ベニマシコ

今朝は、雨上がりでとても富士山が綺麗に見えました。
となると・・・ 疲れで体が重かったとはいえ、遊水地へ出かけました。

工事の音が聞こえるとともに、駐車場にはガードの方も。
挨拶して工事のことを聞き、まぁ、ダメなら諦めるつもりで歩きます。

ココは鳥撮りの先輩からベニマシコを教えて頂いた処。
でも、それから未だ観てはいないのだ。

空の蒼さに癒されつつ・・・ ああ、出てきてヨカッタと思う。
時折、風景を Pentax Q で撮影しつつ遊歩道を歩きます。

ココはヘリの空路の真下でもあるし、そういう点でも好きなところだ。


で・・・ 鳥の連続する鳴き声に注意していると出てきました。
ファインダー越しに確認して・・・お腹が赤い! 一瞬で判りました。

でも、枝被り・・

少しでも手前に来ないかと狙っていると、後から足音が聞こえてきました・・・
おはようございますの一言と共にオイラの背中側からベニマシコの方へ・・

うゎあああああ・・・ チャンスを・・ 折角のチャンスを・・・
いぁ、肝が据わっているベニマシコさんです。

しかし、出てこない・・・アシの上にも上がってこない・・・見えているのに。

そしてついに飛んだ!と思ったら、すぐ近くのセイタカアワダチソウに止まって、お食事。

ベニマシコ

さらに次のご馳走へ。

ベニマシコ

ベニマシコ

まだまだお食事は続きます。

ベニマシコ

その後、対岸へ移動して・・・お食事は続きましたが、流石に遠くておさえで撮るにとどまりました。

それにしても、かなりフレンドリーなお方でした。
もしかして人なれしている?

なかなか思うようなアングルで撮れなかったけど、初めて観れてとても嬉しかった。


スポンサーサイト

2015.01.31 | | コメント(0) |

紅梅?白梅?


昼休みに見つけた花。

毎年咲いていたと思っていたのだが、なにせ日本にての4年ぶりのこの季節だからな。


梅

梅は・・・白梅?ってググっても白梅って品種はないみたい。
そう、シラサギって鳥が居ないとの同じなのかも。


ボケ

紅梅かと思ったら、ボケでした。
向こうに富士山が見えたので、うまく重ねて撮ろうかと四苦八苦しましたが、どうしてもバックの畑の人工物が入ってしまうので諦めました。


今日は、イソヒヨドリとジョウビタキのメスも見かけたと覚書。

2015.01.29 | | コメント(0) | 草花

読了(ジョジョの奇妙な冒険Part6:ストーンオーシャン)

ようやく読み終わりました。

Part1からPart6まで、文庫サイズで50巻か・・・ 
キリがよくて、ちょっと嬉しい。

JoJo


次のPart7を読んでみないと判らないけど、今回の終わり方はオイラ的には今一つ。
まぁ判らないでもないけど、ジョジョの世界観というか歴史観という点ではどうよ?という感じ。

さて、落ち着くために素数を数えるか。


2015.01.28 | | コメント(0) | 雑談

セッカ(だと思ったら・・・)

一度お会いしたことのある鳥撮りさんが、ブログでアップしていたので羨ましくもあった。
もっとも、経験値が違いすぎるのだけど・・・・

さて、遊水地にてミコアイサを撃退されたのち、挫けつつも帰宅しようと駐車場へと向う途中のこと。

目の前の葦へ入る鳥影。
アオジかな・・・と思うものの、それはやはり撮らないと。

ファインダーを覗いて・・・あれ?
アオジぢゃない・・・?

帰宅して画像を確認し、図鑑で調べる。

特徴的な部分が明確には写っていないけど、季節や場所からセッカだろうと思う。
偶々だけど、観たかった鳥だし素直にうれしい。

セッカ

もう一羽が飛んできてペアになった。

セッカ

こうなると、どっちにピントを合わせれば・・・とアタフタ。

でも、可愛く撮れているので、ちょっと満足。


追記:

鳥撮りの先輩から、セッカではなくてウグイスとご教授いただきました。
ありがとございます!!

確かに、画像を見ると、背中に模様が無いようです。
オイラが図鑑で調べた際、同じウグイス科で似ているのに違うページでしたので調べきれませんでした・・・というか、セッカだと嬉しいって思いもありましたしね。
と、調べ方が浅いと反省しつつ、図鑑のせいにしちゃいます。(苦笑)

ということで、タイトルにも追記しました。



2015.01.27 | | コメント(0) |

ミコアイサ

ミコアイサを撮りたくて遊水地に何度か足を運んでいました。
観ることはできるのですが、何せ近くには来てくれない。

何度目かの正直ってところに・・・ 多少近くに来てくれたので、何枚か撮影。
その後、向こう岸の方へ行ってしまいました。

2時間くらい待てば来るよ、との先輩方の言葉もあり、再度さらに近くに来ることを期待し身を丸めて待っていました。

なかなか来ないのにしびれを切らしましたが、向こう岸を歩く人の列・・・
自然観察会か何かだろうか・・・ ミコアイサを観ているようでもある。
彼らがミコアイサをこちらに追ってくれるに違いない、と思うと更に期待は膨らみます。

目論見通り、少しづつこちらへ・・・

・・・もう少し・・・さっきより近くへ・・・

・・・・

と、先に自然観察の団体さんが岸をぐるっとあるいて来てしまいました。

あ、ほらミコアイサ!!
あそこ!
うわぁ、かわいい~!
どこどこ?
ママぁおなかすいた。
ホラ、あの鳥はなんだろう?
ほらほら、あれだよ、アレ!


うわぁ・・・・

心が挫けていくのが判りました。
オイラの忍耐の時間を返してくれ。

ま、それすらも自然ですね。

団体が来る前に撮ったミコアイサ。


ミコアイサ

エサ取りの小休止?パタパタって可愛い。

ミコアイサ

ミコアイサ

数羽のファミリーっぽいのですが、エサ取りの為に頻繁に潜るので、うまく数羽が絡む写真がとれません。
でも、ニックネームのパンダ・ガモってのが良くわかります。

2015.01.25 | | コメント(0) |

コゲラ

先日の休日には里山の公園へ行きました。

公園内の尾根へと昇る遊歩道を歩くと、ドラミングの音が聞こえます。

メジロなんかを撮りつつ歩きますが、すぐに頂上まで到着です。
反対側の谷へ下りようか・・・来た方の谷へ戻ろうか・・・ と思案していると、また聞こえてきました。

聞こえてくる方向といえば、来た方の谷。
音を探りつつ、来た遊歩道とは違う道を下りていきます。
時折、耳を澄ませつつ・・・

と、少し下方の木々の間に鳥影が。
ファインダーを覗くと、キツツキの仲間らしいと判ります。
コゲラでした。

・・・しかし、木々の枝に邪魔されてダメダメ。
逃げる前には、1枚は何とか撮れたかなと思いつつ、次のチャンスが来るのを願います。

すぐに、すこし上方の木にとまるのが判りました。
夢中でシャッターを切って、大満足。

殆ど谷の公園へ到着する間際に、またまたドラミングの音。
まぁ、2度目に満足しているから・・・と思うものの、探すとかなり近い。

流石に3度目ですから落ち着いて狙います。

コゲラ


虫を探しつつ、木の幹を上って行く様子がよくわかりました。

コゲラ

心の中では、そっちぢゃなくて・・・もう少しコッチ向いて!とか、叫んでいますよ。

コゲラ


・・・帰宅して画像を確認すると、満足したはずの2度目の撮影が、全くピンボケでしたとさ。
少しはまともな写真は3度目の正直だったんだって、ま、そんなもんですよ。


2015.01.22 | | コメント(0) |

ナンカイニセツノヒラムシ (ダイビング)

ダイビングでは、とても多くの生物を観ることができます。
もちろん探すこともありますが、時には・・・ 気がつけば、ふっと近くに居ることもあります。

減圧停止の為に、浅瀬(3~5mくらい)の海底をウロウロしていた際に、泳いできたのがナンカイニセツノヒラムしの仲間。
岩とか珊瑚にくっついているのは観たことあるが、目の前に泳いできたのには、ちょっと驚き。

ひらひら・・いぁ、うねうね?と海中を泳ぎます。

ナンカイニセツノヒラムシ

その動きがとても面白いと思うのですが。


前から・・・ピンボケだ。

ナンカイニセツノヒラムシ

触角みたく見える方が前です。

後から・・・この柄が素敵っていうか種類も多い。

ナンカイニセツノヒラムシ

ムービーも撮ってみました。




そして、着地?

ナンカイニセツノヒラムシ

ううむ、カラフルな「キクラゲ」と言ってもおかしくないな。



2015.01.20 | | コメント(0) | ウミウシ系

カシラダカ

遊水地にて、目的のカモさんが近くに来る気配もないので、移動しようかとしたところ・・・

目の前の木にとまる一羽の鳥。

お! アオジか?

・・・ いぁ、カシラダカだ。

近くで撮れる機会にドキドキでした。

カシラダカ


太陽の位置と枝の位置を確認しつつ、少しづつ自分の位置を近づけていきます。

カシラダカ


もちろん、何時飛んでも良いように、シャッターは切りまくり。

カシラダカ


もう一歩を欲張ったら、やっぱり飛んで行ってしまいました。
ま、そんなモンです。

でも、かなり近くで撮れて満足度高しでした。





2015.01.19 | | コメント(0) |

フィリピン・セブ島 シヌログ祭

今日はセブ最大の祭りのグランドパレードとのこと。
2012~2014年と現地で観たのだが、それは本当に彼の地の人たちに無くてはならない祭りでした。
クリスマスも大事ですが、セブでは一年がシヌログに始まってシヌログで終わるって言っても過言では無いかもしれません。
もちろん、フィリピン中のスリが一年の殆どの稼ぎができるという、治安の面では警戒しないとならないことは当然至極。

その祭りの最後を飾るグランドパレードは、セブ市のセントラルを多くの山車がダンスと共に練り歩く・・イメージとしてリオのカーニバル?みたいな。

さて、オイラとしてはカメラ(ミラーレス)を片手に(もちろんストラップを手首にグルグル巻き)、水代程度の小銭をポケットに裸でいれて、携帯電話はGパンの左前側のポケット&左手を入れて歩きます。

2014年の写真の中から一部抜粋。

フェイスペイントとか露店でしてもらって盛り上がります。
もちろん、宗教的意味合いもあります。

シヌログ(フェイスペイント)

通りを封鎖してパレードのコースにします。

シヌログ(大通り)

フィリピンのアイドル女優キムチュウさん。
TV局の山車です。

シヌログ・パレード(kim)

パレードではメインのヒロインがサントニーニョ像を掲げて踊ります。
各チーム毎(参加グループは自治会や学校等)、テーマに沿ってパフォーマンスをします。

シヌログ・パレード

シヌログ・パレード

シヌログ・パレード

シヌログ・パレード

大がかりな山車もあります。

シヌログ・パレード(山車)

シヌログ・パレード

道路わきは見物客で人垣ができます。

シヌログ(見物人)

露店では、プリントTシャツを目の前で印刷してくれます。
150peso程度だったかと・・・

シヌログ(Tシャツ屋)

文化的な意味もありますし、その熱気も含めて一度は観る価値があるかと思うトコロです。
もちろん、スリ等危険度は高くなりますけどね。


2015.01.18 | | コメント(0) | 南国

ノスリ

遊水地にミコアイサを撮りに行く。
しかし・・・どうにも嫌われているのか、なかなか近づいては来てくれないのだ。

待ちくたびれて空を仰ぐと、トビが目に入った。

ノスリ


カメラを向けて観察し撮影するが、尾の形が特徴的なトビのものと少し異なる感もあった。

飛んできたカラスとニアミスもするが・・・

ノスリ


風も強くなり、早々に引き上げることにする。

何時もお会いする犬の散歩にカメラを担いだ方とお話すると、ノスリ観ました?と聞かれた。
??いや・・・ 観ていませんよ、と答えた。

あそこの鉄塔の上にしばらくいましたけど・・・とのこと。

帰宅して、撮った画像を確認、図鑑で調べたら件のノスリでした。
図鑑に書かれていた特徴がバッチリそのものだし、何せカラスと一緒に写っていたりするから、大きさまで。

まぁ、次回観てもノスリ、トビ、ミサゴって見分けがつかんだろうな。
多分。

2015.01.17 | | コメント(0) |

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR