ちょっくらセブでダイビング (その10: エビ)


休みがとれたので、ちょっくらダイビングに行ってきた。

今回のダイビングでは、あまりエビ・カニが撮れなかった。
まぁ、そういう事もありますけどね。
ガイドのスタッフは良く探してくれたのだけど、そこは自然のものだから。



イソギンチャクカクレエビ

イソギンチャクカクレエビ
イソギンチャクに共生しているエビ。
似たヤツが多いので・・・ いつも選別に困るのだけど。



バブルコーラルシュリンプ

バブルコーラルシュリンプ
文字通り、バブルコーラル(画像の白い丸い球はサンゴの仲間です)に共生している。
今までも幾度と無く撮ってきましたが、ここまで撮れたのは初めて。



コマチテッポウエビ

コマチテッポウエビ

コマチテッポウエビ
ウミシダに共生しているエビだけど、体色がウミシダの色とかに影響されるのだ。
ウミシダに隠れていると、本当に見つからない。



オトヒメエビ

オトヒメエビ
今回、2度見ることができた。
オトヒメって名前の割には優雅ではないかな・・・(個人的見解です)
きっと、腕や足のトゲトゲがそう感じる原因かも。


ううむ、ちょっと古いカメラだけど、良い具合に撮れます。

スポンサーサイト

2017.04.30 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらセブでダイビング (その9: PPAP in エルスェーノ? )


休みがとれたので、ちょっくらダイビングに行ってきた。

数年ぶりに会うダイビング仲間と夕食を一緒する約束をしていたんだ。
で、折角なので、オイラが住んでいた頃にオープンして以来頑張っている日本人オーナーのフィリピン料理レストラン ”エル・スウェーニョ”さんへと行く。

エル・スウェーニョ

エル・スウェーニョ

オイラが住んでいた時は生活圏から方向が逆だったので、なかなか行く機会も少なかったけど、マクタン島のリゾートに近いロケーションだからツーリストには便が良いんぢゃないかな。
で、安心てフィリピン料理を楽しめる店としてお勧めできますし、ここのタイ式マッサージもローカル価格でお勧めです。
(興味を持たれたらググってください)


エル・スウェーニョ

おお! 出迎えてくれたのは、世界的歌手のピコ太郎さんではないですか!
って、行った際には気が付かなかったけど、これって、お得なプロモですよ、奥さん!
ピルセン(ビール)3本+サミゲル・ライト(アップルフレーバー)1本でP.150って、安いです。
くそう、垂れ幕撮っておいて、ピコ太郎さんだけに注目していたわ、オイラ。
(あ、ピコさんについては、その・・・ツッコミは無しでお願いします。)
それよか、店の全景とか・・・ 撮ってないでやんの・・・


エル・スウェーニョ

料理は、オイラの好きな”アドヴォ・カンコン(写真・左奥)”、店のお勧め”牛タン・シシグ(写真・右奥ビールの後)”、そして友人の好きな”モリンガ・ペペロンチーノ(写真無)”と、オイラは”モリンガ・ガーリックライス(写真・手前)”
もちろん、ビールは必須アイテムですが・・・ くそう・・・。

オイラの大好きなフィリピン料理の”シシグ”は、ご飯の友として一押しなんだけど、その材料は?というと・・・ 日本人には馴染みがあまり無かったり。
で、それを日本人に馴染みやすく牛タンで作ったシシグが、このお店のお勧めです。
もちろん、オイラ的にもお勧めの一品。

モリンガは香草の一つで、体に良いらしいです。
お店で栽培している新鮮なものを使われていて、香草というわりにはクセもなく食べやすいんだ。


オーナーから南国の情勢とかお話を聞くこともできましたし、相変わらずのダイビング仲間との面白い話とか・・・
いぁ、本当に久しぶりの仲間とオーナーとの再会は楽しいひと時でした。
そして、しっかり食べて飲んで大満足。

2017.04.29 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらセブでダイビング (その8:ハゼ 2 ニチリンダテハゼ)


休みがとれたので、ちょっくらダイビングに行ってきた。


ハゼといえば、セブで毎回のトライは外せないニチリンダテハゼ。
大きさといい、そのビジュアルといい、名前といい、とても良い被写体です。
とはいえ、ドロップオフを降りた15m以深、ハングオーバーになった岩の影とかの砂地に居るので、太陽光がとても少なく撮影状況は良いとは言えないのだ。

今回はフラッシュに加えて水中ライトも使っての撮影。
カメラも今までと異なる機種。

結論から言うと、オーバー気味の画像ばかりだったことが、フラッシュ光と水中ライト、そしてカメラの設定のバランスが掴めていなかったということだ。
ただ、RAWデータで撮っているので、帰国してからの調整はなかなか面白く。


ニチリンダテハゼ


ニチリンダテハゼ


ニチリンダテハゼ


ニチリンダテハゼ

全て異なる場所で撮影している。
実際は、もっと多くのニチリンダテハゼを撮影しているのだが、先の理由にてボツばかり。


今までのオリンパスTG-820と比べて、解像度は上がっているのが実感できました。
ISO感度を抑えているのもあるけど、画素数は少なくてもセンサの大きさが違うのがポイントだと思う。

2017.04.28 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらセブでダイビング (その7:ハゼ 1)


休みがとれたので、ちょっくらダイビングに行ってきた。

オイラのダイビングでの被写体で、ウミウシの双璧となっているハゼ。
被写体としての動きは少ないのだが、何せ警戒心が強い点が難しい。

先ずは定番・・・


ヤマブキハゼ

ヤマブキハゼ
いつもは多く見るのだけど、今回は少なかった。
フラッシュ光を当てた位置が、ちょっと手前だったかな。



クビアカハゼ

クビアカハゼ
これも多く見られるハゼ。
浅いところから深いところまで、大きいヤツから小さいヤツまで・・・
これは大きめの個体だ。



ヒレフリサンカクハゼ

ヒレフリサンカクハゼ
岩陰とかで良く見る。
背びれをヒョコヒョコと動かすのがカワイイやつだ。
意外と小さく今まで上手く撮れなかったけど、今回はバッチリ。
カメラの違いかと。



ガラスハゼの仲間

ガラスハゼの仲間
カレントが強くて距離がずれたり、フラッシュ光の当たり方とかで、ダメ写真を増産しました。
まぁ、何とか一枚。



Striped Goby

Striped Goby
図鑑で調らべた名前だが、和訳するとシマハゼ?
?というのは、シマハゼでググっても似たハゼが出てこないのです。
砂地でホバリングしている姿を見るのだが、警戒心が強いので少し近づくと巣穴に潜ってしまうのだ。
小さいハゼなので、遠くから撮るとなかなか解像しなくてね。
今までで一番ハッキリと撮れた1枚です。



シロオビハゼ

シロオビハゼ
いやぁ、本当に久しぶりに見た。
コイツは滅茶苦茶に警戒心が強い。
ハングオーバーの下にある砂地だったけど、オイラが気が付いた瞬間に巣穴に潜ったんだ。
で、ちょっと待って、ようやく一枚撮ったのだけど、撮った瞬間に潜っちゃって出てきませんでした。
だから、今まで撮った画像もこんな感じなモノだけなんだ。
写真の中心に何かちょっと白い部分がある黒いモノっていう・・・ 言われても魚とは思えません。

2017.04.27 | | コメント(0) | ダイビング

ちょっくらセブでダイビング (その6:ウミウシ 3)


休みがとれたので、ちょっくらダイビングに行ってきた。

ウミウシは今回が最終回。
いつもよりも少し多くの種類のウミウシを見ることができました。


センジュミノウミウシ

センジュミノウミウシ
これって、初めてみたら見分けられません。
今回はガイドのスタッフが見つけてくれたものです。
結構カレントが強くて、距離を一定に保つのが難しく、ピンボケを量産しましたよ。
漢字に充てると千手蓑ウミウシかと。


ダイアナウミウシ

ダイアナウミウシ
オイラ的には、観てるつもりで意外と観ていない種類です。
ミゾレウミウシに似ているけど(同じ仲間なので当たり前か)、模様と触角&鰓の色が違う。


ツノキイボウミウシ

ツノキイボウミウシ
あ、今回は普通に見かけるコイボウミウシとかって観ていないぞ。
イボウミウシ系は地味なんだけど、その中でも少しは・・・って。


チリメンウミウシ

チリメンウミウシ
結構大きな個体が多い種類です。
カレントが強くて、触角&鰓が流れちゃって・・・ オイラも流されないようにって感じでした。
少し浅かったので、光が十分にあったのが幸い。


今回のダイビングは、6ダイブで8種類のウミウシを観られたから、確率は良いのではないかな。
動きが遅いから撮りやすい被写体だけど、それでもマダマダだな。


2017.04.25 | | コメント(0) | ダイビング

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR