全日本模型ホビーショー


先日の日曜日に、東京ビッグサイトにて開催されたホビーショーに行ってきた。

田舎者のおやぢとしては、主役の模型よりも当世流行りのコスプレしている女の子に目が行ってしまう。

2015全日本模型ホビーショー

2015全日本模型ホビーショー


艦コレっていうゲームかららしいが、オイラはゲームタイトルしか知らないんだ。

ゲームとか戦車のアニメとか・・・数年前からの盛り上がりで、そちらからプラモデルに興味を持ってくれるってことは嬉しいことでもある。

2015全日本模型ホビーショー

しかし、こういうショーに来るお客さんってば、シャイ?なのか、こういう素敵な女性が居るのに撮影していないんだ。
ああ、普通に許可とって撮影しちゃうって、オイラはダメなオッサンだな。
実際には一緒に行った南国からの研修生を一緒に撮影してあげたりしているんだけどね。
でも、何てキャラクターのコスプレをしているか判らないのが悲しい。


2015全日本模型ホビーショー

ミニ四駆も第三次ブームで、今回のジャパンカップ(ミニ四駆の甲子園みたいな)参加者は4000人を超えたとのこと。
オイラ的にはミニ四駆はバーチャルではないし、レースに勝つ方式がいくつもあるから、面白いホビーだと思う。

スポンサーサイト

2015.09.30 | | コメント(2) | 雑談

スーパームーン


今年最大の満月だそうで・・・

楕円軌道を描いて地球の周りを周っている月は、その軌道で地球に近い位置で満月になるか、遠い位置で満月になるかで満月といえども四球からの距離が異なるので、観た大きさも違うのだ。

しかも皆既月食も重なる地域もあり、世界中で盛り上がっているみたい。

ということで、オイラも早めに帰宅して撮影してみた。
まぁ、時間も月の出から経って高度も上がっているから何かと絡めて撮るのは無理でした。

スーパームーン


でも、秋の夜風と月の光はとても心地よかったんだな。


2015.09.28 | | コメント(0) | 風景

オールドカメラ オリンパスC-770を使ってみる


C-770の名称は、後に"Ultra Zoom"が付くのですが、これは35mm換算で38mmから380mmの焦点距離を持っているからで、そりゃ当時は凄い倍率だったんですよね。

で、一般的な性能の基準(オイラ的にはどうでもよいが)となっている画素数なんだけど、今どきのカメラの1/4程度の400万画素。
センサーはサイズは公表されていないけどCCDの1/2.3inらしい。
レンズの開放f値はF2.8からF3.7だから、かなり頑張っているんだ。

設定もA/S/MモードとPモード、それからお任せAutoやら何やら・・・
いぁ、A/S/Mモードがあるってことからも立派な仕様だよ。

静止画はJPEGとTIFFで、画質(圧縮)も大きさ(記録画素数)も選択範囲は広い。
TIFFは無圧縮だ。

当時としては10倍のズームでムービーが撮れるというのが、評判だったらしいが、オイラ的には割愛。
割愛できないのが、EVFの存在なんだ。たかだか24万画素0.44inだけど、オイラ的にはその存在は大きい。
あ、液晶モニタだっても1.8inだから立派なもの。(というか、オイラ的にはこの程度の大きさで問題ないな)

いぁ、ホットシューさえあるってことは、今で言うハイエンド機?かも。



実際に撮影してみると・・・

・・・?? あれ? ??? って位に起動が遅い。
体感10秒くらいだけど、低血圧の人の寝起きかよって感じ。
それからのセッティングは、ちゃんと反応するからイライラしないけど。

それよりも驚いたのが、レンズキャップだ。
これって、外し忘れても問題ないんだな。で、電源ON時にもキャップできるん

だよ。こういうのって、今は無い仕様だけど素敵だ。


さて、セッティングは画素数と画質から・・・
・・・?? あれ?

TIFFもJPEGも2288×1520、JPEGの画質はSHQしか設定できない。
?? うわっ・・・ もしかしてヤラレタ??

でも、まぁいいか。
一応、最大サイズに近いからな。
(ちなみに、これはバッテリーを満タンにしたら治ったんだ)


そして、その画像だけど、あらビックリ。
400万画素って、全然OKなんです。

問題は、TIFFで撮ると書き込みに10秒ほどかかるんだ。けど、そりゃデータ量がJPEGの10倍、11メガ超えているからだから、そういうモンだと思えば問題ない。

ブログにアップするのに、圧縮&リサイズしているから単純に比較が出来ないのが残念です。
とはいえ、オイラの過去ブログで同じような画像があるから比較すると、違いが殆どないことが判るんぢゃないかな。


放水路と富士

広角側38mmで撮影。
天気が悪いけど、雰囲気がある。


富士山

同じ場所で230mmまで寄る。
広角側ともにISO100。


案山子

こちらは望遠240mmで狙って撮ったもの。
ボケ具合も良い感じ。

うむ、オールド・デジカメも面白いぞ。
機会をみつけて持ち出して遊ぼう。


ただ・・・内部電池がしっかり空らしくて、電池を充電する毎に日付とか音とかの設定をし直す必要があるのは仕方がないかな。


2015.09.21 | | コメント(0) | カメラ

南国のお菓子


先週になるが、南国に帰国したスタッフからお菓子が届いた。
次に来たスタッフに持たせて届けてくれたんだ。


南国のお菓子

チチェロンとバナナチップス。


チチェロン(画像左の豚の絵がある袋)は南国の高級お菓子だ。
ハッキリと書くが、豚の皮のフライだ。
これが、メーカー(まぁ家内制工業だけど)によって味がちがったりして面白いのだが、頂いた一品は本当に美味しい。
皮だけど、皮下の脂肪とかを残してある部位をとかっているから、きっと高かった(南国の生活費を考えてだけど)に違いない。

ううむ、美味しいと言って食べてしまったが・・・ カロリーは高いと思う。

バナナチップスも南国ではメジャーなお菓子だが、何気にラベルをみたら、そりゃ凄い!
オイラの住んでいた島の首都から、南へ50kmくらい行った街で生産されているもので、本当に美味しいんだ。
普通にはなかなか手に入らない一品だ。

ネズミの国へ連れて行った一人だが、きっとそれを恩に思っているのだろうが、それも嬉しいことだ。
楽しんで、美味しくいただいている。

2015.09.20 | | コメント(0) | 南国

オールドカメラ オリンパス C-770


少し前になるが、とある中古品店にて見つけて小唄したもの。
最初に見つけた時は、お!と思ったのだが、小唄しようかしまいか悩んで・・・ しばらくいたんだ。

C-770


既に10年以上前の機種ですが、オイラのダイビングのもう一人の師匠の愛用機なんだ。
ブログのリンクにもあるけど、アクアバディズのボスが使っていて、それは素敵なハゼ(だけぢゃ無いけど)の写真を撮られていた。
スペックは確かに、今ではたったの400万画素だけど、ボスの写真はそうとは見えないんですな。
そんな事からも、古いカメラとはいえ興味があるのだ。

ちなみに、その当時のカメラでは、オイラはカシオのQV-R40を愛用しており、コイツはロシア、ドイツ、フランスへと連れて行ったんだな。(当時はメインの一眼は未だフィルムだった)


まぁ、こんな古いカメラを買うモノ好きは居ないとは思っていたけど、売れちゃったら少し悲しくもなるし。
見せてもらうと、キズは意外とあるし、付属品は電池と充電器のみ。
動作は問題なさそうだったけど、ジャンク扱いに近い感じ。

まぁ、戦車のプラモデルを買うより安いしって・・・ ええ、言い聞かせましたよ。小唄するために。



で、取り急ぎ、持っていたXDカードをいれてセッティング。
まぁ、説明書無くても(いぁ、もちろんダウンロードはしたけど)、適当にセッティングして・・・

あれれれ・・・ 画質とサイズが設定できない。
項目は見えるのだけど、カーソルが動かないんだ。

・・・ むむむ・・・  やられたか?

でも、撮影はできるし、再生もOK。
その他の設定はOK。

まぁ、撮影サイズも最小サイズではないし、画質も最低ではないから・・・ (悲しいけど我慢できるかな)

ああ、なんか、もっさりした動きってば、そうだったよね?的な懐かしさもあり。
しかし、A/S/Mモードがあるのは、今でいうトコロの高級機だよ。
それに、何か懐かしいデザイン?

そうか、E-300と同じ方向性なんだな。

E-300 & C-770


こうやって並べると親子ですね。


フラッシュが2段ツインで、レンズの真上だったりして・・・ 真面目に作られている感ありです。

C-770


さてさて、果たしてどんな写りかな?


2015.09.15 | | コメント(2) | カメラ

ちょっくら散歩に


疲れはあるものの、そこはカロリーを消費しないと・・・というか、やっぱり気分転換?

で、地元の施設までウォーキング。

途中、タイミングよく下りの電車が来たので踏切で撮影。
向こう側では撮り鉄君が一眼を持っていた。

東海道線


近づくにつれ、ズムズムと低音のリズムがラップと共に聞こえてきた。

やぁ、なんかタトゥーした人たちとか、ガルウイングの車とか、南国でよく見たでっかいスピーカーとか・・・ ふむ、保守的な街のはずなのに素敵な風景があって、ちょっとワクワク。
とはいえ、おっさんが南国仕込みのステップ踏んでいたら引かれるのは目に見えているので、そこはね?

で、散歩している犬をなでたり、生ビールを飲もうか悩んだり。


テルファー


ここのテルファーはオイラのお気に入り。
何度挑戦しても、思うような絵が撮れないんだな。

水上バスで帰ろうと思ったら、ほんのちょっとで最終便を逃してしまった。

ハーバー


うむ、GX200で撮ってきたけど、なんか空気感が良い感じだ。
それに加えて、往復で9000歩以上歩いたから、ビールが旨いよ。


2015.09.13 | | コメント(0) | 雑談

遊水地のバッタ


遊水地では、少しですがバッタの仲間もまだ見られました。

お!トノサマバッタの幼生か???


ツチイナゴの幼生

帰宅してから調べましたが、ツチイナゴの幼生でした。
目の下のラインが特徴。


それから、チキチキバッタ・・・


オンブバッタの幼生

こちらはオンブバッタの幼生。
いぁ、オイラはオンブバッタはショウリョウバッタの俗称だと思っていたんだけど、ちゃんとした名称でした。
夢中で葉っぱをかじっていたようでした。


で、そのショウリョウバッタ。

ショウリョウバッタ


違いは触角と体形(オンブバッタが太っているらしい)だそうですが、少し自信がないなぁ。



自信が無いついでに・・・

ヤバネウラシマグモ


ヤバネウラシマグモ。

ほんの一瞬だけ見かけて撮影したけど、このアングルで2枚だけで確認用の画像が撮れていないんだ。
初めて見た蜘蛛だけど、まぁ、名称は多分あっていると思う。


2015.09.11 | | コメント(2) | むし

年老いた蝶


天気が悪い日が続いているが、去る日曜日は休みをいただいたので、体に鞭打って遊水地に出掛けた。

どうにも、虫たちも元気はないようで、そろそろシーズンオフになるのかな、といったところ。

さて、湿地の長い回廊を渡った先の木立の中で見つけた葉っぱ?


クロコノマチョウ(夏型)


クロコノマチョウの夏型だ。
翅の模様が薄く、何となくヤレているようだが・・・


それから、開けた湿地で見つけたアゲハチョウ。

アゲハチョウ

コイツも飛ぶ意欲が無い感じだ。
画像では判りにくいが、左翅の後ろの方が欠損している。


ぐるっと回った土手で見つけたキタテハ。

キタテハ

コイツの翅のダメージは大きい。


ああ、彼らも年老いているんだろう。
自然の摂理とはいえ、ちょっとセンチメンタルな気分。


2015.09.08 | | コメント(0) | むし

数年ぶりの再会のカワセミ


ああ・・・着替えを忘れた、と落胆しつつ散歩に出る。

着替えが無いから、負荷を掛けずに汗をなるべくかかない様に・・・


うむ、数日前から作業されていたが、見慣れた土手が綺麗に除草されている。

・・・・

・・

??

!!

うぉっ! カワセミ!

ああ、何年ぶりだろう・・・ ここで最後に見たのは南国に行く前だ。

持ち歩いていたIXY3で撮る。
ここの処、あまり素敵な被写体に出会わないので、一眼を持って出ていないんだ。


カワセミ

光学ズーム目いっぱい。
ブログ用にリサイズしています。


カワセミ

上の画像から約1/9(面積比)にトリミングして、同様のサイズにリサイズ。
まぁ、1/2.3サイズより小さいセンサーだけどカワセミって判るからすごいね。


ああ、一眼持っていればなぁ・・・って何時も思うが、持ってでたときは大体がスカだったり。
そして、それすらも面白い。

2015.09.04 | | コメント(0) |

使ってみた GX200


昨日からの大雨が止んで、青空さえみえたお昼休み。

着替えを持ってきていないけど、そりゃ、GX200を持って散歩に出掛けますってば。

蒸し暑さも何のその・・・ 午後の仕事は忘れました。


放水路

放水路を広角側24mm

うん、いい感じ。
24mmってかなり広角で難しいんだ。

実はAモードで撮ったら、空の青さがイマイチ(色の再現は良かったけど見栄え的に)だったので、風景モードにしたらよい感じになった。


ヤマトシジミ

マクロは流石!
ちょっとピンボケは、風が強くて花が揺れていたからなんだ。
まぁ、そういうトコロにはピントがついてこないのは仕方がないよ。


ストラップ

もう少し風の影響がなかったセミの抜け殻。
ちょっと白とび気味?


まぁ、設定がまだ未確認的なところもあるけど、やっぱり素性は良いカメラだと思う。
個人的には、もっと望遠側を使いたいけど・・・ って欲もあるが。
ピントの遅さを含めた動作の遅さは、そういう時代も知っているし、そういうモノだと思っているので問題ないですね。

思い切って手に入れてヨカッタ。


で、帰宅したらストラップが届いていた。
かなり嬉しい。

セミの抜け殻

ちなみに、これもGX200で撮影。


2015.09.02 | | コメント(2) | カメラ

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR