュウキュウズズメダイはサンゴに群れているけど、すぐにサンゴの陰に隠れちゃうんだ。



ネッタイミノカサゴ

ネッタイミノカサゴ
まぁ、定番だけど・・・ なかなか正面から撮らせてくれない。



シライトウミウシ

シライトウミウシ
久方ぶりにみるウミウシだ。 もう少し、ジックリ撮りたかったんだけどねぇ・・・



ナミハタ

ナミハタ
寝ぼけているかって感じで・・・ いぁ、本人は風景に溶け込んでいるものと思っているかも。



ヤマブキハゼ

ヤマブキハゼ
フラッシュ焚いても逃げないオスマシさん。ヒレが開いていたらいいんだけどねぇ・・・
エビが一瞬見えたけど、警戒しているんだな。



ヒメオニオコゼ

ヒメオニオコゼ
結構のんびりしてやがんの。

ヒメオニオコゼ

で、こいつってばヒレを開くと綺麗なんで・・・ ちょっかい出しました。
いぁ、毒もっているから気をつけてなんだけどね。

ホウボウと同じ仲間なので、こいつらも海底を歩くんですよ。
それを観察できて、かなり嬉しい。



2本目も、ちょっと早めにエキジットして55分のダイビング。
最大深度は21mだったが、やっぱりエアは80も残っていた。


2016.04.16 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらセブでダイビング (その5)


休憩時に、熟したマンゴーとバナナをいただく。
タイ人のシャロンさんが、手作りのサンドイッチを振舞ってくれた。


マンゴー

いやはや、果物もサンドイッチも美味し過ぎて泣けてくるぞ。


体が冷えているので、日に当たりたいところだが、日焼けをすると後が面倒だし・・・
まぁ、ウエットの下のラッシュガードを脱いで、体を拭くだけでかなり楽になった。
で、少し日に当たる。


天気も良くなったので、ダイビングポイントの風景を撮る。

オランゴ島タリマ地区

オランゴ島は、渡り鳥の保護にも力をいれており、この場所のちょうど対角線側(南東側)のエリアには鳥を観察できる干潟が広がっている。
セブ島からは渡し舟が安く出ているので、日帰りは十分可能である。
ダイビングショップのスタッフが、この島の出身で、遊びに来いよと言われているのだが・・・
ダイビング・ギアとダイビング用のカメラ、それに加えて望遠と一眼はかなりのボリュームになる。
ああ、そうか・・・ 最近使っているPL5なら・・・ ただ、滞在期間をもっと延ばさないと・・・
ううむ・・・


シャロンさんとご主人が話しかけてきた・・・

日本語でマスターって何て言うの?

マスターっていえば、スターウォーズのヨーダとか、ジェダイ・マスターみたいな?

そうそう・・ それ!

あ、それなら、「シショー」だよ。

おぅ! ボス! アナタ・・・ シショーねっ!

うぁっ! そう来たかっ! 確かにオイラのシショーではあるが・・・・


シショーと呼ばれて照れているボスがソコにいた。

ボス、常連さんには、シショーと呼ぶように連絡しておくからね・・・



そうそう、以前ブログに書いた電池交換をしたダイビングコンピュータだが、全く水漏れは無し。
ああ、あんなに簡単な構造でも防水になるんだ、と思うと理屈は理解しているつもりでも少し感動。


1時間ほどの休憩をとり、少し移動して2本目を潜る。

オランゴ海峡


さて2本目、行きますか

2016.04.15 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらセブでダイビング (その4)


ポイントはタリマ地区、沈船へ向かってドリフトだ。

エントリーして海底で待つ。 ちょっと肺の空気抜きが足りずにイマイチ潜行に手間取ったりした。
うむ・・ 多少のカレントだな・・・


オヤビッチャとフタスジタマガシラがお出迎え

オヤビッチャ

フタスジタマガシラ

あ、レンズ前に気泡が・・・



ひらひらと葉っぱが舞っていたかと思ったら、テンスの幼魚。

テンス幼魚

こちらに気が付くと、一瞬で砂に潜って消えちゃうんだ。
目がちゃんと写っているカットが撮れて嬉しい。
これが、成魚になると不細工な・・・ 似ても似つかないんですよね。



クビアカハゼ

クビアカハゼ
同居のエビが一瞬見えたんだけど・・・



チンアナゴ

チンアナゴ

チンアナゴ 
水族館でも人気者だけど、リアルで見るとまた面白い。
カレントの下から近づいたので、結構近くまで寄れた。



ユカタハタ

ユカタハタ
おお!フラッシュで色が出たよ。
残念ながら、もう少し横を向いたときに撮った写真は失敗だった。



ミゾレウミウシ

ミゾレウミウシ
ひとつの岩に3匹まとまっていたんだけど、ちょっと流れが速くて手振れ量産。



マトフエフキ

マトフエフキ
体の横の紋が的のようだからなかな・・・ 普通に良く見るが、シッカリ撮れて嬉しい。



その他、アヤコショウダイも多くいたが、今回はイマイチな写真ばかりだった。



ちょっと早めにエキジットして52分のダイビング。
最高深度も18mだったので、エアは80も残っていた。

エキジット直前に、間違ったボートへ向かってしまったのは内緒だ。


2016.04.14 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらセブでダイビング (その3)


ホテルで朝食を食べて、ダイビングに出かける。

朝食

所謂、南国スタイルの朝食だ。
うん、ガーリックライスが美味しい。
ケチャップはバナナケチャップだから甘いけどね。

で、ホテルのガードにタクシーを拾ってもらってビーチへ行く。
渋滞を避けるために遠回りするけどいいかと聞かれたのでOK。


だが、しかし・・・ 
逃げ道のない空港北の道で大渋滞。

ああ、やっぱりアクシデント(事故)か。

1時間程度でビーチ到着して、ボスとその家族と再会を喜ぶ。

ハドサンビーチ

朝食時は晴れていたのだけど、到着したら雲天・・・ 波もちょっとある。


そんなんで、シュノーケリングで同船する常連さんが後からみえて、ご挨拶。
ああ、前にお会いしましたよね?とお互い。

コーヒーを頂いて着替えた出発直前に、ビーチ内の他のショップのスタッフがお客を連れてくる。
タイ人のご夫婦だったが、そちらのショップは満員なので紹介してきたのだ。


このタイ人の奥様がフレンドリーで(ご主人は大人しい方でシュノーケリングのみ)話好き(まぁ世界共通だな)で、非常に船上を沸かしてくれたんだ。
ということで、出港してオランゴ島へ。

オランゴ島といえば、オイラは過去2回ちょっとしたアクシデントに遭っている。
ふむ・・・2度あることは3度ある? 3度目の正直か?


ダイビング準備

少し波があるが、少しずつ天候が回復してきて嬉しい。

さて、準備をして行こうか。

2016.04.13 | | コメント(0) |

ちょっくらセブでダイビング (その2)


雨の中の離陸だったけど、問題なし。

離陸


で、離陸してからビールを飲もうと価格を聞く。

ピルセン

え? それってマジで言ってんの?って感じのP130
(現地のドラッグストアでもP37だから・・・3.5倍だな)
いぁ、機内食はP350って・・・ で、日本円だとレート悪く\1000。

まぁ現在のレート計算でP130は¥320くらいだから、ちょっと御大尽気分で注文。
もちろん、ピーナツなんて付くわけはなく。

氷いるか?コレ冷えているけど?って聞かれたが、ありがたく断る。
ああ、久しぶりのピルセンだ。
美味しい。

5時間のフライトは、時折うたた寝をしつつ、空の雲を眺めつつ過ごす。
雲の変化を見ているのは、とても楽しい。

幸い、現地の天候はよく、初めてしっかりと島を上空から見ることができた。


オランゴ環礁

ああ、オランゴ環礁に浮かぶ島がわかる。

ハドサンビーチ

こちらの画像はビデオからキャプチャーしている。

一度、南へ抜けた後に、Uターンして北へ向けて着陸。
着陸コースではしっかり逆光になるゆえ、写真はダメダメだった。


定刻どおりに到着するが、何かターミナルビルから飛行機がはみ出ている?

セブ空港

いぁ、こんな数の飛行機がいるところは見たことないぞ?
あそこの飛行機はタラップで搭乗させているし?
って、何処へ駐機すんの? ま、まさか・・・


セブ空港

ああ、やっぱりタラップでした。
バスに乗せられ、ターミナルビルへ。

珍しく待ち時間が殆どなく入国でき、携帯のSIMを切り替えてプリペイドカードの番号を入力。
?? 何かおかしい?

と同じ会社のSIMカード屋が空港内にあったので、声を掛けてみてもらう。
これで大丈夫ですよ、と簡単に。
ありがとう、アンタはいいヤツだな。


風景

で、タクシーでホテルへと向かう。
タクシー内で、ネットに接続を試みようとするも、スピード遅すぎ。
まぁ、そんなもんだな。

ホテルにチェックインしてから、部屋でPCを接続。
おお、ちゃんとWifi繋がるじゃん、遅いけど。
でも、なぜか携帯にはWifiが繋がらないんだな。

一息ついてから、ITパークへ夕食に出る。

あらら・・・ なんかビルが更に増えているぞ。 こりゃビックリです。

肉が食べたかったので、前からお気に入りのカーサヴェルデへと行く。
幸い席が空いたところだった。

夕食

牛肉の甘辛炒めタマゴ添えのプレート。

夕食

サミゲル・ライト2本を頂く。
税込みP350ほどだから、\850ほど。
南国では高級だけど、美味しいんだよ、ココ。


食事後は、近くのドラッグストアで缶ビール2本を買ってホテルへ戻る。
ホテルの部屋でCNNを観ながら、飲み・・・ 寝る。

2016.04.12 | | コメント(0) |

ちょっくらセブでダイビング (その1)


有給消化日と土日で4日間の休みを取れた。
で、ちょっくらダイビングに行ってきたので、覚書的に記します。


さて初日は移動だが、昨年同様にLCCを使うんだ。
チケットの予約とかオンラインチェックインは、以前経験済み故に同じ動作で問題は無い。

フライト2時間前までに空港着が基本だが、どうせカウンターがオープンするだけで多少は遅れてもOKなので、日暮里から京成本線の特急で空港へ向かう。
既にオンラインでチェックイン済みなので、カウンターで並ぶ必要も無く。
カウンターでは新人の職員さんを教えているところで、オイラのパスポートにある南国のビザについて説明をする先輩職員。

混雑具合を聞くと空いているとのこと。
ああ、それなら窓際で一人で座れそうな位置を狙って席を取ってくれる?
保証はできませんけど・・・と、取ってくれた。


出国してから、早めの昼食はいつもの飛行機が見えるラウンジ。

成田空港

ここって、日本人が居ることが少ないから好きだ。


成田空港

ビールとホットドッグ・・・高いなぁ・・・


とはいえ、雨に濡れる空港もなかなか・・・


空港内の免税店で、萌え系人形を見かける。

成田空港

うむ、クール・ジャパン(?)だ。


成田空港

しかし、あれだ・・・ 搭乗ゲートまで遠すぎ。
数年前まではトラムがあったのに・・・ そこのラインが通路に変わっちゃった。


Airbus A320-200 (機体記号 RP-C3278)

搭乗機は、Airbus A320-200 (機体記号 RP-C3278)だ。

しっかし、コンデジってば頭が良すぎなのか、いくらガラスにレンズを着けても水滴にピント合わせようとするんだ。
なんだかなぁ・・・


搭乗券

で、定刻通りに搭乗。


Airbus A320-200 (機体記号 RP-C3278)

あはは・・・ガラ空き。


Airbus A320-200 (機体記号 RP-C3278)

保証はされなかったけど、結果、29列はオイラだけだった。
足を延ばして寝れるよ。


さて、日本脱出だ。

2016.04.11 | | コメント(0) |

ちょっくら旅に出ます


少しお休みをいただけましたので、ちょっくら旅に行ってきます。

戻りましたら、ブログにアップします。

ボーディングパス


それでわ~


2016.04.06 | | コメント(0) |

何とも憂鬱な天気


開花宣言から、少し遅れたけど、かなり満開に近くなってきた桜。

昼休みに足を延ばして(早歩きして)、桜を撮りに行く。


桜


桜


ああ、やはり天気が・・・

今週末がピークな感じだが、天候が心配。

といいつつ・・・ ちょっとお出かけで桜は見られない予定だ。

2016.04.05 | | コメント(0) | 風景

カタクリの花


折角の休みで、巷では桜の話題も盛り上がっているのだが・・・

いかんせん、天気が悪い。


普段の心がけか?と思いたくもないが、そう考えざるを得ないか。
買い物に出た際に横目でみる桜も天気に曇ってみえるが、それもオイラの心かも。


で、ちょっくらカタクリの花。

カタクリ


群生が満開だったけど、東側の斜面&夕方故の難しさ。

カタクリ


そんなんでエネルギー充填中である。

2016.04.03 | | コメント(0) | 草花

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR