ちょっくらダイビングへ その4


朝食後、ダイビングへ行く。
平日のせいかタクシーが少ない感もあったので、大通りまで歩いていき、そこで流しを拾うことにする。

大通りの角にはタクシーのガソリン・ステーションがあり、多くのタクシーが休んでいる。
ここで掴まえようと思っていたのだが、先を歩いていた女性が同様のことを考えていたらしく、交渉している様子がみえた。
どうにもダメダメみたいに見えたので、大通りを横断して掴まえることに。

ちょうど、お客を下ろした車が居たので、声を掛ける。
乗り込んで、走り出したところ・・・

ビーチの場所を知らないという。
話を聞いたら、タクシーの運転手に転職して2ヶ月だそうだ。
で、案内をすることに。

平日のため若干の渋滞もあり、ビーチまで210ほどだったので、220払う。
10ヶ月の女の子を持つ若いお父さん、がんばれよ。


さて、ダイビングはビーチから近いポイント。
ボスが他のお客様のアイランドホッピングのアテンドの為、スタッフがガイドをする。
うむ、このポイントなら、オイラはハゼが観たいぞ。

エントリーして、ドロップオフに沿って沈降していくが・・・
あれ?れ・・ 耳が痛い。抜けない・・・

スタッフがこちらを見たので耳が痛いと伝え、沈降の速度を下げて少しずつ沈んでいく。
10mを過ぎたあたりで、うまく耳のエアが抜けたようで痛みは無くなった。


ドロップオフの途中に見つけたアカフチリュウグウウミウシ

アカフチリュウグウウミウシ

蛍光色の赤が目立つんだ。


深度20mあたりにいるこのハゼが目的であった。

ニチリンダテハゼ

ニチリンダテハゼだが、ちょっと小さな個体だ。
なかなか警戒していた。
上手くホバリングしてくれたが、そのチャンスを逃してしまった。


同じような深度にて、アミメイボウミウシ

アミメイボウミウシ

うまい具合に触角が出ている。
ついでに、シロオビイソハゼ(1cm~2cm程度)も写っているので、ウミウシの大きさが判るというもの。


昨日につづいてサビウツボ

サビウツボ&シロオビイソハゼ

ちなみに地元料理のウツボの幼魚の姿煮はとてもおいしい。
こちらも偶々だが、シロオビイソハゼが写っていた。


ペアで居たコイボウミウシ

コイボウミウシ

まぁ、珍しくはない部類のウミウシなんだけど、ついでに地味だからなぁ。
先のアミメイボウミウシとは似ていても違う。


と・・・ダイビングコンピュータがアラーム!
あらぁ、デコンプ出ちゃったよ。
窒素が体内に溜まってきたから、とっとこ浮上して浅瀬(深度5mくらい)で窒素抜きしなさいよ、だと。

エアも十分あるし、浮上するタイミングだから問題ないな。
と思いつつ、早めに浮上しようっと。


で、少し浮上しつつ見つけたチョウチョウコショウダイの幼魚。

チョウチョウコショウダイ幼魚

よたよたと珊瑚のかげを泳いでいるが、本当に泳ぎが下手って感じ。
で、意外と撮れそうで撮れないんだな。


スタッフは上がりたそうな感じだったけど、オイラはデコンプしないとならないので、しばし待っててもらう。
もっとも、彼はオイラは最低でも60分は潜っていること知っているからな。

停止指示が消えて、浮上する。
62分のダイビングで、最大深度25m 残圧60kg/cm2 だから、まぁまぁかな。


船上でいただく旬のマンゴーとバナナは格別です。


スポンサーサイト

2015.07.29 | | コメント(0) |

ちょっくらダイビングへ その3

2本目。

ボートが動けないので、同じ位置から南へ行き戻ってくる。
どうも、スタッフがスクリューを外してオランゴ島へ修理に持って行っているらしい。

さて、エントリーして早々に大きなツノダシと遭遇。

ツノダシ

意外と撮れそうで撮れない南国らしい魚なんだが、今回はまぁ写っていた。

この辺りには確かチンアナゴも居たはずなんだが、と思いつつ草の生える砂地のスロープを見てみる。

チンアナゴ

ああ!いるじゃん。しかも目の前。



かなり近くで撮れたぞ。
今までにない近さだ。
もう、今日はこれでいいやって気分になる。


一緒に潜っていた人が何やら撮っているので近づいてみる。

おお!! ミゾレウミウシだ。

ミゾレウミウシ

海の宝石とはよく言ったものである。
本当にフォトジェニックだよ。
動きが遅いし撮り易いし。


マンジュウヒトデを見つけたので、手に持ってひっくり返してよく見る。
体長1cmほどのヒトデヤドリエビを見つけた。
まぁ、マンジュウヒトデに共生しているのが高い確率で見つけられるのだ。

ヒトデヤドリエビ

明るい方向にかざしてマクロモードで撮る。


18m位まで潜るものの、それから特に何か見つけたという訳ではなく70分ほどのダイビングであった。残圧は90kgも残っていた。


船に上がると、スクリューの修理は終わっており、無事に帰路につくことができたのだ。
途中、レスキューに呼んでいたボートと並走しつつビーチへ戻る。


ショップに戻って昼食&ビールをいただく。
片づけをしているスタッフに、サーと行くと何時も船が壊れるね、と言われたので、今日で2回目だろ?大体、オレのせいぢゃねぇよ!そもそも、前回、携帯持って行かなかったのお前だろ!と言い返して大笑いだ。

ダイビング後は、ホテルに戻って一休みし、夕食前にアヤラ・センターへ両替&ぶらつきに行く。
アヤラ・センターもバーゲンセールの真っ最中で、触手が動くものの、トランクの重量を考えて自制した。
って、なにより円が安過ぎ!! 今まで経験したこと無いぞ、コレ。

夜は知り合いと合流して、山の中腹にある地元料理レストランへ行く。
メジャーな店だが、あまり観光客は来ないんだな。

セブの夜景

シーズリング・シシグ(豚の頭の肉をみじん切りにして甘辛く炒めた物:いろんな食感があってご飯にマッチします)とフライド・チキン、アドボ・カンコン(菜っ葉の炒め煮みたいな?)とご飯を注文。もちろん、ビールはサミゲル・ライトだ。
カンコンが売り切れていたのでチョップソイ(八宝菜だな)に変更。
いやぁ、ネイティブ料理はおいしいです。

食事中もかなりの睡魔に襲われたので、夕食後はホテルに戻って即行寝る。

2015.07.27 | | コメント(2) |

ちょっくらダイビングへ その2


朝食をホテルで食べて、タクシーでビーチまで行く。

ホテルのガードが拾ってくれたタクシーに、ビーチ名を伝えると400という。
オイラの読みでは高くても250位だから、そりゃぼったくりだ。
メーターに+50でどうだ?
メーターなら+100くれ。日曜の朝だし、こちらに戻るお客はつかまらないから、ガソリン代で足がでる。
ふむ、下手な運転なら+50、上手い運転をしたら+100払ってやるから行け。


途中、左に曲がろうとするので、何処行くんだ?と聞く。
ニューブリッジを行くというので、ダメだオールドブリッジを行けと指示。
まっすぐ行って、マリゴンドン・クロスを左だ。
こいつ、遠回りしようとしやがったな。

おい、そこを左だ。ショートカットできるから行け。
この時点でのメーターから、220程度で着きそうだから、300渡せば十二分だ。

で、結局メーターで201・・・仕方がねぇなぁと思いつつ300払う。
うむ、ご祝儀価格だ。


ハドサンビーチ

久方ぶりに逢うショップのボスと家族に挨拶し、同船するお客さんともご挨拶。
ボスに紹介していただいている間に、ボスの奥さんがコーヒーをいれてくれる。

今日は沖にみえるオランゴ島タリマへ行くという。船で30分ほどだ。
木造の沈船があり、魚影も濃くてなかなかのポイント。


ボートに乗って向かう途中に雑談・・・

そういえば、前に常連のNさんSさんと行った時に、帰りにエンジンが止まっちゃって漂流したんだよね~、とオイラが話す。
その時は、他のお客さんの世話でボスは乗船していなかった。
スタッフが携帯忘れたので、オイラの携帯から掛けてレスキューしてもらったんだよね。
まぁ、笑い話になってよかったよねぇ、と。

そうこうしてダイブポイントに着く。
ブイにボートを結んでダイビングの準備・・・ と何やらガリガリと振動を伴う音。

やっちまった。
スクリューを岩に当てたらしい。

・・・また? 漂流?

ダイビング終了まで3時間以上あるから、その間に修理もしくはレスキューを呼ぶという話だ。
まぁ、何とかなるでしょ。

1本目。
北へドリフトしつつ沈船まで行く。
その辺りで浮上して船に拾ってもらう予定だが、その船がアレだ。

以前に比べて華やかさが無くなっている感じをうける。
あまり魚影も濃くないし、こんなんだったかなぁ・・・
もっとオヤビッチャがわさわさ居たと思うのだが。

フタスジタマガシラが何気に停止している。

フタスジタマガシラ

こいつも普通に観るやつで、静止するから意外と撮りやすかったりする。


サビウツボが何気に岩の下からお出迎えか?

サビウツボ

こいつってば何処見てるのか判らん目なんだ。

イソギンチャクの中にカクレクマノミとナデシコカクレエビ。

ナデシコカクレエビ

カクレクマノミ

このエビってば体長1cmほどなんだけど、似たような仲間が多くて判り難いんだ。
こいつらのユラユラ泳ぐ姿は見飽きない。




この辺りは、大きなハタも見られるので、最初に潜った時はびびった。
沈船もかなり崩れているが、ここのアヤコショウダイの群れは見所かと思う。

アヤコショウダイ



でも、こちらも以前のイメージとはちょっと違うな。
最初に来たときは、本当に感動したんだが。

それから、東(島の方向)へ向かいつつ、海底にそって深度をあげていく。

砂地で見つけたレッドマージンシュリンプゴビーのペア。

レッドマージンシュリンプゴビー

以前はもっとハゼの種類も多かったと思うのだが。

ツバメウオの仲間・・・ミカヅキツバメウオだと思うのだが、人馴れしていてエサをもらえると思って寄ってくるのだ。
50cmくらいあるかな。

ミカヅキツバメウオ




エグジット前に撮ったクモウツボ。

クモウツボ

この後、後ずさりして岩の下へ潜ってしまった。

浮上の合図があり、順次ボートへ・・・
あれ?妙に小さくなっているけど?

ああ、スクリューの修理ができていないので、土産物屋のボートを呼んだんだ。
その小さなボートで、元のボートへと戻った。

最大深度19m、潜行時間71分、残圧60kg/cm2
まぁ、ブランクダイバーの1本目ならこんなもんか。

休憩中にマンゴーとバナナをいただく。

マンゴー

いぁ、マジ、マンゴーうまい!!
ボスがローカルの市場で買ってくる旬のマンゴーは、こちらのスーパーのそれとも違うんだな。
来た甲斐があったとつくづく思うのだ。


2015.07.25 | | コメント(0) |

ちょっくらダイビングへ その1


休みが取れそうだという目算ができたので、ネットで安売りのエアチケットを探すことに。
検索をかけるとLCCで安いチケットが見つかったが、直行便のフライトは火・木・土しかない。
海の日が祝日なので、それに1日振り替え休日を当てれば問題なく土~火の旅程が組める。
で、見つけた旅行代理店で発注するも、安売り故の縛りがしっかりと・・・
発券後のキャンセルやフライトの変更が全くできないので、もう何が何でも仕事を仕上げないとエアチケットが無駄になることになる。
まぁちょっと良いコンデジ程度の金額だから、最悪は諦めがつくか、と自分に言い聞かせて予約する。
カード決済なため、しっかり1週間後にEチケットの発券の連絡を受け、もう仕事をこなすしかなくなった。
それから、ダイビングショップへの連絡とかホテルを探すとかを暇を見つけては行っていたのだ。

ホテルもダイビングショップのあるビーチ・エリアはリゾート地故に高くて、LCCで行くようなオイラには敷居が高い。
かといって、バックパッカー用の激安宿は、現地を知っている故に出来れば避けたい。
結局、地理感もある市中心地近くの中級ビジネスホテルを探した。というのは、ショッピングモールが徒歩圏内だと治安や食事の心配が少ないのだ。ただ、ダイビングに行くのにはちょっと距離がある。
まぁ、ホテルも予約サイトからの予約だから慌てる必要も無かったので、より条件の良いホテルを探すことに熱中してしまった。
で、結局出発の5日前に最初に目をつけたホテル(朝食付き4000円/1泊)の予約をしたのだった。

現地通貨も日本の銀行では買うことが出来ないので、現地で使える電話用プリペイドSIMと共にツテを使って入手。

SIM

カメラ・水中ケース・水中ストロボ・ダイビングコンピュータ等を出して動作確認等行う。

そんなこんなしていて、仕事の目処もつき何とか休みはGET!


と・・・ 航空会社からメールだ。

何々・・・ フライト72時間前になったからオンライン・チェックインできるからやってね、だって。

ふむ、Eチケットだから当日窓口でチェックインすると思っていたので、こいつは面食らったぞ。
で、リンク先を開いて、メールアドレスと予約番号、を入力して・・・

?? あれ?座席の指定??? 青い文字でリンクが貼ってあるので、ぽちっと。

ああ、、こりゃいいわ、座席が空いている中から選べるんだ。

?? あれ?700円って??? あらら、金取るのね。流石LCC。

いぁ、そりゃ払いたくねぇし・・・ と戻って再チェックインして座席は15B。
ううむ、真ん中か。
まぁ、当日、空いていたら他の席に移動すればいいしね。

BoardingPass18thJuly2015S-3.jpg


ということで、台風11号の進路にドキドキしつつ仕事を仕上げたんだ。
12号は帰国までは大丈夫と踏んでいた。


出発当日。
いつもの様に第二ターミナルのチェックインカウンターRかSの方へ行きつつ、ボードでカウンターを確認する。
あらら、反対側のAだって。何れにしろ外れだわな。

チェックインの列はオンライン済みの人が別ラインになっていて、こちらは短くて助かりました。

お客様、今ならお席を変えられますが・・・と。

あ、なら通路側にして。

はい・・・10Cです。

おお!オンラインチェックインして&席を金払って選ばなくてよかったよ。


と、データ専用スマホにメール着信。
見ると、出発72時間前だからオンラインチェックインしてよってメールだ。
ああ、そうか。帰国の便だな。
スマホからだと小さくて判り難いから、現地に着いてホテルのWifiにPCつなげてからでいいや。

搭乗口が98というこれまた外れなのだけど、そりゃ仕方がないね。
ということで、出国してから、飛行機が見えるお気に入りの店で昼食とビールをいただく。

IMG_0365-33S.jpg

搭乗時間が遅れたものの、まぁ大きな遅延もなくフライトしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA_1-3S3s

OLYMPUS DIGITAL CAMERA_6-33S

さすが、LCC。シートがチープでお尻が痛くなる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA_8-33SS



予定より、若干早く現地へ到着。

席も前の方だったので、入国審査の列も未だ短い。

・・・あなた、こちらに4年住んでいるの?
と、パスポートのビザを見せられて聞かれる。

あ、以前ね。今回はバケーションで、4日間だけだよ。

ああ、それなら良いわ。


そりゃ、ビザ切れているけど、1ヶ月の滞在までならビザいらないのに・・・
と思うものの、彼女の仕事だからな。

問題なく入国&荷物受取して、タクシー乗り場へと行こうとする。

あれ? 以前と風景が違うというか、道の向こう側にあったスロープが工事中だ。

寄ってきたタクシー(白タクだよ)の客引きに聞くと、新たにタクシーステーションが出来たらしい。
ちなみに、白タクの値段は比較にならん程高いが、見ていると観光客が結構使っているんだな。
まぁ、ここでオイラが出しゃばっちゃうと営業妨害で殺されちゃうから、そりゃ知らんぷり。

で、タクシーステーションは長蛇の列。
まだ日が高いし、のんびり待ってホテルへと向かった。

ホテルへチェックインして、先ずはPCをネットに接続。
Wifiの電波は強いのだけど・・・ 反応が無い。 
ああ、こりゃ回線細いわ。
使えねぇほど細い回線を、客が取り合ってんだよね。
何とか自宅にメールを送ることはできたのでヨシとしよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA_47-33S


夕食は肉を食べたいと思うので、ITパークへと行く。
The Walk(いわゆるレストラン街) にある、カーサヴェルデか、ムーンカフェ、もしくはブルーエレファントの何処か席が空いているだろう。
カーサヴェルデは激混みだったが、ムーンカフェが入れ替わりのタイミングらしく空席があった。
ブルーエレファントは雰囲気が変わっちゃって、バーっぽくなっている。
で、ムーンカフェにてムーンステーキ(ポーク)とサミゲル・ライト(ビール)に決定。

近所のコンビニで水とレッドホース(ビールです)を買ってホテルに戻り、TVでこちらのバラエティ番組を見ながら呑み、そして寝る

2015.07.22 | | コメント(4) |

梅雨が明けるかな?


台風も来ていますが、昨日・今日と暑くなってセミの声も聞かれました。

うん、そろそろ梅雨も明けるかな・・・と思うところ。

昨日は、南の空に積乱雲が生まれ始めていたのを観た。

積乱雲


今日は、この季節には珍しく富士山が望めた。

富士山


そう、オイラ的には、今年に入ってから続いていた仕事の波が一区切りというところ。
何とか今週末の連休はしっかり頂ける予定だ。
で、その休みを使って南の海に潜りに行こうと思っている。

SIM


機材のチェックもなかなかままならないのだが・・・ 1年以上ぶりに使うものの、何とか大丈夫そうだ。

心もかなり痛んでいるのが自覚できるので、本当に短い休みだがしっかりとリフレッシュしてくる予定。
非常に楽しみである。

2015.07.14 | | コメント(2) | 雑談

アオスジアゲハ

雨が続いて・・・ 仕事も続いて・・・ 昼休みの散歩もままならない最近。

さて、ちょっと前に撮った画像から アオシジアゲハ。

メジャーなアゲハだけど、なかなか上手くは撮らせてくれない。
青いラインがハッとする美しさで、好きな蝶です。

600mmの望遠で狙うと、意外と気づかれない範囲から撮れることが判ってきた。


アオスジアゲハ

アオスジアゲハ



そういえば、先週・今週とカメラを持って会社に行っていなかったりする。

ふむ... アルコール度数が増えるわけだな。

2015.07.06 | | コメント(0) | むし

ネズミの国に南国人を連れて行く


研修生の憧れの地でもある、千葉は浦安にある東京ネズミの国。

どうしても連れて行ってくれとの要望があり、もちろん費用は彼らが負担するとのことで連れて行った。

ああ、十年以上ぶりだ・・・ というより、30年前にバイトしていた(プチ自慢)ことが思い出されて、懐かしさに鼻がクシュクシュした。

まぁ、大きなレイアウトは変わりはしないので、オイラのガイドはまだまだ大丈夫だ。

アトラクションも最大1時間ほどの待ちで、大物(?)は制覇できたのが何より。

ネズミの国

ネズミの国


ネズミの国


ネズミの国


いぁ、スプラッシュマウンテンで、最後の撮影にしっかりポーズをとって臨んだのに前席に座っていた研修生の手がオイラの顔を隠していた。

研修生には、サー、カメラあること知っていたんですか? ちゃんとポーズとって凄いです、って言われたものの残念ではある。

まぁ、彼らも楽しんだし、大声をだしてローラーコースターに乗ったりしてオイラ的にもストレスの解消にはなったようだ。


2015.07.02 | | コメント(2) | 未分類

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR