FC2ブログ

ちょっくらセブでダイビング2019 (その13 2日目はモアルボアルの9)


休みが取れたので、ちょっくらセブはモアルボアルへダイビングに行ってきた。



カメ

アジの大群も良かったけど、モアルボアルと言えばカメさんですよ。
1本目、エグジットに向けて浮上中にガイドが見つけてくれたカメ。
遠く&追いかけて急浮上はマズイので、種類までは判りません。



タイマイ

タイマイ (アオウミガメの仲間)
2本目 深度12.5m
アジの大群を観ている最中にガイドが見つけてくれました。


タイマイ

夢中で食事中でした。
ココまで近づいても逃げないんだもの。
素敵に観察できて嬉しかったです。



アオウミガメ

こちらはアオウミガメ 深度12m
タイマイとの違いは甲羅の模様(重なり方)です。


ああ、カメを観る為に通ったコトが懐かしいです。

スポンサーサイト

2019.02.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ダイビング

ちょっくらセブでダイビング2019 (その12 2日目はモアルボアルの8)


休みが取れたので、ちょっくらセブはモアルボアルへダイビングに行ってきた。

2本目の 深度 12~13m
イワシの群れを観に行ったハウスリーフで、まさかのアジの大群。

これはコレで、素晴らしかったです。

アジの群れ

結構、近くまで寄れました。


アジの群れ

イワシとかアジとかカマスの大きな群れが渦を巻く様子を、トルネード(竜巻ですね)と言いますけど、本当に大きな渦です。


アジの群れ

渦が重なったり・・・


アジの群れ

渦がぶつかったり・・・


アジの群れ

素晴らしい風景を観ながら、エグジットに向けて浮上します。


ああ、もっと観ていたいという欲望が渦巻き、後ろ髪を引かれる思いです。


そういえば、初めてアジの大群を観たのは、セブ島南部のリロアン近くのスミロン島です。
ダイビングを始めたばかりで、ジンベイザメを観た後に行ったのですが、流れが速すぎて・・・
連れて行っていただいたダイビングショップのボスに引っ張ってもらって、群れの下に潜れたのは、素晴らしい体験でした。




アジって、干物も塩焼きも美味しいよね。

2019.02.15 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

ちょっくらセブでダイビング2019 (その11 2日目はモアルボアルの7)



休みが取れたので、ちょっくらセブはモアルボアルへダイビングに行ってきた。

ウコンハネガイとか観て、少しづつ浮上。
そして、かなり群れに近づいてきました。


アジの群れ

あれ?
イワシにしては大きいぞ?


アジの群れ

あ・・・ アジ?


アジの群れ

いぁ、アジの群れですよ。


アジの群れ


深度 12~13m
イワシを探しましたが、居ませんでした。


・・・ 昨日のブログも イワシでは無くてアジだったかもしれません。


2019.02.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ダイビング

ちょっくらセブでダイビング 2019 (その10 2日目はモアルボアルの6)



休みが取れたので、ちょっくらセブはモアルボアルへダイビングに行ってきた。

さて、1本目が終わって船に上がったら、寒いったらありゃしない。
ダイビングポイントは波や風を避ける場所だったけど、戻る先のビーチはまだ荒れているのだもの。

一度ショップに戻り、2本目をどうしようか思案していたが、イワシの群れが出ていると聞いていたこともあり、先ずは2本目のポイントを聞いた。



で、イワシが観たいなら、連れて行くよ、と。
それなら・・・ いぁ、ビーチに上がって体も温まったし ・・・行こうか。


ポイントはハウスリーフ・・・ あ、ビーチエントリーだ。
くそう、機材が重いぞ、波は高いぞ、フィンを履くのに一苦労だぞ。


少し沈降して、リーフから少しドロップオフを南へと向かう。
そして、水深20m程度のところだったが、頭上が暗くなった・・・


ああ、イワシの大群だ。

アジの群れ


アジの群れ

前方のダイバーの更に先が雲が掛かっている様にみえるのが群れの影。


セブはマクタンでも何度も観たが、ココまでの大きさは初めてです。

くそう、近づきたいが、急浮上はマズイ深度だった。

2019.02.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ダイビング

ちょっくらセブでダイビング 2019 (その9 2日目はモアルボアルの5)


休みが取れたので、ちょっくらセブはモアルボアルへダイビングに行ってきた。



ニチリンダテハゼ

ニチリンダテハゼ 深度26.5m
今回のダイビングでは、モアルボアルで観たこの1匹のみ。
何時もは、セブ・マクタン界隈で良く観るのだけど、珍しくチャンスが無かったんだ。
共生しているコシジロテッポウエビもちらっと見えたんだけど、撮れませんでした。



ウコンハネガイ

ウコンハネガイ 深度16m
ちょっとした岩の張り出しの奥にいました。
ガイドが案内してくれたのですが、チャイニーズの団体がゾロゾロ出て来て、ちょいとビックリ。
まぁ、少しの砂を巻き上げただけだったので、ヨカッタけどね。

貝の仲間なんだけど、青くフチを発光するんだけど、今回しっかり観察出来てナイスでした。
写真にも撮れましたよ。


そして、2本目も・・・

ウコンハネガイ

ウコンハネガイ 深度20m
こちらの方が近づいて観れたので、発光が凄く綺麗でした。
画像でも青いラインが判ると思います。



2019.02.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ダイビング

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR