FC2ブログ

いでよ、神龍


ちょっくら地元のイベントへ行ったんだ。



神龍


うぉ! ドラゴンボールの神龍がでた!

映画のプロモーションのバルーンの様です。


でも、イメージばっちり。

こういう感じなんだろうなぁ・・・ もし、実際に存在したら。
(きっと、もっと、もっと大きいだろうけど)

スポンサーサイト

2018.12.11 | | コメント(0) | 雑談

どっこいカラスも生きている



電柱に書かれた文字・・・


カラスの巣


およ?
カラスの巣があるの?

で・・・ 確認されたからナニ?

もうコレ以上通報しないでね、ってこと?



電柱を見上げると・・・

カラスの巣


おお! 
現代社会カラスの巣らしく、針金ハンガーがメインの材料です。

いぁ、電柱にはマズイでしょ、針金。

いくら知能が高いと言われるカラスでも、そこまでは判らないですかな。


2018.12.07 | | コメント(0) |

紅葉 その2



地元の公園の紅葉がそろそろかな・・・と、考えたので出かけてみた。

ちょっと雲が厚かったのが残念だけど、予測通りにピークでした。


紅葉 2018

パナソニックG8で撮影


紅葉 2018

富士フィルム S3 Pro で撮影


紅葉 2018

パナソニックG8で撮影


久方ぶりにOVFを覗いて撮ったけど、とても綺麗に見えたのに驚きでした。
明るいところと暗いところが明確にあるようなシーンでも、全体が見えるのはOVFだからかな。

対してEVFは、空の明るさに反応すると、撮りたい紅葉が真っ暗になっちゃったり・・・
明暗の差が大きい場合の使い勝手の悪さに、ちょっとイラついたりしました。
オリンパスでは、そういうケースは感じなかったから、パナソニックの仕様なのかも。
・・・ いぁ、使いこなせていないだけ、だな。


2018.12.03 | | コメント(2) | 草花

富士フィルム FinePix S3 Pro


ひょんなことから手に入れました、富士フィルム FinePix S3 Pro。
旧くてもハイエンド機です!

富士フィルム FinePix S3 Pro

富士フィルム FinePix S3 Pro

まぁ、中古もいいところ・・・ 14年前の機種だから、まだクラッシックとは言えないかな。
とはいえ、思ったよりも綺麗だし(再生ボタンの表記が擦れている程度)、グリップのベタつきも少なくて驚きです。
各ボタンの反応が?って感じでしたが、触っていたら良くなってきたのは、永い期間において操作されていなかったからかも。

さて、手に入れる前にも評価はネットで調べたりしたのだが、良い評価ばかりだったり。
フィルムメーカーとしての独自センサーからの画質の評判が高いですね。
写真スタジオで使われていたとか、プリクラのカメラに使われていたとか、面白いです。

同じ世代のカメラといえば、オイラはコニカミノルタのα-Sweet DIGITAL を使っていたんだけど、今の様に情報を仕入れていなかったから、この機種は全く知りませんでした。
しかし、富士はハイエンドだし、α-Sweetはエントリー機種。

まぁ、αだっても、発売から数年後に中古でようやっと買えたんだけどね。
αを選んだのも、フィルム時代にコニカα7を使っていたから、対応レンズを少し持っていたからなんだけどね。

この機種の入手については、CFカードは何枚も持っているし、電池はエネループを使えるので、今までの資産が有効活用できますよ。

それよりも大きな問題はレンズ。
レンズはニコンFマウントで、入手したカメラに付いていたのはシグマ55-200mmD 4-5.6 DCでした。
って、ニコンFマウントなんて守備外もいいところ。


試し撮りしたんだけど、もうね、手振れの写真を量産しました。
改めて最近の手ブレ防止機能の有効性を実感しましたよ。
(当時からコニカミノルタがカメラ内に手振れ補正機能を入れていたのは凄いことですね)
あ、富士フィルムのカメラですが、ボディはニコンF80(デジタルではないですよフィルム時代のもの)を使っているらしいです。
AF用のモータをボディ内に装備しているので、AFの音が、コニミノ・ソニーのαと同じようで、ちょっと感涙。


ケリ

そんなオールドカメラですが、撮った画像をみると、今のカメラと変わらない感じ。
いぁ、オイラの腕が14年前から止まっているのかも・・・


メインに使うつもりはないけど、もう少し試してみたいと思うところ。
で、安い標準レンズを物色し始めました。
(ニコンのレンズってば種類が大杉で細かい仕様違いとかありすぎ)



2018.12.01 | | コメント(0) | カメラ

ZOIDSを作ったよ


ゾイド

ゾイド

久方ぶりにプラモデルを作りました。
タカラトミー社のゾイド。
ゾイドってのは、シリーズ名というか総称です。


ちょっと探し物をしていたところに出てきたモノ。
何年前に買ったのかも覚えていない。
多分、ネット通販の福箱か何かだったかと。

で、何となく手を動かしたくなったのだ。


ゾイドはタカラトミー社が提供していたアニメーションもあって、熱烈なファンが今でもいます。
当時の価格は¥2000で、高額な部類だったかと。
とはいえ、2018年現在のプラモデルの価格を考えたら、動力ユニットも入ってのこの価格は安いかもしれない。
まぁ、今とは違って、普通に模型店もまだ存在していたし、数が出ていたのだろう。


ゾイド

1時間もかからずに完成。


ゾイド

カッコいいぞ、パッケージのまんまだ。
それに電池1本でちゃんと歩く!!

折角なので動画も撮ってみた。




作って遊ぶって面白いです。

2018.11.26 | | コメント(0) | 模型

«  | ホーム |  »

プロフィール

するすみ

Author:するすみ
 
'匹如身'と書いて'するすみ'と読みます。
世俗の垢と欲望に翻弄されつつ生きています。

健康管理で始めたウォーキングの際に撮り始めた風景や生き物の写真から、南国駐在中にダイビングで水中写真を撮ったりもしています。
模型やラジコンも好きですが、現在停滞しています。
 
 

お立寄りありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR