ダイビングログ 18th.Jan.2014 (その3)


この日は、あまり見る機会の無いウミウシも見られたんだ。


コイボウミウシ

コイボウミウシ

まぁ、あれだ・・・ オイラが潜っていた地域では、鳥撮り界のジョウビタキって感じ?
あまり可愛くないんだけど、この紋様が意外と多種だったりするし、地方によっては珍しいらしい。
触角が見えると嬉しいんだけど・・・


サラサウミウシ

サラサウミウシ

コイツも地方によっては微妙に紋様が異なったりする。
結構、這っているトコロを見るし、意外と大きかったりする。


ダイアナウミウシ

ダイアナウミウシ

なんか、オイラ的なイメージとしてダイアナ妃なんだな。
他の同種のウミウシの中でも可憐だと思うんだ。


センジュミノウミウシ

センジュミノウミウシ

ミノウミウシの仲間なので、体からトゲみたいに・・・
まぁ、漢字にしたら蓑、で千手だと。
真珠的な色が撮れたのが嬉しい。
・・・ センジュとシンジュ・・・ ちょっと考えたオイラが間違いだ orz


ウミウシもちゃんと画像を分類してアルバム化したいと思うのだが。

(了)

スポンサーサイト

2016.02.02 | | コメント(0) | ウミウシ系

ナンカイニセツノヒラムシ (ダイビング)

ダイビングでは、とても多くの生物を観ることができます。
もちろん探すこともありますが、時には・・・ 気がつけば、ふっと近くに居ることもあります。

減圧停止の為に、浅瀬(3~5mくらい)の海底をウロウロしていた際に、泳いできたのがナンカイニセツノヒラムしの仲間。
岩とか珊瑚にくっついているのは観たことあるが、目の前に泳いできたのには、ちょっと驚き。

ひらひら・・いぁ、うねうね?と海中を泳ぎます。

ナンカイニセツノヒラムシ

その動きがとても面白いと思うのですが。


前から・・・ピンボケだ。

ナンカイニセツノヒラムシ

触角みたく見える方が前です。

後から・・・この柄が素敵っていうか種類も多い。

ナンカイニセツノヒラムシ

ムービーも撮ってみました。




そして、着地?

ナンカイニセツノヒラムシ

ううむ、カラフルな「キクラゲ」と言ってもおかしくないな。



2015.01.20 | | コメント(0) | ウミウシ系

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR