ちょっくらセブでダイビング2017秋 (その19 : 成田で見た月世界)


成田空港で出国審査を終えて搭乗口へと向かう道すがら・・・
いつものことで免税店に目を惹かれますが、成田空港も拡張しているのか、最近は風景が使う都度変わっているようです。

で、今まで気が付かなかった(新しくできたのかも)、OMEGAのお店。

あらら、素敵ぢゃないですか!


OMEGA免税店・ディスプレイ

いぁ、素敵なのはディスプレイなんだけど、確かにオメガの歴史的な点からのPRはグッときますよ。


OMEGA免税店・ディスプレイ

お店の入り口にディスプレイされた原寸大(だと思う)の宇宙服もナイス!
そりゃ、店内のロゴを重ねて撮りたくなります。
(オイラが撮ろうとしている矢先に入ってくるアジア人ってば、気が気かねぇな)


残念なことに、身分不相応と思っちゃっているので、店内には入りませんでした。
(敷居が高くて入れなかったというのが正しいかな)



スポンサーサイト

2018.01.10 | | コメント(0) | 未分類

ちょっくらセブでダイビング2017秋 (その10 : その他のウミウシ)



今回のダイビングで撮ったウミウシ類の最終回
まぁ、普通に見られるものたちです。


アンナウミウシ

アンナウミウシ
似たようなウミウシが3種類(次も似ています)くらいありますが、このウミウシの見分けのポイントは青いそばかすです。



シライトウミウシ

シライトウミウシ

シライトウミウシ。
2枚とも同じ個体で、撮影角度とかを変えて撮りました。
結構うねうねと這う速度が早かったりして。



タテヒダイボウミウシ

タテヒダイボウミウシ
ソフトコラールの根元にいました。
ちょっくらソフトコラールをおさえて撮影。


ツノキイボウミウシ

ツノキイボウミウシの親子?
大きな個体と小さな個体がいますが、双方とも特徴の黄色い触角を出しています。


・・・そういえば、普通のコイボウミウシって見なかったな。


2017.12.17 | | コメント(0) | 未分類

ちょっくらセブでダイビング2017秋 (その9 : サラサウミウシ&オトヒメウミウシ)


ちょと珍しいウミウシを見かけました。

同じ種類でペアというか二匹以上がまとまっていることはありますが、見た目の違う二匹がいるのは珍しいかな。


サラサウミウシ&オトヒメウミウシ

左側の茶色いのがサラサウミウシ、右奥のヒョウ柄がオトヒメウミウシです。
いぁ、正直なところ、この分類には自信が無いのですが。

しかもお尻を向けているって、どういう状況からこうなったのでしょうか。


サラサウミウシ&オトヒメウミウシ

サラサウミウシ


サラサウミウシ&オトヒメウミウシ

オトヒメウミウシをメインに撮ってみましたが、向こうを向いているのが残念。



オトヒメウミウシ


オトヒメウミウシ


って、ことで・・・ ちょっと場所を移動してもらって撮影してみました。


この二匹が見られたから、結構満足です。



2017.12.16 | | コメント(0) | 未分類

ちょっくらセブでダイビング (その19: 南国の空港)


休みがとれたので、ちょっくらダイビングに行ってきた。


セブ・マクタン空港の変貌ぶりには驚きです。
半年前から、更に変わっていましたよ。
半年前のマクタン空港

国際線のビルに入って、チェックインカウンターへの通路が2つ出来ていた。
いぁ、気づかずに、旧い通路を通って遠回りしたりして・・・


セブ・マクタン空港

で、ずらっと並んだチェックインカウンターの近くにあったマシン。
何やら、荷物にラッピングする有料サービスだ。
まぁ、段ボール箱とかをチェックインするからな・・・
でも、これやっちゃうと、税関のチェックとかで開ける際に大変なんぢゃないかなと思うんだが、そこまで考えが及ばなく目先の同胞からの防御を重要視するのが南国気質かも。



セブ・マクタン空港

出国審査前にあったモニュメント?
南国なのに記念撮影している人がいないのが不思議。
あと、サムソンのオンライン画像シェアサービスとか・・・ 



セブ・マクタン空港

まだまだ拡張しているぞ。
ボーディングブリッジから薩家しました。



セブ・マクタン空港

帰路の飛行機。
往路と違って安いチケットなので、席もダメダメ。
でも、後部座席がガラ空きだったので、離陸してから移動して、横並び3席確保して横になれましたよ。


次回、本稿最終回です。


2017.05.11 | | コメント(0) | 未分類

ちょっくらセブでダイビング (その16: 南国っぽい海中)


休みがとれたので、ちょっくらダイビングに行ってきた。


オイラのダイビングフォトは、所謂ところのマクロ系が主ですが、それでも風景とかワイド系も撮ったりもしています。
昨日のゴマアイゴの群れはマクロ系でしょうか。

カメラのセッティングの違いも確認したくて、撮影したものをご紹介。


ミスジリュウキュウスズメダイ

サンゴに群れるミスジリュウキュウスズメダイの幼魚たち。
南国の浅いところで良く見る風景ですが、見飽きないですよ。



クラカオスズメダイ

スズメダイ仲間
青いのはクラカオスズメダイ、黒いヤツは2種類いるのだけど分類できませんでした。
青系のスズメダイはデバスズメダイが代表的なんですが、クラカオスズメダイはちょっと色味が異なるのとラインがあることが違います。
右側に写っている海草?みたいなヤツは、シロガヤとかと呼ばれるガヤ類です。
れっきとした動物でして・・・ クラゲみたいに刺します。
いぁ、オイラってば写真撮影に夢中になって、気が付かずに触ったりして刺されることよくあります。
1週間ほど、痒みになやまされましたな。



デバスズメダイ

デバスズメダイ
こちらは、デバスズメダイです。
南国の海っぽい風景で好きです。



上の3枚は、深度が3m程度で、太陽光で明るいところです。
ですから、カメラの設定をシーンモードの水中撮影にして撮ってみました。
基本的にオートの延長なので、RAWデータでは保存できませんが、とても良く撮れているかと思います。

浅いところで、波に揺られながら、こういう風景を見ているだけでも楽しいですよ。


2017.05.08 | | コメント(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR